[ 格安旅行の検索・比較 Travel.jp ]

往復格安 JR東海道新幹線ホテル付パックツアー特集

  1. Travel.jp>
  2. 国内旅行>
  3. 格安国内ツアー 検索・比較>
  4. 新幹線パック旅行検索>
  5. 東海道新幹線パック旅行検索

主な駅の格安新幹線(新幹線往復+ホテル)最安値情報

主要区間の往復新幹線パックの最安値をチェック!のぞみ・こだま・ひかり等列車指定も可能。ホテルとセットで賢くお得に出かけよう!

東海道新幹線の運行区間と停車駅

東京〜新大阪間は最速で2時間22分。開業から50年を超え、国内外の乗客を運び続ける日本の大動脈である。

  • 運行区間

    東京〜新大阪(515.4km)

  • 列車名

    こだま・ひかり・のぞみ

東海道新幹線区間

駅名クリックで出発駅情報を確認!

列車別停車駅

・・・全列車

・・・一部列車

列車名

のぞみ

  • 新大阪 : 停車

  • 京都 : 停車

  • 米原 : 通過

  • 岐阜羽島 : 通過

  • 名古屋 : 停車

  • 三河安城 : 通過

  • 豊橋 : 通過

  • 浜松 : 通過

  • 掛川 : 通過

  • 静岡 : 通過

  • 新富士 : 通過

  • 三島 : 通過

  • 熱海 : 通過

  • 小田原 : 通過

  • 新横浜 : 停車

  • 品川 : 停車

  • 東京 : 停車

ひかり

  • 新大阪 : 停車

  • 京都 : 停車

  • 米原 : 一部列車停車

  • 岐阜羽島 : 一部列車停車

  • 名古屋 : 停車

  • 三河安城 : 通過

  • 豊橋 : 一部列車停車

  • 浜松 : 一部列車停車

  • 掛川 : 通過

  • 静岡 : 一部列車停車

  • 新富士 : 通過

  • 三島 : 一部列車停車

  • 熱海 : 一部列車停車

  • 小田原 : 通過

  • 新横浜 : 停車

  • 品川 : 停車

  • 東京 : 停車

こだま

  • 新大阪 : 停車

  • 京都 : 停車

  • 米原 : 停車

  • 岐阜羽島 : 停車

  • 名古屋 : 停車

  • 三河安城 : 停車

  • 豊橋 : 停車

  • 浜松 : 停車

  • 掛川 : 停車

  • 静岡 : 停車

  • 新富士 : 停車

  • 三島 : 停車

  • 熱海 : 停車

  • 小田原 : 停車

  • 新横浜 : 停車

  • 品川 : 停車

  • 東京 : 停車

新幹線パックとJR基本料金の一覧

区間別往復料金を表示しています。
新幹線の乗車には乗車券の他に特急券が必要となります。
(自由席利用・・・乗車券+指定席利用 指定席利用・・・乗車券+指定席特急券)

シーズンにより、一部区間の特急料金が200円増、200円引となる場合がございます。
詳しくはこちらでご確認ください。

基本料金の見方JR基本料金は2017年6月調査時のものです。

¥00,000
¥17,000

新幹線パックの最安値(新幹線+ホテル)

新幹線自由席往復の通常料金(新幹線のみ)

ホテル込でこの価格!通常料金と比較してみよう!

駅名

下車駅

乗車駅

切符について

切符の種類

新幹線の乗車には「乗車券」の他に「特急券」が必要となります。
特急券には、「自由席特急券」「指定席特急券」「グリーン席特急券」の3種があり、それぞれ料金が異なります。

販売開始時間

基本的には、乗車日の1ヶ月前から購入が可能です。
年末年始やお盆などの混雑シーズンには、乗車率が100%を超えることもある為、早めの手配をおすすめします。

東海道新幹線の車両・座席

現在、東海道新幹線で主に運行されているのはN700系、N700A、700系の3タイプです。

その他座席情報

  • 全座禁煙
  • 喫煙ルーム・・・普通車の3号車(博多寄り)、7号車(東京寄り)、15号車(博多寄り)、グリーン車の10号車(東京寄り)。(別車両で運転する場合は、喫煙ルームなし)
  • モバイルコンセント・・・グリーン車全席、普通車は窓側席と最前部・最後部座席。
  • WIFI(無線LAN)・・・東京〜新大阪間のN700系・N700Aで利用可能。※公衆無線LAN事業者との契約が必要。詳しくはこちら
  • 構成は変更となる場合がありますので、乗車前に車両状況をお確かめください。

ワンポイント!東海道新幹線は絶景路線!?新幹線の車窓を楽しもう!

富士山

富士山に浜名湖、静岡の茶畑など、東海道新幹線は景色も楽しみの一つ。

景色を楽しみたいなら、やっぱり窓側の席ですよね。東海道新幹線は海側からAB席、通路を挟んでCDE席となっており、富士山などの自然風景を楽しむなら山側の窓側席E席が断然おすすめ。海側の景色を見たい方にはA席が一番ですが、A席は時間によっては日差しが眩しくブラインドを下ろさざるを得ないこともあるのでご注意を。

詳しくはこちらの記事もチェック >> 新幹線から「富士山」みたい!座席・時間・撮影ポイント徹底解説!