[ 格安旅行の検索・比較 Travel.jp ]

激安マカオ旅行・ツアー検索比較・格安航空券・ホテル情報

  1. >
  2. 激安マカオ旅行・ツアー 検索比較

最安値検索

マカオ旅行・ツアー

激安マカオツアーもホテルも航空券も一括検索!マカオ旅行情報。有名旅行会社からマカオ行き格安航空券と格安ツアーをまとめて検索。カジノで有名な都市マカオ。セナド広場でヨーロッパの情緒を感じ、聖ポール天主堂跡へ。338mのマカオタワーからマカオの街を一望!マカオの旅行情報ならトラベルjp。

出発地別マカオ旅行最安値(マカオ4日間最安値)

主要旅行会社のマカオ旅行・ツアー最安値を月別に検索! (11月21日更新)

おすすめエリアから探す

  • マカオ歴史地区 写真:遠藤 まさみ マカオ歴史地区
    • [建築物]
    • [教会・大聖堂]
    • [世界遺産]

    22の建造物と8つの広場が登録されている、世界遺産「マカオ歴史地区」。西洋文化と東洋文化が融合する、不思議な魅力のあるマカオで、世界遺産の美しい建造物を堪能。

    マカオ歴史地区ツアー検索
  • コロアン地区 写真:長坂 博希 コロアン地区
    • [風景]
    • [町並み]
    • [港町]
    • [建造物]

    かつてはフランシスコザビエルの遺骨が納められていたフランシスコザビエル教会のある「コロアン地区」。漁業で栄えた古き良きマカオの漁村の面影を、風景や建造物から堪能。

    コロアン地区ツアー検索
  • コタイ地区 写真:花村 桂子 コタイ地区
    • [ショッピング]
    • [風景]
    • [エンタメ・娯楽]
    • [ショー・ミュージカル]

    アジアなのに、気分はまるでヨーロッパ。ゴンドラの行き交うイタリアの街並みを満喫する「ザ・ヴェネチアン・マカオ」。「シティ・オブ・ドリームス」の水上ショー「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」は必見!

    コタイ地区ツアー検索
  • タイパ地区 写真:花村 桂子 タイパ地区
    • [風景]
    • [町並み]
    • [旧市街・ダウンタウン]
    • [グルメ]

    官也街(クンヤーガイ)のあるタイパ地区は、狭い路地にマカオのグルメや雑貨、土産物の店がひしめくワンダーランド。マカオらしいものをショッピングしたいならタイパ地区へ。

    タイパ地区ツアー検索

おすすめのテーマから探す

  • マカオといえばネオン煌めく巨大なカジノ

    マカオといえばネオン煌めく巨大なカジノこの写真のガイド ラスベガスを抜き、今や「世界一」の売上げを誇るマカオのカジノ。初心者は、ミニマムベットが少額のカジノから挑戦したいもの。カジノを楽しむほかに、カジノのド派手な外観に目を向けてみるのも楽しみのひとつ。 ツアーをさがす
  • 西洋と東洋が融合する世界遺産

    西洋と東洋が融合する世界遺産この写真のガイド マカオの魅力といえば、ポルトガル居留時代や植民地時代から残るカラフルな建造物の数々。長きに渡りマカオの歴史と人々を見守り続けた建造物が「世界遺産」に登録。西洋と東洋の文化が融合した世界遺産を堪能。 ツアーをさがす
  • マカオではB級グルメを堪能

    マカオではB級グルメを堪能この写真のガイド 値段も手ごろでどこでも食べられるマカオのグルメ。「エッグタルト」や「牛乳プリン」などよく知られているグルメから、マカオっ子がはまる下町グルメまで。街歩きを楽しみながら、マカオでしか食べられないグルメを探訪。 ツアーをさがす
  • ショッピングも見逃せないマカオ

    ショッピングも見逃せないマカオこの写真のガイド グルメや雑貨などマカオらしいお土産を探すには、地元のスーパーマーケットが便利。マカオの定番お土産、「杏仁餅(アーモンドクッキー)」や「紐結糖(ヌガー)」も、空港よりも手軽に手に入るスーパーマーケットで購入がベター。 ツアーをさがす

おすすめ&人気のホテルから探す

マカオ観光、お買い物に便利な人気ホテルを厳選ピックアップ。おすすめ&人気ホテルの激安プランをご紹介します♪

  • ザ ヴェネチアン マカオ リゾート ザ ヴェネチアン マカオ リゾート
    • [女子旅]
    • [カップル]
    • [町並み]
    • [カジノ]

    コタイ地区の「ザ ヴェネチアン マカオ リゾート ホテル」は、全室スイートルームというラグジュアリー感満載のホテル。水の都ヴェネチアをモチーフとした敷地内のショッピングモールには、ゴンドラが運行。

  • グランド リスボア マカオ グランド リスボア マカオ
    • [建造物]
    • [カジノ]
    • [夜景]

    マカオの中心地にそびえる、高さ261メートル、53階建ての超高層ビルが「グランド リスボア ホテル」。カジノを備えるホテルは、マカオのカジノの発展を象徴するランドマーク的存在。

  • JW マリオット ホテル マカオ JW マリオット ホテル マカオ
    • [家族旅行]
    • [レジャースポット]
    • [風景]

    世界的に有名な大型レジャー&エンターテインメント施設「ギャラクシー・マカオ・リゾート」内に、2015年にオープンしたホテル。アジア最大のJWマリオット。世界最長の流れるプールは圧巻。

  • ホリデイ・イン マカオ ホリデイ・イン マカオ
    • [町並み]
    • [世界遺産]

    リスボアホテル等の大規模カジノエリアや世界遺産密集地にも徒歩圏内の、アクセスのよいホテル。ホテル周辺には、コンビニやレストランなどが多くあり、買い物や食事にも至便。

マカオの人気ホテルをもっと見る

マカオの最新まとめ

カジノも世界遺産も!マカオのおすすめ観光スポット10選

By トラベルjp編集部

30もの広場や建造物が世界遺産として登録され、観光客が年々増え続けている人気観光地、マカオ。カジノが有名ですが、西洋風の歴史的建造物や史跡、華やかな夜景、世界最大級のショーなども楽しめます。トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材したおすすめ観光スポットをご紹介します。

この記事をもっと見る

エッグタルトだけじゃない!マカオのおすすめグルメ10選

By トラベルjp編集部

1999年の中国返還までポルトガル領だったこともあり、ヨーロッパ風の華やかな建物が数多く残り、世界遺産にも登録されている人気観光地、マカオ。おなじみエッグタルトなどの人気スイーツをはじめ、正統派ポルトガル料理やB級グルメも楽しめます。トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材したおすすめグルメをご紹介します。

この記事をもっと見る

マカオのおすすめホテル10選 カジノもショーもアトラクションも!

By トラベルjp編集部

アジア最大級の一大エンターテイメントシティ、マカオ。マカオの魅力はカジノだけにとどまらず、個性的なホテルを抱える総合型リゾートが続々オープンしています。観光にも便利で優雅なホテルステイも満喫できる、マカオで一度は泊まりたいおすすめホテルをご紹介します。

この記事をもっと見る

親子で行くマカオ旅行!楽しむための10個のポイント

By トラベルjp編集部

世界遺産に登録されて以来注目度もアップし、今ではアジアが誇る観光地として大人気のマカオ。ポルトガル伝来のノスタルジックな趣が漂う旧市街から、非日常感溢れるエンターテイメントが満載です。 中でも豪華で近未来的なショッピングモールやカジノ、一流ホテルが林立するコタイ地区は大人の街と思われがちですが、親子で楽しめるポイントも満載!今回は親子で楽しむマカオをご紹介しちゃいます!(PR)

この記事をもっと見る

PR

その他の有名な世界遺産・観光地

その他の海外旅行・ツアー

海外ツアーを検索する

見どころ満載!マカオのおすすめスポット

マカオ観光の拠点セナド広場

世界遺産に指定されたマカオ歴史地区の中心に位置するセナド広場。セナド広場は、ポルトガル統治時代の名残を色濃く残す美しい石畳や建物に囲まれ、周囲にはマカオのシンボル聖ポール天主堂跡や旧マカオ市政庁、仁慈堂など数々の観光名所が点在し、マカオ観光の拠点となっている。

マカオのシンボル聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂はイエズス会によって1602年に創建された教会。1835年の火災により、教会の前壁と68段の階段だけが残り、他の部分は消失。フランシスコ・ザビエルの姿も彫られた、「石の説教」と言われるファザードの彫刻は圧巻。地下には小さな博物館と納骨堂があり、博物館には26聖人殉教図が、納骨堂には多くの宣教師の遺骨が安置されている。観覧無料なので、是非とも訪れたい。

世界一の水上ショーハウス・オブ・ダンシング・ウォーター

総制作費200億円以上をかけて作り上げた、世界最大級の規模と迫力を誇る水上ショー「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」。人間業とは思えない度肝を抜くパフォーマンスや、大掛かりで芸術的な舞台装置、全てがこれまでのショーの概念を打ち破るほどの衝撃。マカオと言えば、カジノや世界遺産、そして最高の水上ショー。

マカオの基本情報

言語

公用語は中国語(北京語、広東語)とポルトガル語。ホテルやレストランでは英語が通じる場合が多い。

通貨

通貨単位はパタカ。香港ドルや中華人民元が使える場所も多い。

気候

1年中高温多湿。平均気温は高くて温暖だが、真冬はそれなりに寒い。

服装

カジノやレストラン、フェリーなど多くの場所でエアコンが強く効いているため真夏でも羽織れるシャツなどは必須。日差しが強いので帽子や日傘携帯を。 一部の高級レストランを除き、ドレスコードは無い。石畳が名物の街なので、スニーカーが便利。

時差

マイナス1時間 

電圧とプラグ

電圧は220ボルト50ヘルツ。プラグはヨーロッパタイプの丸2ピン、丸2ピン+アースピンがほとんど。ホテルでは、英国タイプの角3ピンが増えてきている。

▲激安マカオ旅行・ツアー 検索比較トップへもどる