[ 格安旅行の検索・比較 Travel.jp ]

水戸プラザホテルのホテル・観光ガイド情報

お気に入り

ホテル情報を共有

このホテルの口コミを投稿する 口コミする
Mito Plaza Hotel

写真:楽天トラベル

ホテル

水戸プラザホテル

  • 水戸, 茨城県   
  • [地図]

¥14,968 ~ ¥30,800 (2人1部屋 ※直近60日での料金。宿泊なしのプラン含む。 )

4.89 評価詳細

各社の最安値(2名 1室利用時)

航空券・JR付きプランはこちら

体験ガイドTravel.jp旅行ナビゲーターによる旅行ガイド

水戸プラザホテルの宿泊予約

水戸プラザホテルの予約ができる宿泊予約サイト一覧

(本日から60日間の宿泊料金2人1部屋)

最安値¥14,968  ~  最高値¥30,800

水戸プラザホテルの料金・空室情報をまとめて検索!

周辺エリアの旅行ガイド水戸エリア周辺の旅行ガイド

納豆だけじゃない!水戸市で見つけたおいしい茨城県のお土産|茨城県|トラベルjp<たびねす>

日本三大庭園"偕楽園"があることで有名な茨城県・水戸市は、1年を通して四季の移ろいの美しい街。そんな水戸のお土産と聞いて多くの人がまず最初に思い浮かぶのは「納豆」ではないでしょうか?しかしここには、他にも多くのおいしい特産品・名産品が存在します。 記事では水戸市ならではのものを中心に、旅の途中で見つけた贈って喜ばれる茨城県のお土産をご紹介いたします。

写真・文:月宮 うさ

ガイド記事の続きを読む
あなたが知らない世界、梅の作法「送梅」で楽しむ春の偕楽園|茨城県|トラベルjp<たびねす>

送梅とは、名残惜しくも散りゆく梅を愛でる、わずかな季節の移ろいを感じる観賞方法の事を言います。年度が変わる3月下旬ならではの穏やかな楽しみ方。 梅の名所である偕楽園では、2017年2月18日~3月31日にかけて第121回水戸の梅まつりが絶賛開催中。ここで観ることができる遅咲きの品種「江南所無」はこの送梅に適した名木。梅の香りとともに、穏やかな春の訪れをあなたも迎えてみませんか?

写真・文:本井 良尚

ガイド記事の続きを読む
水戸の名物・納豆食べくらべの朝食を!水戸プリンスホテル|茨城県|トラベルjp<たびねす>

ひとり旅や出張での宿泊に便利なビジネスホテル。選択基準は人それぞれだが、せっかく遠方に来たのだから、その土地の名物くらいは食べたいところ。 茨城県水戸市の名物といえば、納豆。水戸プリンスホテルでは、朝食に3種類の納豆を食べくらべができる。朝から名物をいただける、うれしいホテルなのだ。

写真・文:塚本 隆司

ガイド記事の続きを読む
天守もなければ石垣もない、茨城県水戸城跡をぶらり散策|茨城県|トラベルjp<たびねす>

徳川御三家のひとつ、水戸徳川家の居城・水戸城。地形を巧みに利用した大規模城郭ながらも、江戸期を通じて天守もなければ石垣もないというから驚きだ。今も残る空堀や土塁からは、御三家の堂々たる風格が感じられ、日本百名城に名を連ねることもうなずける。 ドラマでおなじみ、水戸のご老公こと水戸光圀ゆかりの地であり、幕末ファンなら無視できない水戸学の地・藩校弘道館など、見どころ満載の水戸城跡を巡ってみよう。

写真・文:塚本 隆司

ガイド記事の続きを読む
世界的デザイナーが手掛けた「水戸プラザホテル」豪奢な森の中の迎賓館で極上の時を|茨城県|トラベルjp<たびねす>

水戸市郊外に発明王エジソンの曾孫で世界的デザイナーが手掛けたホテルがあります。それが森の中の迎賓館と異名を持つ「水戸プラザホテル」。一歩足を踏み入れれば、日本の伝統美と西洋スタイルをアレンジしたヨーロピアンクラシック調の豪奢な空間が日常の喧騒から一瞬にして解き放ってくれます。吹き抜けの中庭には光と緑があふれ、ゆったりとした時間が流れます。客室もこの上なく優美で東京からでも通いたい極上ホテルです。

写真・文:水津 陽子

ガイド記事の続きを読む
はにゃ?ふにゃ?茨城「くれふしの里古墳公園」は子連れに人気の珍スポット|茨城県|トラベルjp<たびねす>

茨城県には、日本三名園の一つ「偕楽園」や、四季折々の草花を楽しめる「国営ひたち海浜公園」等、有名な観光名所が点在しています。今回ご紹介する「くれふしの里古墳公園」は、偕楽園から車で約20分の、狭い範囲に多くの前方後円墳が集中する珍しいスポット。巨大な埴輪のモニュメントをはじめとする、子供が喜ぶ要素いっぱいの公園です。 それでは、子連れに人気の珍スポット「くれふしの里古墳公園」をご紹介します!

写真・文:Benisei Rinka

ガイド記事の続きを読む
茨城のジュラシックパーク!!実物大恐竜と遊ぶ「水戸市森林公園」|茨城県|トラベルjp<たびねす>

実物大の恐竜と遊べる茨城県「水戸市森林公園」は、子供ウケ間違いなし。トリケラトプスやステゴザウルス、ティラノサウルスなど14体の実物大恐竜がズラリと並びます。博物館の恐竜模型は見るだけがお約束。ご紹介する公園の恐竜たちは、登ったり、しっぽの上を滑ったりして遊べるんです。ありそうでない珍スポットだから、カメラもお忘れなくお出かけください。

写真・文:鮎川 キオラ

ガイド記事の続きを読む
日本三名園!水戸観光の定番「偕楽園」の歴史と見どころをご紹介!|茨城県|トラベルjp<たびねす>

徳川御三家の城下町として知られる茨城県水戸市。街に数ある史跡の中で特に有名なのが、日本三名園の一つに数えられる「偕楽園」です。徳川慶喜公の実父・徳川斉昭公によって造営された日本庭園で、茨城県屈指の観光名所となってます。 「水戸の梅まつり」の季節が特に賑わいますが、年間を通して美しい景観を楽しめるのも偕楽園の魅力。今回は、観光する上で知っておきたい、水戸偕楽園の歴史と見どころをご紹介します。

写真・文:渡部 洋一

ガイド記事の続きを読む
水戸観光、弘道館散策にお勧め「水戸京成ホテル」リニューアルでより快適に!|茨城県|トラベルjp<たびねす>

水戸京成ホテルは水戸駅の目の前にあり、日本遺産に認定された国指定特別史跡、弘道館に最も近いもホテルです。周辺には水戸城本丸跡などの史跡も多く、朝の散策を楽しむのにもぴったりです。また客室はゆったりとしており、寛げます。駅から徒歩1分とアクセスも良く、偕楽園行のバス乗り場もすぐ目の前。チェックアウトは11時なので朝もゆっくり、ホテルライフや散策を満喫できます。特にシニアにはお勧めしたい宿です。

写真・文:水津 陽子

ガイド記事の続きを読む
アンチエイジングの先駆者・黄門様を訪ねる旅 水戸「徳川ミュージアム」|茨城県|トラベルjp<たびねす>

諸国を行脚した人気TVドラマ「水戸黄門」は、フィクション。本物の水戸光圀公は、水戸にいながらにして諸外国の情報を収集。平均寿命50年の世の中で、なんと73歳まで元気に長生きしました。 徳川ミュージアムでは、コレクションを見ながら当時の水戸藩の取り組みを垣間見ることができます。また水戸市内では、当時の食事を再現した黄門料理も味わえます。からだに優しい水戸の食文化は、水戸藩と領民の歴史にあり。

写真・文:安藤 小冬

ガイド記事の続きを読む
ライトアップが絶景すぎる!偕楽園「水戸の梅まつり」の見頃は3月中旬|茨城県|トラベルjp<たびねす>

日本三名園の偕楽園(茨城県水戸市)は、「水戸の梅まつり」で知られます。開催期間は2月上旬から3月末で、ライトアップは2016年は3月4日から21日。3月中旬の見頃に合わせて実施される、ライトアップ期間中に行くのが断然おすすめです! 夜桜のライトアップは何処でも行われますが、「夜梅」のライトアップは非常に珍しく必見。日本屈指の梅名所・偕楽園「水戸の梅まつり」は、夜景も日本屈指の絶景です!

写真・文:藤田 聡

ガイド記事の続きを読む
梅園だけじゃない!茨城・水戸の偕楽園とその周辺の観光スポット|茨城県|トラベルjp<たびねす>

茨城県の水戸にある偕楽園は日本三名園として有名ですが、その周辺にも千波湖や常盤神社などの観光スポットがあります。ここでは、偕楽園とセットで訪れることができるおすすめの散策コースと見所をご紹介。とても大きな街の中心にあるとは思えない豊かな自然と、偕楽園からの絶景を堪能してください。

写真・文:Kaycom D

ガイド記事の続きを読む
白鳥飛来地「大塚池公園」とレストンラン「カルナバーレ!」は水戸・赤塚駅の二大自然派スポット!|茨城県|トラベルjp<たびねす>

水戸駅の隣、JR常磐線・赤塚駅の徒歩圏内に、関東有数のハクチョウ飛来地があるのをご存知でしょうか?国道と住宅街に囲まれた池に、300羽ものハクチョウが羽を休めているのです。 今回はそんなハクチョウ飛来地の「大塚池公園」と、ハクチョウ見物の後に訪れるのに最適な、緑に囲まれた素敵なログハウスのイタリアンレストラン「カルナバーレ!」を紹介します。

写真・文:しもちん

ガイド記事の続きを読む
映画『図書館戦争』のロケ地!水戸市立西部図書館|茨城県|トラベルjp<たびねす>

2015年10月続編公開も始まった大ヒット映画『図書館戦争』。岡田准一さん演じる堂上篤と榮倉奈々さん演じる笠原郁が勤務する「武蔵野第一図書館」は、美しく近代的な図書館として作品内で何度も登場する印象深い場所です。実はこの図書館、スタジオセットではなく、実在する3つの図書館で撮影が行われました。今回はそのひとつ、映画の世界そのまま!円形のフォルムが美しすぎる「水戸市立西部図書館」をご紹介しましょう。

写真・文:スノードロップ

ガイド記事の続きを読む
日本遺産に認定!日本最大規模の藩校・水戸「弘道館」|茨城県|トラベルjp<たびねす>

弘道館・偕楽園をはじめとする水戸の教育遺産群が日本遺産に認定されたのはご存知ですか?吉田松陰や西郷隆盛など多くの幕末志士にも大きな影響を与え、藩校教育の到達点として評価された弘道館。皆で楽しむ場所としてセットで作られた偕楽園。封建的な当時、それはかなり開かれた考え方で、日本の文化・伝統を知るために重要な文化財であるとして認定されました。さあ、藩校当時の空気感が残る弘道館で江戸時代へタイムスリップ!

写真・文:スノードロップ

ガイド記事の続きを読む
さすが水戸納豆!個性派揃いの茨城 納豆土産がすごい!|茨城県|トラベルjp<たびねす>

茨城県水戸市は、日本が誇る「水戸納豆」の生産地。“水戸イコール納豆でしょ?”と言われるほど納豆が有名な水戸では、パックや藁に包まれているだけでなく、さらにちょっと変わった姿に進化しているというのです。 もはや、普通の納豆では飽き足りない時代。えっ!何これっ…、という納豆をお土産に買って帰れば、ウケルこと間違いなし。納豆好きの方は、ぜひチェックしてくださいね!

写真・文:安藤 美紀

ガイド記事の続きを読む
あの黄門様が食したラーメンを再現!茨城「水戸藩らーめん」は至高の味!|茨城県|トラベルjp<たびねす>

国内だけでなく海外からも人気の国民食、ラーメン。では一体、日本で初めてラーメンを食べた人物は誰かご存知でしょうか?…実は、時代劇でも有名な黄門様なのです。 黄門様が食べたというラーメンを文献に基づき再現したのが、茨城の「水戸藩らーめん」。今回は、昭和22年創業、先代の味を大切に守り続ける老舗のラーメン店 石田屋の「水戸藩らーめん」をご紹介します。県外からも食べにくるという人気のラーメンとは?

写真・文:安藤 美紀

ガイド記事の続きを読む
テルマエ・ロマエのロケ地!水戸「七ツ洞公園」あの井戸や個人風呂はココ!|茨城県|トラベルjp<たびねす>

古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウスが、現代日本『風呂場限定』でタイムスリップ!2012年大ヒットを記録した映画「テルマエ・ロマエ」は、2014年GWから続編が公開されています。最新作は、古代ローマ時代をブルガリアの巨大ロケ施設で撮影されていますが、実は一作目は、水戸市七ツ洞公園で撮影されているのです。都心から車で約1時間半。七ツ洞公園で平たい顔族気分なロケ地ウォーキングはいかがですか?

写真・文:スノードロップ

ガイド記事の続きを読む
世界第2位の広さを誇る水戸のオアシス「偕楽園公園」を満喫|茨城県|トラベルjp<たびねす>

水戸といえば水戸光圀だけではありません。広大な敷地「偕楽園公園」は自然が育んだ花々や生き物たちの宝庫! 一面に広がる梅花の絨毯、しなやかに舞う白鳥たちに心が和みます。四季折々の自然が息づく水戸の魅力を存分にご紹介いたします。

写真・文:村松 佐保

ガイド記事の続きを読む
日本初!お菓子博物館&大洗リゾートアウトレット|茨城県|トラベルjp<たびねす>

縄文人がクッキーを食べていたこと、知っていらっしゃいますか? 稲作も始まっていないのにクッキー!?と意外に思われる方も多いと思いますが、長野県の遺跡からも発見されており、人は大昔からお菓子が大好きだったことが実証済み。 今回ご紹介するお菓子博物館は、お菓子のルーツや歴史などの情報が詰まった日本初のアミューズメント博物館です。 近郊のアウトレットを含め、美味しく楽しい大洗の一日をご提案します♪

写真・文:スノードロップ

ガイド記事の続きを読む
100種類3000本が咲く、水戸偕楽園の梅まつり|茨城県|トラベルjp<たびねす>

日本三大名園の1つとして知られる茨城県水戸市の偕楽園(かいらくえん)。四季折々に楽しめる公園ですが、特に3月は約100種類3000本の梅が咲く「梅まつり」が開催され、園内が梅の香りに包まれます。江戸時代から続く伝統の梅まつりは今年で117回を数えます。梅まつりの時期には偕楽園のそばにJR常磐線の臨時駅「偕楽園駅」も営業。満開の梅の中を走る電車も大変趣があるものです。

写真・文:猫乃 みいこ

ガイド記事の続きを読む
周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む

- PR -

関東地方行きのツアーを検索 関東地方行きの航空券を検索
「水戸プラザホテル」の口コミを投稿する 口コミ投稿で素敵な商品がもらえる!
キャンペーン実施中!
トラベルjp公式アプリで国内ホテルをサクサク検索!

iPhone版
はこちら≫

App Storeからダウンロード

android版
はこちら≫

ANDROID アプリ Google play

- PR -

▲水戸プラザホテルのホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ