オーストリアのシュトゥーバイタールはお花で溢れる村とハイキングルートの宝庫!

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オーストリアのシュトゥーバイタールはお花で溢れる村とハイキングルートの宝庫!

オーストリアのシュトゥーバイタールはお花で溢れる村とハイキングルートの宝庫!

更新日:2016/08/29 16:53

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

オーストリアの古都インスブルックからイタリアに向かって奥深く入り込んでいるのがシュトゥーバイタール。最奥には夏でも滑れる氷河スキー場があり、インスブルックとの間にはお花で溢れる美しい村が点在しています。

各村からはリフトやゴンドラで山上まで簡単にアクセスでき、高山植物の咲き乱れるたくさんのハイキングルートが続きます。素晴らしい自然の中でお過ごしになっていただきたいと思いご紹介させていただきます。

雄大な山の自然が楽しめる谷シュトゥーバイタール!

雄大な山の自然が楽しめる谷シュトゥーバイタール!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

インスブルックから日帰りできる範囲にあるシュトゥーバイタールへは、駅前のバスターミナルから出るトラムやバスで簡単にアクセスできます。その谷の最奥には標高3165メートルにあるトップ・オブ・チロルが控えています。

途中には雄大な岩山の麓にそれぞれ可愛らしい村が広がり、お花で溢れた民家が軒を並べています。各村には赤や緑のとんがり屋根や玉ねぎ型の屋根を持つ教区教会が村を見守るように佇んでいて、周りの長閑な風景に溶け込んでいます。

谷の最奥に広がるのは、夏でも楽しめる氷河スキー場!

谷の最奥に広がるのは、夏でも楽しめる氷河スキー場!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

夏でも滑れる氷河スキー場があるのはトップ・オブ・チロル。
インスブルック駅前のバスターミナルから出るバスで1時間半で到着するムッターベルクアルムからは、トップ・オブ・チロルまで3本のゴンドラを乗り継いでいくことができます。

標高3165メートルの所にはレストランの建物があり、スキーやスノーボードのレンタルもできる設備が用意されています。雄大な風景をバックに優雅に滑り降りてくるととても気持ちいいことでしょう。滑ることが目的でなく、ただただ風景を眺めるだけでも十分訪れる価値のある所です。

帰りには途中駅からハイキングをしながら下るコースも用意されていて、小さいお子様から年配の方までそれぞれの体力に応じて楽しめるようになっています。

シュレック2000から楽しめるハイキングルートはお花でいっぱい!

シュレック2000から楽しめるハイキングルートはお花でいっぱい!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

谷の中にある村の一つフルプメスは村自体がお花であふれる民家で埋め尽くされ、村の中を歩くだけでも目を楽しませてくれます。

その村の端っこにあるゴンドラを乗り継いで上ったところがシュレック2000!山上から少しインスブルック方面へ戻る方向にあるのが、ガラス張りの通路が突き出た展望台で、ここからシュトゥーバイタールの谷が一望のもと。

眺めを楽しんだら、来た道を戻り、山上駅を通り越して四方八方に広がるハイキングルートを歩いてみましょう。その一つ、センヨッホの頂上へ向かうルートにもお花が溢れ、山の雄大な風景と可憐なお花が競演しています。センヨッホの頂上には可愛い素朴な十字架がたっていて、もの足りなければ先に進むのもよし、引き返しても、ぐるりと迂回するルートを選ぶのもよし。ご自分の体力に合わせてこの風景を楽しんでくださいね。

シュトゥーバイタールの村々はそれぞれが主役の美しい風景!

シュトゥーバイタールの村々はそれぞれが主役の美しい風景!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

このシュトゥーバイタールの谷の中心になるのはフルプメスやノイシュティフトで、スキーヤーやハイカーのためのお宿もたくさん用意されています。
バルコニーや窓辺をお花で埋め尽くし、壁絵が美しい建物を利用しており、どのお宿にも泊まってみたくなるような魅力が溢れています。

他にもテルフェス、ミーダース、シェーンベルクなどと言った村があり、それぞれが教区教会のもとにまとまった集落として、魅力を振りまいています。また、インスブルックからフルプメスを結ぶトラムのシュトゥーバイタール鉄道で訪れることのできるムッタースやナッタースなども、素晴らしい景観を誇る村ですので、お時間が許せば是非、お立ち寄りくださいね。

どの村の教会も天に向かってまっすぐ伸びるとんがり屋根や玉ねぎ頭の屋根を持ち、中の天井画が大変素晴らしく、美しい壁絵や装飾画で埋め尽くされているので、これも必見と言えることでしょう。

お花が溢れるバルコニーや窓辺に心和むひとときを!

お花が溢れるバルコニーや窓辺に心和むひとときを!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

シュトゥーバイタールの各村のお家はどこも、バルコニーや窓辺やお庭は色とりどりのお花で溢れています。
華やかな色どりであったりシックな組み合わせであったり、それはオーナーさんの腕の見せ所なのでしょう。
またお花だけではなく、壁絵の素晴らしさも各村どうし競い合うようで見応えがあります。
同じ色合いや組み合わせがほとんどなく、どれも美しい町並みを作りあげる一コマになっています。

背後に広がる山の風景や牧草地、教会の建物もマッチした眺めは、心和むばかりです。
このようなバルコニーで読書をして時を過ごすのもいいかもしれませんね。

いかがでしたか。

シュトゥーバイタールの村、どこを訪れても、素敵な村にちがいありません。

トップ・オブ・チロルから戻るときには、ムッターベルクアルムから乗車し次のバス停で降り、15分ほど山間の川沿いに入って行くと、グラヴァ滝という豪快な滝の眺めも楽しめます。
こういったハイキングコースも多種多様で、それぞれの方の好きな過ごし方で長閑な谷、雄大な自然の風景を楽しんでくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/01−2014/07/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ