「出雲そば」なら「献上そば」羽根屋本店が断然おすすめ!

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「出雲そば」なら「献上そば」羽根屋本店が断然おすすめ!

「出雲そば」なら「献上そば」羽根屋本店が断然おすすめ!

更新日:2016/01/07 17:28

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

「出雲そば」は、出雲地方(島根県出雲市周辺)を代表するご当地グルメです。沢山の名店がありますが、初めて食べるなら「献上そば」羽根屋本店が断然おすすめ!

名前の通り明治時代に、後の大正天皇に「出雲そば」を献上して以来、皇室や皇族に愛用されている名店で、味は折り紙付き。出雲市駅から徒歩圏内で、無料駐車場完備の良好なアクセスも魅力です。「出雲そば」の代表的名店、「献上そば」羽根屋本店を紹介します!

「出雲そば」の代表的名店!「献上そば」羽根屋本店

「出雲そば」の代表的名店!「献上そば」羽根屋本店

写真:藤田 聡

地図を見る

「出雲そば」を代表する名店、「献上そば」羽根屋本店は人気が高く、昼時は混雑するので、開店と同時に行くのがおすすめ。2014年6月に改装リニューアルオープンし、外観も店内も大変に綺麗です。

出雲市の市街地にあり、出雲市駅からも徒歩圏内。店の向かいの無料駐車場は、流石に連休は満車になりますが、通常の週末なら昼時を避ければ、車でも気軽に立ち寄れます。味はもちろん、観光客に嬉しい良好なアクセスも、おすすめの理由です。

羽根屋本店の「出雲そば」は、多目に注文しよう!

羽根屋本店の「出雲そば」は、多目に注文しよう!

写真:藤田 聡

地図を見る

「出雲そば」は「割子そば」とも言われ、丸い漆器に蕎麦が入っています。三段が標準ですが、段数を増やす事も可能。人気の店で、お店の人が常時忙しく動き回っており、後から追加注文するのは気が引けるので、最初から多目に注文しましょう。

初めてなら四段、大盛りなら五段がおすすめです!

羽根屋本店の「出雲そば」は、薬味が絶品!

羽根屋本店の「出雲そば」は、薬味が絶品!

写真:藤田 聡

地図を見る

「出雲そば」は蕎麦の殻まで挽くので、香りが高く、風味が良い田舎そばです。薬味は店により多少異なるのですが、薬味の違いこそが「出雲そば」の味の違いです。

羽根屋本店の「もみじおろし」は、大根の苦味と唐辛子のピリピリとした味わいのバランスが絶品で、海苔とネギが絶妙に中和してマイルドになり、蕎麦を最高に美味しい状態にしてくれます。段数を増やすと、薬味も増量してくれますが、過不足の無い完璧な分量で驚かされます。まさに「出雲そば」を知り尽くした店なのです。

「出雲そば」の正式な食べ方は、一段目で余った「つゆ」と薬味を二段目に入れるのですが、大根の苦味と唐辛子のピリピリとした味わいが鈍っていくので、一段毎に薬味を入れるのがおすすめです!

「出雲そば」羽根屋本店では、新規オープンの「奥」がおすすめ!

「出雲そば」羽根屋本店では、新規オープンの「奥」がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

「出雲そば」羽根屋本店は人気が高いので、開店と同時に行くのがおすすめですが、間に合わない場合は混雑する昼時を避けて、少し遅れて行くのがおすすめ。到着したら「奥の部屋は空いてますか?」と、店員さんに一声かけましょう。

2014年6月の改装時に新設された奥の部屋は、老舗蕎麦店とは思えない、近代的でスタイリッシュな空間が魅力。「出雲そば」を食べ蕎麦湯を飲み終わっても、非常に居心地が良いので立ち去り難く、お茶を飲みながら長居してしまう程です。

宿の「出雲そば」に満足出来ない時は、羽根屋本店に直行しよう!

「出雲そば」は、玉造温泉や湯の川温泉など、出雲市周辺の宿でも食事に出ますが、羽根屋本店の美味しい蕎麦を知っていると味に納得出来ず、羽根屋本店に猛烈に行きたくなります。玉造温泉を10時にチェックアウトして直行すると、羽根屋本店の開店直前に到着し、丁度よい距離。宿の朝食を沢山食べた後ても、猛烈に美味しい羽根屋本店の「出雲そば」は、まさに別腹のように食べられます!

「出雲そば」の羽根屋本店は、全国的にも屈指の蕎麦の名店ですが、同様に蕎麦好きにおすすめなのが、山形県の「七兵衛そば」。別記事「【たびねす】手打ち蕎麦が食べ放題!山形・大石田そば街道「七兵衛そば」」(記事最後の「MEMO欄」にリンクあり)で詳細に紹介しましたので、是非ご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ