スペイン「アルハンブラ宮殿」入場チケット等の知っトク情報!

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スペイン「アルハンブラ宮殿」入場チケット等の知っトク情報!

スペイン「アルハンブラ宮殿」入場チケット等の知っトク情報!

更新日:2017/06/03 15:18

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター

アルハンブラ宮殿は、丘の上に位置する世界遺産に登録されたイスラム建築の城塞と宮殿。総面積1万4,000平方メートルの広大な敷地内には見逃せない魅力がいっぱいあります。

実はこちらの宮殿の繁忙期の入場券は、世界でもっとも入手しづらいってご存知ですか?今回はその困難なチケット入手マル秘情報から、宮殿の満喫の仕方まで詳しくご紹介。ガイドブックに記されていない現地発の貴重な情報です。

入手困難な入場券を手に入れる方法

入手困難な入場券を手に入れる方法

写真:道明寺 彩希

地図を見る

アルハンブラ宮殿(La Alhambra)の一日の入場者数は、内部の保存のために販売枚数が限定されています。そのため、繁忙期の4月〜10月上旬の時期には、現地に直接出向いたら入場券が完売していた!ということも珍しくありません。

だから、チケットは早めに予約しておきたいもの。おすすめの予約方法は、下記Memoにある「チケットマスター(Ticketmaster)」のサイトから予約する方法。

入場時間が指定されるナスル朝宮殿(Palacios Nazaries)のチケットをはじめ、自分の希望する日時の入場券が日本から予約できるのでとっても便利です。

入手困難な入場券を手に入れる方法

写真:道明寺 彩希

地図を見る

自分の希望の日時の前売り券が予約できなかった場合も、当日券を購入する方法が2通りあります。まずは、アルハンブラ宮殿有人チケット売り場の奥にある「チケットマスターのATM」で購入する方法。

こちらは目立たない場所にあるため、有人チケット売り場に比べると空いている傾向があります。支払いはクレジットカードのみ。また、チケットマスターのサイトで予約した入場券のプリントアウトもこの場所で可能です。

ATMの機械が利用できるのは朝8時からですが、繁忙期には朝6時ころから行列ができるので、出遅れないようにしてくださいね。

入手困難な入場券を手に入れる方法

写真:道明寺 彩希

地図を見る

もう一つの当日券購入方法は、アルハンブラ宮殿内の有人チケット売り場で購入するという方法。こちらでの支払いは現金(ユーロ)のみ。

チケットの種類によって販売時間が異なるので注意が必要。日中チケットは夏時間8時〜20時/冬時間8時〜18時。夜間チケットは夏時間21時〜22時30分/冬時間19時〜20時30分に販売。夏時間とは4月1日〜10月14日。冬時間とは10月15日〜3月31日となります。

有人チケット売り場の窓口は、当日券購入窓口と予約者(チケットマスターのサイトで予約した人を含む)のチケット引き換え窓口の二種類。オーディオガイドの貸し出しもこちらの場所にカウンターがあります。

宮殿内の見どころ

宮殿内の見どころ

写真:道明寺 彩希

地図を見る

アルハンブラ宮殿でもっとも有名な中庭「ライオンのパティオ(Patio de los Leones)」。シンボルとなる中央に据えられた12匹のライオンの口からは水が流れ、噴水として機能しています。この12匹のライオンは太陽とたたえられ、生命の芽生えを意味しています。

こちらの中庭の楽しみ方は、視線を低くし下から上を眺めること。イスラムの民たちは床に座って過ごすことが多く、建築物すべてが下から上を眺めるとより一層美しさが際立つように設計されています。

宮殿内の見どころ

写真:道明寺 彩希

地図を見る

大使の間に続く「アラヤネスの中庭(Patio de Arrayanes)」は、宮殿内で外交および政治活動の中心だった場所。ここでは大使たちの歓迎レセプションが行われたり、要人たちがスルタンへの謁見をする待合室として使用されていました。

見どころは水鏡に映し出されるシンメトリーな建物像。秘密は建物と水面との距離で、この技法は3世紀後インドの有名な建物「タージマハール(Tj Mahal)」で真似されました。

中庭の名前の由来は、水辺に植えられたアラヤネスという植物から。南スペイン特有の植物で、手で葉を揉むとさわやかな芳香が立ちのぼります。

宮殿内の見どころ

提供元:Pixabay

http://pixabay.com/ja/

太陽の丘の中で昔の面影が唯一残った「ヘネラリフェ(Generalife)」。その中にある「アセキアの中庭(Patio de Acequia)」は、夏の離宮の中核をなし、スペイン・イスラム庭園の完璧な見本とされています。

ここはグラナダの王が宮廷の雑務から逃れて憩いの時間を過ごすための別邸。自然に囲まれており、なおかつ標高が宮殿より高いため、夏はより一層涼しく過ごせる場所となっています。

見逃さないで!無料見学エリア

見逃さないで!無料見学エリア

写真:道明寺 彩希

地図を見る

スペイン王家によるグラナダ征服の証として建てられた「カルロス5世宮殿(Palacio de Carlos 5)」。実は未完の建物で、財政難により天井となるクープラ部分が取り付けられることはありませんでした。

館内には小さいながら無料で見学できる「アルハンブラ博物館(Museo de la Alhambra)」「県立美術館(Museo de Bellas Artes)」「特設展示場(Sala de Exposociones Temporales)」などが併設されており、アルハンブラ宮殿をはじめスペインの芸術や歴史に触れられる貴重な場所になっています。

見逃さないで!無料見学エリア

写真:道明寺 彩希

地図を見る

アルハンブラ場内への入り口にある「カルロス5世の噴水(Pilar de Carlos 5)」。
ナスル朝の都をカトリック化したいという征服者たちの望みを反映し、しかも過去の栄光も反映させたという深い願いが込められた噴水です。街の紋章(ザクロ)や、皇帝・伯爵家の紋章。夏・春・秋を象徴する装飾模様の面白さが必見のバロック装飾の噴水になっています。

見逃さないで!無料見学エリア

写真:道明寺 彩希

地図を見る

上空から見ると船の形をしているアルハンブラの敷地には森も含まれており、森林浴をするのにうってつけの場所です。道の両側にはシエラネバダ山脈からの雪解け水が常に流れており、夏は涼しく暑さから逃れられる穴場。

マイナスイオンを浴びながら、たまに姿を現すリスなどの野生動物に癒される自然多き空間です。「ビブランブラ門(Puerta de Bibrambla)」アルハンブラ物語の作者「ワシントン アーヴィング(Washington Irving)」の像など数か所の見どころも点在します。

公共交通機関を利用して楽々アクセス

公共交通機関を利用して楽々アクセス

写真:道明寺 彩希

地図を見る

宮殿は、グラナダ市内の中心部にあるヌエバ広場(Plaza Nueva)より徒歩約15分(約1キロ)の距離にあります。行きは上り坂なので結構な運動量を必要とし、歩くのは大変。お散歩は見学後の楽しみにし、行きは3種類ある公共交通機関を利用するのが賢い選択です。

一つ目の選択は、街の中心部グランビア通りのシンボル・コロンブスとイザベラ女王の銅像の裏手にある「C3番のミニバス」を利用する方法。

公共交通機関を利用して楽々アクセス

写真:道明寺 彩希

地図を見る

C3バスの乗降場所は、アルハンブラ宮殿のチケット販売所がある近辺。こちらにはタクシー乗り場もあります。

二つ目の選択はタクシーの利用。市内からの乗車料金は月〜金・日中で4.04ユーロ。週末・祭日・早朝・深夜は5.02ユーロ。4人乗車すればバス代とさほど料金は変わりません。

公共交通機関を利用して楽々アクセス

写真:道明寺 彩希

地図を見る

三つ目の選択はグラナダ市内を周遊できる乗り降り自由な「グラナダ 市内ツアー列車(Granada City Tour Train」の利用。一日乗車券は一人8ユーロ。8歳以下の子供は無料です。

乗降場所はC3の市バスの乗降場に近いアルハンブラ宮殿チケット販売所の周辺。
こちらの列車とC3の市バスは、アルハンブラ宮殿敷地内「裁きの門(Puerta de la Justicia)」近くにも停留所があります。

世界遺産「アルハンブラ宮殿」を満喫しよう!

アルハンブラ宮殿に関する知っトク情報。いかがだったでしょうか?現在でも事前情報を入手せずチケット購入のために現地で長時間行列している人の姿をよく目にしますが、今回の記事を読んだあなたはもうそんな必要は無用。早めの予約と楽しい見学プランを立てて、観光を120パーセント満喫してきてくださいね。

詳細については下記Memoの関連サイトをご参照ください。

掲載内容は2017年5月現在の情報です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ