世界遺産グラーツ歴史地区も一望!シュロスベルクの丘

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産グラーツ歴史地区も一望!シュロスベルクの丘

世界遺産グラーツ歴史地区も一望!シュロスベルクの丘

更新日:2015/05/02 11:45

グラーツはオーストリアの中でウィーンに次ぐ人口を誇る第2の都市です。約900年の歴史ある街と郊外にある城は「グラーツ市街 歴史地区とエッゲンベルク城」として世界遺産に登録されています。路面電車が走り交通の利便性も良く、また街のサイズ自体がコンパクトで見所も沢山の街です。

そんなグラーツに行ったら是非行きたいのがシュロスベルクの丘。市民の憩いの場ともなっているシュロスベルクの丘の見所をまとめます!

グラーツの街を一望できるのがシュロスベルクの丘。

グラーツの街を一望できるのがシュロスベルクの丘。
地図を見る

この美しい街並みを一望でき、尚且つ街のシンボルである時計塔があるのがシュロスベルクの丘です。シュロスベルクは城山という意味で高さ473mの岩の上にあります。上に行くにはいくつかの方法があり、ケーブルカー、エレベーター、徒歩という手段になります。

ケーブルカーは歴史が100年以上もあるものです。グラーツ市内を走る路面電車やバスのチケットで乗れるので困ることはないでしょう。エレベーターはガラス張りになっていて洞窟の中を進みます。かつての巨大な防空壕の一部なのでこれまた歴史の一部です。

徒歩で行く方法には2種類。一つは街の中を登っていく方法。もう1つはシュロスベルク階段を上る方法です。このシュロスベルク階段は途中に美しい庭園などもあるので帰り道にオススメです!

シュロスベルクには元々は砦がありました。スラヴ語で砦という意味の「グラデツ」というのが後々「グラーツ」と現在の名前になったと言われています。その後に強固な城塞になり、あのナポレオンも直接の攻略ができなかった場所です。
(ナポレオンはウィーンを盾に取ってグラーツを降伏させました)

グラーツ市民が守った時計塔は丘のシンボル!

グラーツ市民が守った時計塔は丘のシンボル!
地図を見る

シュロスベルクの丘と言えば!というのが時計塔です。とても目立つので一見、一番上にあるかと思われるのですが、頂上ではないのです。ナポレオン軍はシュロスベルクの丘にあった城壁などの設備はほぼ全て壊すのですが、この時計塔と鐘楼は市民が買い取り破壊を免れたという話が残っています。

丘の上にあるのでとても大きく見えるのですが、高さは28メートルと決して大きくはありません。ですがグラーツ市民にとっては欠かせないものなのです。ここからの景色は素晴らしいので必見です!

この時計、近くで見ると面白い発見があります。なんと時計の針の「長針」と「短針」が普通の時計と逆なのです。何故逆についているのか?と言えば、元々付いていたのが長針1本で、その針は時間を示していました。その後、短針が取り付けられたのですが分として間違えて取り付け、そのままなのです。戻さない所が面白い時計です!

市民が守ったもう1つの宝は鐘楼!

市民が守ったもう1つの宝は鐘楼!
地図を見る

1588年に建てられたのがこの鐘楼です。中にはリースルという鐘が吊るされていて重さはなんと約5トン!鐘はトルコ軍が放った大砲弾を溶かして製造したもので、この鐘楼もまた市民がナポレオンから買い取り破壊を免れたもの。時計塔と鐘楼はグラーツ市民の宝なのです。

丘の上には市民の憩いの場として芝生の広がる広場があります。シュロスベルクの丘にはベビーカーを押したお母さんがいたり、老夫婦が散歩していたり、若い人が寝っ転がってくつろいでいたりします。市民にとっては生まれた時からある大切な憩いの場所なのです。

遺跡?廃墟?かつては捕虜の寝る場所も今は野外ステージ!

遺跡?廃墟?かつては捕虜の寝る場所も今は野外ステージ!
地図を見る

シュロスベルクにはかつて城塞の装甲室(鎧を身につける部屋)、時に捕虜の寝る部屋として使っていた場所があります。今はカーゼマッテンというオペラやコンサートをする舞台になっています。イベントの無い日はこうして遺跡として見学する事ができます。

舞台ですから整備こそされているのですが、かなり崩れている部分もあるので廃墟のようでもあり、独特の空間です。
こういう古い物を今も使っているというのがヨーロッパの特徴の一つですし、シュロスベルクにも多々見られます。

シュロスベルクの帰り道のオススメは階段!

シュロスベルクの帰り道のオススメは階段!
地図を見る

シュロスベルクから街に戻る方法として最もオススメなのがシュロスベルク階段を下っていく方法です。260段もの階段を下りていくので結構大変な気がするかもしれませんが、ここはできれば通りたい素敵な場所なのです。

写真では下から丘を眺める形でシュロスベルク階段を見ていますが、この斜面に沿った形での下り道なので旧市街へ落ちていくような感覚になります。ですから景色は迫力満点!様々な建物のレンガ屋根の美しさを目の前で見る事ができるのはこの道ならではの体験です!

大変そうな道のりですが大丈夫!休憩ポイントもいくつもあります。途中には緑を手入れした庭園もあります。この庭園が空中にあるような景色の為に素敵な光景です。

世界遺産グラーツの街を知る上で行っておきたい場所

シュロスベルクの丘は世界遺産グラーツの街を上から眺められる絶景ポイントです。ざっくりとした説明であれば公園と呼べるような、のんびりした、くつろげる場所でもありますし、レストランなどもあるので休憩も兼ねて景色を見に行くというのが良い場所でもあります。

シュロスベルクの丘に行ってゆっくり食事をしても1日で主要な場所はまわれるコンパクトな街なのがグラーツの魅力。歴史地区、エッゲンベルク城と一緒にシュロスベルクの丘も是非訪ねてみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/04/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ