シェアサイクル「ちよくる」で巡る、皇居周辺の近代建築!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

シェアサイクル「ちよくる」で巡る、皇居周辺の近代建築!

シェアサイクル「ちよくる」で巡る、皇居周辺の近代建築!

更新日:2015/05/05 12:53

旅をしていると自転車で移動できたら楽なんだけどな〜と思ったりした事ありませんか?そんな時はレンタサイクルが便利なのですが、1日借りるほどじゃないっていう時もありますよね。そんな時に便利なのがシェアサイクルというもので、ヨーロッパなどではよくあるシステムです。

そんなシェアサイクルが東京にもあるってご存知でしたか?シェアサイクルの1つ「ちよくる」で巡る皇居周辺の近代建築巡りをご紹介します!

シェアサイクルって?なんで皇居周辺?

シェアサイクルって?なんで皇居周辺?
地図を見る

レンタサイクルというのは、1台の自転車を1人の人が決まった時間借りる事ですよね。多くの場合は借りた場所に返却します。それに対してシェアサイクルというのは1台の自転車を複数の人でシェアするやり方で、借りた場所と返す場所が違ってもOKという、新しい自転車の使い方の事です。

これは街の中に何ヶ所もの専用の「ポート」と呼ばれる自転車置き場が設置してあって、そこから自転車を借ります。そして専用のポートであればどこへ返却してもOKで、借りてから返すまでの時間の料金を支払うだけという簡単システムの事をシェアサイクルと呼びます。

「ちよくる」は東京都千代田区内に設置されたシェアサイクル。千代田区は割りと狭いエリアに観光名所がギュッと詰まった東京の中でもすごい地域です。区の中心には皇居があり、皇居の周り、それは日本の中心部周辺ですから国会議事堂、日本武道館、靖国神社、東京駅・・・と、誰もが聞いた事のある名前がどんどん出てくる凄いエリアなわけです。

まずは日本を代表する東京駅丸の内駅舎から。3階部分とドーム部分の復元工事があったのでご存知の方も多いでしょう!1914年の建築物です。今回の旅の起点をこの東京駅丸の内駅舎にします。

震災復興建築・学士会館

震災復興建築・学士会館
地図を見る

学士会館は1928年に建てられた建物です。元々はある先生への謝恩会として始まり、その後親睦や知識交流を深めようと始まったのが学士会という組織で、その会の建物として1913年に建てられるのですが火災で焼失。その後、復興させようと再建築が計画されますが、その再建の基礎工事開始日である1923年9月1日に関東大震災が発生します。

結果として建物は震災の教訓を生かした耐震・大火の鉄筋コンクリート造という当時としては珍しい建物になりました。この建物の後ろには1937年に増築した新館があり、それらのモダンで美しい姿は見る価値があります!内部にはレストランなどがあるので自由に入る事ができます。建物は登録有形文化財です。

ここは東京大学発祥の地でもありますし、日本の野球発祥の地でもあります。電車で行く場合は「神保町」から徒歩1分ですが、東京駅からなら乗り換えもあって最短で約20分。自転車なら・・・約10分で東京駅から到着します。自転車ならスイスイっと来られます!

軍の名残・旧近衛師団司令部庁舎(東京国立近代美術館工芸館)

軍の名残・旧近衛師団司令部庁舎(東京国立近代美術館工芸館)
地図を見る

これは東京国立近代美術館工芸館で、煉瓦造りの素敵な建物です。今は美術館のこの建物は1910年に建築された旧近衛師団司令部庁舎です。関東大震災、第二次世界大戦とくぐり抜けて今に残っている国の重要文化財でもあります。

近衛師団は天皇陛下と皇居を守る軍隊で、全国からの選りすぐりのメンバーで構成されたエリートたちによる組織です。

実はこの建物は、東京の中でもアクセスがしにくい場所にあります。ですから東京に住んでいても知らない方は多いのではないでしょうか?まず近くにバス停が無い。そして最寄りの駅からでも最低徒歩8分!東京駅を起点にして電車に乗る場合は必ず乗り換えも発生します。

自転車だと他の場所にも立ち寄りつつ、東京駅から15分で着きます。自転車だから簡単に行ける場所の1つです。

幻の東京の姿を残す・法務省旧本館

幻の東京の姿を残す・法務省旧本館
地図を見る

1895年に建てられた法務省旧本館です。ドイツ人が設計をした建物で重要文化財に指定されています。この建物は幻の東京の姿を残す建物であり、官庁集中計画を残す貴重な建物です。場所は皇居の桜田門の近く、国会議事堂も徒歩圏内です。

この建物を建てる当時、明治政府は東京をパリやロンドンのような街並みにしようと考えていました。そして霞ヶ関付近には官庁をこのような豪華な建築物で集中させようと考えていたのです。結果として計画は白紙になり実際に建てられたのはこの建物と、今は取り壊されてしまい無い大審院の2棟だけでした。

幻の東京。実現していたらどんな景色だったのでしょうね!

程よい運動も兼ねたシェアサイクルで、行きにくい場所へスイスイと!

今回紹介した近代建築たち。実は全て皇居から近い場所にあり、皇居周辺をぐるりと1周しただけで観れる建物たちです。建物の外観を見るだけであれば約30分のコースです。皇居周辺は緑も多く、ランニングをされる方にも人気の場所です。走っていて気持ちが良いのは自転車も一緒です!

東京駅丸の内駅舎のような「超」がつくような有名な建築物ではないですけれど、どれも立派で建物の背景にある物語も濃い建築物たちです。折角凄い建物なのだけど、行きにくい場所だから諦めていたという方や、知らなかったという方は是非シェアサイクルに乗って訪ねて欲しいと思います。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -