真っ白な美しい城と癒しの日本庭園が絶妙な組み合わせ!姫路城×好古園

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

真っ白な美しい城と癒しの日本庭園が絶妙な組み合わせ!姫路城×好古園

真っ白な美しい城と癒しの日本庭園が絶妙な組み合わせ!姫路城×好古園

更新日:2015/05/07 16:22

天草野 黒猫のプロフィール写真 天草野 黒猫 元バックパッカー

平成27年3月27日にお色なおしを終えて、真っ白な美しい姿をみせてくれている国宝「姫路城」。グランドオープンから沢山の人が登城しています。

そんな姫路城とセットで回りたいのが、隣接する「好古園」。お城の階段で疲れた足腰を身も心も癒してくれるお薦めの日本庭園です。姫路城と好古園を組み合わせて巡れば風情も倍増!ぜひセットで行ってみて下さいね。

まずは姫路城。ちょっとまって!その前に「共通入場券」購入を。

まずは姫路城。ちょっとまって!その前に「共通入場券」購入を。

写真:天草野 黒猫

地図を見る

姫路城の美しい姿をみると、まずは姫路城のチケットを購入してしまいます。しかし、もし隣接する「好古園」にも足を運ぶ予定なら、お城だけ購入する前に…ちょっと待って!お隣の「好古園」との共通入場券を入手しましょう。

姫路城(1,000円)+好古園(300円)=1,300円の所がセットで「1,040円」で購入できます。
*天守閣に登る方は「大天守登閣整理券」を受け取っていくことをお忘れなく。

真っ白な姫路城は美しく、どこから眺めても絵になります。戦争の爆撃の中でも黒く染めた綱で城を覆い隠したとか。空襲で焼け野原になった姫路の街で、無事にそびえたつお城をみて涙した城下の人々の気持もわかる美しさと清々しさです。

そんな、修復がおわって復活した姫路城の人気は予測以上。ぜひ「水」などをもっての登城をお薦めします。途中で自販機をさがしてもそこはお城、購入場所がおりるまでありません。30分〜2時間、お城の入り口まで並ぶことも少なくありません。暑い時期は帽子か日傘は必須、準備万端ででかけましょう。

お隣の「好古園」で庭園を眺めならランチタイム!

お隣の「好古園」で庭園を眺めならランチタイム!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

姫路城を堪能した後は…心はみたされますが足腰がかなりつかれます。そんな疲れをとってくれて、ゆったりした気分を味わえるのがお隣の「好古園」。

映画「るろうに剣心」や「水戸黄門」「大岡越前」「暴れん坊将軍」など、多くの映画やTVのロケに使われている、美しい庭園や建物が美しい庭園です。

緑の多い庭園を歩くだけで心癒されます。お腹も満たしたい場合は、庭園をみながらお食事がいただける園内の「活水軒」はおすすめです。大きな窓から見える緑の木々、鯉がゆったり泳ぐすがた、小さな滝の水音をききながらのお食事は陽射しでつかれた目にも耳にもやさしい時間です。*写真は「ざる夢そば・穴子天ぷら」

歩いているだけで水音が!緑の木々に鳥の声に心癒される風景。

歩いているだけで水音が!緑の木々に鳥の声に心癒される風景。

写真:天草野 黒猫

地図を見る

食事をおえて、渡り廊下を進むと左右には小川がしつらえてあります。鯉のゆったり泳ぐ姿を眺めながら、潮音斎へ。この塩音斎の滝と大池は、中秋の名月を愛でるのに最良の方向に向けて作られています。

ここから茶の庭まで散策してみましょう。途中目に映る、築地塀や屋敷門の風情はまるで江戸時代にタイムスリップをしたようです。鳥の声、季節の花をみつけながら散策するだけで心おだやかになっていくのを感じることができますよ。

日本庭園を愛でながらお抹茶と和菓子でゆったり

日本庭園を愛でながらお抹茶と和菓子でゆったり

写真:天草野 黒猫

地図を見る

ゆっくりお庭を散策しながら「茶室:双樹庵」へ。裏千家家元・千宗室氏が設計・監修した江戸時代風の武家屋敷の茶室が再現されています。

日本庭園を眺めながら、お抹茶と和菓子をいただけます。お値段も一席500円とお手頃なのが嬉しいですね。

茶室の奥には、黒田官兵衛ゆかりの茶釜「播磨釜」も展示してあります。おみのがしなく!お城の賑わいとはまたちがって、心おちつく空間から日本庭園越しのお城を眺めるのもおつなものです。

ああ!日本庭園の美しさここにあり。

ああ!日本庭園の美しさここにあり。

写真:天草野 黒猫

地図を見る

お茶をいただいた後は、それぞれのコンセプトによってつくられた庭園を眺めながら散策。

「流れの平庭」「夏木の庭」「松の庭」「花の庭」をゆっくりまわるといいでしょう。途中東屋もあって、腰をおろしながら、庭園をながめつつゆっくりゆったりまわるのがお薦めです。

日頃の疲れをおいていけるそんな庭園です。四季折々の美しさがあるこの庭園。例えば藤が見ごろの季節には藤棚の下の木陰で甘い香りを楽しみながら、休憩するのも風情があります。

姫路城だけではもったいない

いかがでしたか?姫路城の登城はわくわくしますが、かなりの人と階段です。身体はほどよくつかれています。そんな身も心もいやしてくれるのが好古園です。セットでまわる事で、より双方の魅力をアップしてくれます。

せっかく姫路城にいくなら、とても近い場所にあって、こんなに喧騒をはなれて落ち着ける場所をみていかないてはありません。生まれ変わった姫路城とともに、ぜひセットで足をはこんでみてくださいね!

更に姫路城の思い出が深まることうけあいです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -