絶景が堪能できる貸切湯!湯河原フレンチヴィラ「ボンファム」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絶景が堪能できる貸切湯!湯河原フレンチヴィラ「ボンファム」

絶景が堪能できる貸切湯!湯河原フレンチヴィラ「ボンファム」

更新日:2015/05/02 11:56

橋本 将人のプロフィール写真 橋本 将人 ライター、企画プランナー

東京から約90分の近場で、絶景やビストロ風のフレンチを楽しめる隠れ家宿が、湯河原にあるペンション、フレンチヴィラ・ボンファムです。湯河原駅から高台に向かって路線バスで約25分、相模湾を望むミカン畑の広大な敷地の中に佇み、賑やかな温泉地・湯河原のイメージとは違う、プライベート感溢れる世界がそこにあります。

湯河原の街と相模湾の絶景を楽しめる!デザイナーズ展望露天風呂。

湯河原の街と相模湾の絶景を楽しめる!デザイナーズ展望露天風呂。

写真:橋本 将人

地図を見る

ボンファムは大浴場がない代わりに、3つの貸切風呂があります。そのうち、絶景が楽しめる貸切風呂は2つあります。

1つは「海望庵」と名付けられている外湯で、湯河原の街と相模湾が一望できるモダン和風な展望露天風呂です。

宿泊棟からいったん外に出て、ミカン畑の小道を2〜3分上がっていくと、日本家屋の玄関のような入口があります。

そして、中に入ると、相模湾の先に初島まで見える絶好のオーシャンビューが楽しめ、温泉をゆったりと楽しめる、癒しの空間があります。

寝ながら絶景を楽しめる貸切湯「SPAKOO空」

寝ながら絶景を楽しめる貸切湯「SPAKOO空」

提供元:ボンファム

http://hotel-bf.com地図を見る

もう一つは、寝ながら温泉や景色を楽しめる、貸切湯「SPAKOO空」もありこちらも同じ眺めが楽しめます。こちらは「海望庵」の隣の敷地にあります。

貸切時間は1部屋あたり45分で、当日予約になります。予約は貸切湯に向かう出入口にあるボードに、希望の時間にマグネットを置くシンプルなシステムですので、チェックインしたらすぐに予約を入れることをオススメいたします。

また天気のよい夜などは星空や湯河原の夜景が一望できるので、昼・夜2回楽しむのも、ボンファムを楽しむポイントです。

落ち着いたゲストルームで気分もゆったりとくつろげる!

落ち着いたゲストルームで気分もゆったりとくつろげる!

写真:橋本 将人

地図を見る

部屋のタイプは、スイート、セミスイート、メゾネット、ダブル、ツインがあり、スタンダードツインの3部屋以外は全て禁煙です。また部屋によりシャワールームがある部屋とない部屋があります。

シンプルですが、落ち着いた内装なので、落ち着いた雰囲気で気分も和みます。ベッドも柔らかすぎず硬すぎずで、寝心地も気持ちよく、ゆったりと休めるのがよいですね。

ブランド豚や魚料理の創作フレンチを、古民家風レストランで堪能!

ブランド豚や魚料理の創作フレンチを、古民家風レストランで堪能!

写真:橋本 将人

地図を見る

プライベート感ある絶景の貸切湯にプラスして、ボンファムの魅力はディナーです。今回、私が食したのは、メインは魚料理が、ホタテとサーモンのサフランソース、肉料理がブランドポーク・やまと豚の赤ワイン煮のコースでした。

やまと豚は、生産から流通まで厳しい品質管理がされており、数々のコンクールで受賞している、安心・安全で上質な旨味が特徴のブランドポークです。

その「やまと豚」の赤ワイン煮は、オーナーが創業当初からディナーのメニューとしているこだわりの一品で、じっくりと煮込まれたソースと柔らかなやまと豚の食感が、なんとも美味で、ぜひみなさんにも味わっていただきたいです。

和風の温泉宿ではない違った一面の「湯河原」が楽しめるボンファム

湯河原といえば和風温泉がイメージされますが、ボンファムはそのなかでは異色の存在かと思われます。湯河原に初めて訪れる方はもちろんですが、湯河原のリピーターの方には特におすすめできる宿で、湯河原の違った一面が見えます。

絶景の貸切露天風呂はもちろん、美味のフレンチディナーも楽しめ、プライベート感も欲しい、といった欲張りな休日を望む人の要求も満たされると思います。

時間のない人には「日帰りプラン」も用意されており、オーナーの柔軟な姿勢が伺える魅力的な隠れ宿かと思います。

ぜひ一度訪問されてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ