絶品!魚介の旨味最高パエリア!バルセロナの老舗「ロス・カラコレス」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶品!魚介の旨味最高パエリア!バルセロナの老舗「ロス・カラコレス」

絶品!魚介の旨味最高パエリア!バルセロナの老舗「ロス・カラコレス」

更新日:2015/05/08 13:31

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

パエリアを始め美味しいスペイン料理を堪能できるグルメな街・バルセロナ。旧市街・ゴシック地区にある老舗カタルーニャ料理の名店『ロス・カラコレス』では、店名でもあるカタツムリの煮込みや、出汁のきいたパエリア等絶品料理を頂けます。他に、チキンのローストやイベリコ豚の生ハムもお勧めです。
店内は、重厚且つ「これぞスペイン居酒屋!」という雰囲気。庶民的で活気に溢れ、旅気分アップ間違いなしの名店です。

著名人も多数訪れる老舗『ロス・カラコレス』

著名人も多数訪れる老舗『ロス・カラコレス』

写真:高橋 樂

地図を見る

『ロス・カラコレス(Los Caracoles)』は、バルセロナの旧市街・ゴシック地区にあります。レイアール広場がすぐそば、土産店・レストラン・カフェが立ち並ぶ賑やかなエリアです。
横の店先に、赤く燃えるオーブンがあり、名物の鶏肉を焼いているのが目印です。

創業1835年の店内は、歴史を感じさせる重厚で渋い雰囲気ですが、どちらかというと庶民的で活気に満ちています。
また、店内の壁には、来店した著名人の写真やサインが所狭しと張られ、もしかしたら知っている有名人のサインが見つかるかもしれません。

入口付近から見る店内はそれほど大きそうに見せませんが、奥行きがあり、1階、中2階、2階等かなりの数の席があります。
中は少々複雑に入り組んだ構造で、それを上手く利用して緩く仕切ったグループ席(PRIVATE ROOM)もいくつかあり、面白いつくりとなっています。

『ロス・カラコレス』のカタツムリ料理とチキンロースト

『ロス・カラコレス』のカタツムリ料理とチキンロースト

写真:高橋 樂

地図を見る

店名の『ロス・カラコレス』とは、カタツムリという意味で、その名の通り、こちらではカタツムリの煮込み料理が有名です。店内の装飾(写真)にもカタツムリがあしらわれ、ナプキンの刺繍、付け合せのパンまでもカタツムリの形をしているのがいいですね。

カラコレスの煮込み(カラコレススペシャル)は、カタツムリを自家製デミグラスソースを煮込んだもので、手でつまんで、爪楊枝で取り出して食べます。姿はグロテスクですが、味は貝と同じで美味しいです。

とはいえ、一人一皿は少々多いので、グループでシェアすることをおススメします。尚、おしぼりはありませんので、ウェットティッシュなどを持っていくと便利ですよ。

他に美味しいと評判なのは、外の通りから焼いているのが見えるローストチキンです。注文を受けてから焼くため、少々時間がかかります。また味は、スペイン岩塩を使っていて少々塩辛いため、薄味希望の方は、注文時にその旨を伝えましょう。

『ロス・カラコレス』の厨房

『ロス・カラコレス』の厨房

写真:高橋 樂

地図を見る

バルセロナは地中海に面しており、魚介類や野菜等の食材が豊富。スペイン名物シーフードパエリアはぜひ一度は味わってみたいものですね。
『ロス・カラコレス』で美味しいのはカタツムリ料理だけではありません。パエリア料理も絶品です。

入口入ってすぐの所にある厨房の鉄板の上で、一気に炊き上げます。
お客さんは、厨房前の細い通路を通って客席に案内されますから、必然的に美味しそうな料理が目に飛び込んできて、自然と唾がゴクリ!期待を高めるニクい演出です。

店員さんは気さくな雰囲気で、慣れた様子で接客してくれます。最低限の英語は通じる人が多いので安心です。

魚介出汁の旨味が絶品のシーフードパエリア

魚介出汁の旨味が絶品のシーフードパエリア

写真:高橋 樂

地図を見る

こちらのパエリアは数種類ありますが、一番人気はやはり、シーフードパエリアでしょう。エビにムール貝、イカなど沢山の魚介が入っています。

出汁多め、ジューシーで柔らかく、米に芯が少しだけ残っています。言うなれば、リゾットに近い食感です。塩味は少し強めと感じる人もいるようですが、魚介出汁の旨味が勝っていてとても美味しいですよ。
一皿の量は、他の料理も併せて注文しつつ、大人2人でシェアするのがちょうどいい感じです。一人一皿食べられない量ではありませんが、他の料理が入らなくなってしまいます。

他に人気のパエリアは、イカ墨のパエリアです。こちらも魚介旨味がしみています。臭みは全然ありません。でも、食後は口周りのチェックをお忘れなく!

カタツムリの形をしたパンも料理によく合い。邪魔せずいいお味です。

イベリコ豚の生ハムもおススメ

イベリコ豚の生ハムもおススメ

写真:高橋 樂

地図を見る

その他のおススメは、イベリコ豚の生ハムです。
2階の天井からも沢山の生ハムが吊るされています。2階のトイレに階段を上がっていく時に良く見えますよ。

臭みもなく、塩味も丁度良く、オリーブオイルとすごくよく合います。濃厚な味わいで、ついついワインが進んじゃいます。飲み過ぎには注意しましょう。
お酒を飲めない方も、カタツムリパンと一緒に頂くと美味しいですよ。

まとめ・その他の情報

『ロス・カラコレス』は、バルセロナの旧市街・ゴシック地区にあり、伝統的なカタルーニャ料理が味わえる、庶民派老舗レストランです。活気があり「これぞスペインの居酒屋!」という雰囲気を味わいたい方は是非訪れてみてください。

店名になっているカタツムリ煮込みやパエリア、チキンロースト、イベリコ豚の生ハムなどが絶品です。特にパエリアは、魚介出汁の旨味が良くしみこんで深い味わいですよ。

多くのお店が16:00〜20:30頃は休憩時間となっているスペインですが、こちらは休憩時間がありません。そのため観光時間を上手に使うことができますし、日本人には遅すぎる夕食にならなくて済むのが嬉しいですね。

■その他の情報
<料金>1皿約15〜30ユーロ。観光地としては妥当な値段です。
<混雑時間>昼は2時過ぎ。夕方は8時過ぎ。それぞれ少し前に行くことをおススメします。
<メニュー>英語はありますが日本語はありません。写真もありませんので、必要な方はガイドブック等持っていかれることをおススメします。
<その他>トイレは新しく広くて快適です。チャイルドチェアも少しだけあります。
※『ロス・カラコレス』の詳しい情報は、下記【関連メモ】公式HPをご参照ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -