速効で夢が叶うピンクの象!?タイ「ワットサマーンラッタナーラーム」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

速効で夢が叶うピンクの象!?タイ「ワットサマーンラッタナーラーム」

速効で夢が叶うピンクの象!?タイ「ワットサマーンラッタナーラーム」

更新日:2017/09/16 11:12

まつり はるこのプロフィール写真 まつり はるこ 編集者

バンコク近郊のチャチュンサオにある「ワット・サマーンラッタナーラーム」。タイの人々が「一度はお参りしたい」というこのお寺の目玉は、巨大すぎるピンクの象・ガネーシャ。願いをすぐに叶えてくれるという速効性の高さが評判だ。この他にも巨大でカラフルな仏像が立ち並ぶ様はまさに“仏教アミューズメントパーク”。悪乗り感満載のようにも感じるが、タイ人はいたって真面目に参拝……そんな摩訶不思議な空間を訪れてみよう!

寺院の目玉は巨大なピンクのガネーシャ

寺院の目玉は巨大なピンクのガネーシャ

写真:まつり はるこ

地図を見る

「ワット・サマーンラッタナーラーム」の目玉は何と行ってもピンクのガネーシャ(写真)だ。ゆったりと寛ぐように寝そべるガネーシャ。そのド派手な色使いと、巨大さに驚くこと間違いなし!

ちなみにガネーシャはヒンドゥー教の神様。国民のほとんどが仏教徒という敬虔な仏教国タイで、なぜヒンドゥー教の神が!?と思うかもしれない。しかし、商業や学問の神で、万難を排し財運をもたらすとされていることから、タイではガネーシャの人気が非常に高く、これを祀る寺院も少なくないのだ。宗教を超えて、といったところだろう。

ガネーシャの周りには小さなネズミがいる。このネズミはガネーシャの使い。願い事はネズミを通して伝達してもらうというシステムだ。生まれた曜日によって色が決まっている。願い事を右から左へ受け流されてしまわぬよう、ネズミの左耳を手で押さえ、右耳に願いを囁こう。
(日曜:赤、月曜:黄、火曜:ピンク、水曜:緑、木曜:オレンジ、金曜:青、土曜:紫)

川にはド派手なフローティング蓮

川にはド派手なフローティング蓮

写真:まつり はるこ

地図を見る

ワット・サマーンラッタナーラームの側を流れるバーンパコン川。この川に浮かぶ蓮の浮島も見逃せない。川岸から通路が設えてあり、川に浮かぶ大きな蓮に上陸することができる。

某テーマパークのパレードのフロートのような印象だが、比較すると10倍以上の大きさ。島を1周するように鉢が並べられており、お布施を入れながら周れば願い事が叶うというありがたい仕組みだ。

高僧もズラリ

高僧もズラリ

写真:まつり はるこ

地図を見る

名だたる高僧たちも鎮座している。ただし蝋人形。マダム・タッソーも顔負けのクオリティである。

このような像がいたるところにあり、中にはちょっと平たいドラえもん風の像や、ちょっぴりお洒落をしてしまったサングラス姿の小坊主たちまで。いずれももれなくお布施箱が付いている。サングラス姿の小坊主にはさすがに悪乗り感を感じてしまうが、ここは敬虔な仏教国タイ。参拝者は皆いたって大真面目に、サングラス小僧たちを拝んでいる。なんとも不可思議なこの光景を目にするだけでも、行く価値はあるぞ。

悪ふざけ…いえ、大真面目なのだ

悪ふざけ…いえ、大真面目なのだ

写真:まつり はるこ

地図を見る

敷地内にぎっしりと建ち並ぶさまざまな施設や仏像。中国寺院テイストの極彩色の仏塔があるかと思えば、2対の龍、家族連れの鹿、そして穏やかな表情をした陶磁器風巨大観音様……といった具合だ。その様はまさに極楽浄土。タイ人がこぞってお参りに詣でるのも頷ける。

参道の賑わい

参道の賑わい

写真:まつり はるこ

地図を見る

門前にはさまざまな屋台が出て、ちょっとした市場の様相。バーンパコン川で獲れるエビの塩焼きや魚をはじめ麺類などの屋台もあり、食事を取ることもできる。

また変わったところでは、鯉に哺乳瓶に入った餌をあげるというアクティビティも。こちらも20バーツほどのお布施が必要だが、傾ける哺乳瓶に鯉が群がる様は日本では見られない光景だ。

鯉だけでなく山羊バージョンもあるので、ぜひ試してみてほしい。

タクシーチャーターが便利

「ワット・サマーンラッタナーラーム」までは、バンコクのエカマイからバス、ソンテウを乗り継いで行くことができる。しかし少々分かりにくく、乗り継ぎの時間がかかることもあるので、時間のない旅行者はバンコクからタクシーをチャーターする方が楽だろう。

周辺は静かな農村地帯だが、近くには古い歴史を誇る100年市場などの見どころもあるので、併せて訪れてみるのもお勧めだ。
ただし、週末ともなると家族連れ、ご近所連れで非常に混み合うので、早めの時間帯に訪れよう。

“崇高な寺院”という既成概念を持ったまま行くと、とんだがっかりスポットになってしまうかもしれない……しかし、ここは崇高なアミューズメントパーク。極楽浄土アトラクションを楽しむつもりで行って欲しい。
ピンクのガネーシャをはじめ、フォトジェニックな像たちが待っている。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -