買い物だけじゃない!海と遊べる 神戸のアウトレットモール

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

買い物だけじゃない!海と遊べる 神戸のアウトレットモール

買い物だけじゃない!海と遊べる 神戸のアウトレットモール

更新日:2015/05/18 10:08

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家

アウトレットモールは全国にあるので、お近くのアウトレットモールへ行かれたことがある方も少なくないと思います。
数あるアウトレットモールのなかで、神戸市垂水区にあるアウトレットモールは、海のそばという立地を活かして、買い物だけでなく海を眺めてくつろいだり、漁業体験もできるというプラスアルファがたっぷりのところなのです。神戸の中心地からも近くて便利。さあ、友達同士や家族で、楽しい休日を過ごしに行きましょう。

風光明媚な地 マリンピア神戸

風光明媚な地 マリンピア神戸

写真:万葉 りえ

地図を見る

明石海峡を望む広々とした景色。この写真は神戸にある「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」の海側のほうから撮影したものなんですよ。

1894年に有栖川熾仁親王が建てられた別邸が前身となった、ホテル「舞子ビラ」も近くにあります。このホテルもテレビの撮影などに使われており、風光明媚な点は折り紙付き。

そして明石海峡大橋は世界最長のつり橋。神戸は真珠の取引でも世界的に有名な街なので、夜間はライトアップで美しいこの橋に「パールブリッジ」という愛称も付けられています。
この眺めと橋の大きさを体感すれば、このアウトレットパークが「マリンピア」と名付けられているのも納得できると思います。

そんなアウトレットパークへは、JRもしくは山陽電車の垂水駅から徒歩10分。土・日・祝日は、垂水駅から無料シャトルバスもあり便利です。

おしゃれな 神戸ブランド

おしゃれな 神戸ブランド

写真:万葉 りえ

地図を見る

アウトレットパークの敷地に入れば、オリーブが風に揺れ、白い壁の建物が広い敷地に点在し、ちょっとおしゃれな雰囲気。このアウトレットパークでも、衣類から日用品まで、国内外の様々な有名ブランドが出店しています。

神戸はファッションにも力を入れている街。高級なものから比較的リーズナブルなものまで、メンズ・レディス・チャイルドと数多くのブランドを展開しているファッションメーカー「ワールド」も、神戸が本社だと知っていましたか。そのワールドのブランドを集めた売り場もこのアウトレットパークにはあって、一か所でたくさんのブランドから選べるのもうれしいところ。

そして「京都は着倒れ 大阪は食い倒れ 神戸は履き倒れ」と言われているように、神戸は靴の生産も盛んな地。百貨店に出している神戸の靴メーカーのお店もここにはありますよ。

遊べる 船の広場

遊べる 船の広場

写真:万葉 りえ

地図を見る

生活していく上で必要な買い物だとしても、子どもにとっては買い物がつまらないということもよくありますよね。そんな場合は船の広場でちょっと息抜きしませんか。
子供が遊べる帆船は、大きな旗をひるがえして、子供の好奇心をくすぐってくれます。夢中で遊んでいる姿はほほえましいし、のちに振り返って考えれば、すぐに大きくなってしまう子供たちの姿を見守っていた時間って貴重かもしれません。

広々 おさかな広場

広々 おさかな広場

写真:万葉 りえ

地図を見る

カジュアルな飲食店からレストランまで入っている「シーポート レストランツ」をぬけると、「おさかな広場」の向こうには「神戸フィッシャリーナ」が広がります。こんな大きなアウトレットモールのすぐ近くに、たくさんの船が停泊しているヨットハーバーがあるんですよ。
おさかな広場では、海を眺めたり、子供たちが遊んでいたり、人々は思いおもいにくつろいだ様子で過ごしています。

ここへ来たら、是非、防波堤のほうまで足を向けてくださいね。明石海峡大橋の眺めが、ぐっと迫ってきます。そして振り返った景色は、白いヨットが並んでいる向こうに南欧風の建物が望めて、どこか海外の港へ来たように感じられるかもしれません。

楽しい体験 「さかなの学校」

楽しい体験 「さかなの学校」

写真:万葉 りえ

地図を見る

「おさかな広場」からヨットハーバーに向かって左手に「さかなの学校」があります。正式な名称は「神戸市立水産体験学習館」で、入館は無料。神戸を中心とした漁業を紹介して、漁業に親しんでもらうのを目的として運営されています。

中に入ると、神戸の海にすむ魚たちが円形水槽で出迎えてくれます。垂水沖は鯛やタコの豊富な漁場で、漁業が盛ん。そして、瀬戸内海は海苔の養殖も盛んなので、神戸の海苔の生産量もとても高いのです。
ですから、ここでは土、日、祝日になると、季節によって「乾のりづくり体験」や「塩づくり体験」ができるのです。自分で作った乾のりや塩なんて、ほかにはないお土産。子供も大人も、気軽に楽しめるのがいいですね。

体験するだけでなく、帰宅して海苔や塩をいただくときにも、旅の想い出が蘇って楽しませてくれることでしょう。

おわりに

神戸のアウトレットパークは、買い物以外にも魅力があれこれあることをお分かりいただけましたでしょうか。
「さかなの学校」では、季節によってほかの体験もできるので、神戸への旅を予定したら、ぜひホームページなどをチェックしてみてくださいね。
楽しい体験が、あなたの旅をますます思い出深いものにしてくれることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -