サーモン料理は必食!ヘルシンキ「カウッパトリマーケット」

| フィンランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サーモン料理は必食!ヘルシンキ「カウッパトリマーケット」

サーモン料理は必食!ヘルシンキ「カウッパトリマーケット」

更新日:2015/05/12 13:22

フィンランドのヘルシンキは、北欧のみならず日本からも多く観光客が訪れる街です。今回は、そんなヘルシンキの観光地スポットとしても人気の場所「カウッパトリマーケット」をご紹介しましょう。
ヘルシンキは小さく可愛い街、その街にかかせない「カウッパトリマーケット」は、食事にお土産探しにと、ただ見て回るだけでも楽しめる場所。おすすめです。

カウッパトリマーケット

カウッパトリマーケット
地図を見る

ヴァンター空港からバスで30分ほどでセントラルステーションへ(ヘルシンキの市街地中心です)。そこから歩くこと5分、周りにはヘルシンキ大学や大聖堂、そしてお洒落なカフェやレストランにショップが建ち並ぶ可愛い街を見ることができます。カモメが飛び交っているな?と思ったら港はもうすぐ。オレンジ色のテントがたくさん見えてきたそこがカウッパトリマーケットです。観光客はもちろん、地元の人が集う場所です。

船で魚を売るおばちゃん

船で魚を売るおばちゃん
地図を見る

フィンランドと言えばサーモンでしょ。
客船やボートなどが停まるベイサイドに1隻様子の違う船、小船の一角にはお魚を売るおばちゃんが。生の大きなサーモンの切り身を売っています。町のお魚屋さんで買うサーモンよりはるかに安く、そして新鮮そのもの。お昼前には地元の人の行列ができて大繁盛です。日本で見るサーモンよりもはるかに大きいので驚くことでしょう。さすが北欧サイズ!

サーモンフライを召し上がれ

サーモンフライを召し上がれ
地図を見る

フィンランドを訪れたら食べたいのがサーモン料理。市街地のレストランでも食べられますが、「カウッパトリマーケット」で食べるのがオススメです!
目の前の海や船を見ながら、大きなサーモンに舌鼓。そして安い。ワンプレートにサーモンフライ・ポテト・サラダで11ユーロ(市街地のレストランだとこの倍はしますよ)。脂の乗ったサーモンは、バターやタルタルソースとの相性がグットです。海風を受けながらサーモンフライを食べるのはココでしかできないこと。

お土産もココで

お土産もココで
地図を見る

フィンランドのお土産ってなんだろうと困ったらココ。空港でなんて言わずに、マーケットでのお土産探しがオススメです。シベリアンハスキーやクマのぬいぐるみは、フィンランド土産の定番中の定番です。また、寒い国なので帽子やマフラーが充実していて、デザインがとってもキュート。他には、地元の人の手作りのアクセサリーや木彫り製品と、お土産の露店だけでも何種類もあるので見るだけでも楽しいですよ。
市街地のショップや空港よりも値段が手頃なのも魅力的。

船に乗っちゃう?

船に乗っちゃう?
地図を見る

マーケットのすぐそばは湾。この湾からは、何隻もの船が行き交っています。湾をクルーズする客船や、フィンランドの世界遺産スオメンリンナの要塞への観光船も出ています。どれも数時間の日帰りで十分楽しめます(地元の人にとってはハイキング程度の距離なので)。マーケットでお土産や食事を楽しむもよし、船に乗ってみるのもヨシ!

サーモンスープは必須で!

「カウッパトリマーケット」は月〜土の朝6時から開いています(日曜日は一部)。朝早く到着してしまったら、お腹が減るまでの間に、サーモンスープを飲むのがオススメです。サーモンの身とホクホクのジャガイモがギッシリ入った、マイルドなスープが温まりますし、これが美味しいのです!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -