時代を飾る名車!浜松「スズキ歴史館」で自動車&2輪車の歴史を探訪

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

時代を飾る名車!浜松「スズキ歴史館」で自動車&2輪車の歴史を探訪

時代を飾る名車!浜松「スズキ歴史館」で自動車&2輪車の歴史を探訪

更新日:2015/05/25 11:08

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 孤高のアウトドアライター、ネイチャーカメラマン

静岡県浜松市にある「スズキ歴史館」は、織機メーカーとして設立し、高度経済成長期を辿りバブル時代を駆け抜けてきた「スズキ株式会社」の歴史を探訪できるところ。昭和の香りのする往年の名車も展示!日本が誇る自動車製造技術の高さも分かりやすく解説されているので、カーマニアでなくても大人には懐かしさが、お子さんにも十分楽しめるおすすめスポットです。

スズキ株式会社(SUZUKI)は織機メーカーとして「価値ある製品」を生み出してきた

スズキ株式会社(SUZUKI)は織機メーカーとして「価値ある製品」を生み出してきた

写真:佐久田 隆司

地図を見る

現在のスズキ株式会社は、自動車や2輪車などの製造を主体としていますが、もともとは織機(織物を製造する機械)メーカーとして設立された歴史があります。「スズキ歴史館」はスズキ株式会社のこれまでを分かりやすく紹介しているところで、当時の織機も稼働状態で保存しています。この製造機械の技術レベルの高さが「価値ある製品」を生み出し、これが現在の車造りにも反映され世界的に高い評価を受ける原点になっています。

今や世界で評価される「SUZUKI」の、開発、生産レベル

動画:佐久田 隆司

地図を見る

スズキ歴史館ではブースが大きく2つに分かれています。スズキ株式会社がたどってきた歴史を分かりやすく、展示、解説した3Fコーナーと、最先端の、車両製造、開発を解説する2Fブースがあります。2Fでは製造工程を3Dシアターで映画鑑賞もでき、体感型歴史テーマパークとしての内容充実度はとても高く、まるで工場見学したようなわかりやすさを誰もが感じられるでしょう。

※動画にはスズキ歴史館の様子が収められています。

往年の2輪の名車も稼働状態で保存展示

往年の2輪の名車も稼働状態で保存展示

写真:佐久田 隆司

地図を見る

スズキ歴史館で展示される2輪車も稼働状態で保存されています。かつての名車もきれいな状態で展示されていて、希少価値のある車両を間近に見れば、時代背景と共に培われてきたスズキ株式会社の製造レベルの高さを知ることができます。1974年に製造が始まり、日本ではスズキ株式会社だけが販売できたロータリーエンジン車なども展示されています。

※写真は国産で唯一販売したロータリーエンジン車RE-5(輸出車としてのみ販売)

昭和を象徴する懐かしい自動車展示も

昭和を象徴する懐かしい自動車展示も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

現在のスズキ株式会社は、軽自動車のジャンルで大きなシェアをとる成長を成し遂げました。その原点となる昭和時代の車も、稼働状態で展示保存されています。手造りで製造された箇所が多い車両の緩やかなボディラインを見れば、当時の職人さんの技術レベルがいかに高かったかを感じられるでしょう。特に小型車を中心に製造販売してきた歴史が、今の軽自動車業界でのアドバンテージを握っているのです。

※写真は スズライト

製造機械を操作するたのしさや、浜松を知るブースも

製造機械を操作するたのしさや、浜松を知るブースも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

スズキ歴史館の3Fには、実際の製造機械をシミュレーションして動かすことができる体験ブースがあります。指定したところへパーツを的確に運ぶ姿を見れば、製造機械の進化を実感できるでしょう。

また浜松は航空自衛隊発祥の地であることから、航空自衛隊浜松基地の活動紹介とともに、フライトシミュレーターも用意され誰もが模擬フライトができます。さらに浜松地域(遠州)を知るための展示もさまざまされています。

※写真は実際に動かせる製造機械

大人も子供も楽しめる内容充実度

スズキ歴史館は展示するだけでなく、体験できるブースもたくさん設けられています。大人は懐かしく、子供は最新の技術に驚きを見るでしょう。日本の経済成長を後押ししたモノづくりが目にでき、実車にまたがって記念撮影ができる用意があるなど、楽しみと興味が湧きあがるのは間違いありません。車、2輪車が好きな方なら時間を忘れてしまう、是非とも訪れたいスポットでしょう。

※スズキ歴史館はすべて予約制です。入場無料

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -