自然と歴史を優雅に満喫!スロベニアのコバリドは「武器よさらば」の舞台

| スロベニア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

自然と歴史を優雅に満喫!スロベニアのコバリドは「武器よさらば」の舞台

自然と歴史を優雅に満喫!スロベニアのコバリドは「武器よさらば」の舞台

更新日:2015/05/21 14:41

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

イタリアとの国境に近い所に位置するスロベニアのコバリドでは、第一次世界大戦で多くの攻防戦が繰り広げられ、その結果、多くの犠牲者、甚大な被害が出た様子をヘミングウェイは小説「武器よさらば」に描いています。

今では激戦地であったことが信じられないほど、静かで平和な佇まいを見せるコバリド。美しいユリアンアルプスの山並みに乳白色の緑色したソチャ川。豊かな自然美の中でレジャーも満喫できるコバリドの様子をご紹介します。

静かな佇まいを見せているコバリドは自然がいっぱい!

静かな佇まいを見せているコバリドは自然がいっぱい!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

スロベニアは、スイスやオーストリアとはアルプスの反対側にあり、山塊風景がユリアンアルプスと呼ばれている風光明媚な国です。アドリア海に注ぎ込むソチャ川の流域にあり、首都のリュブリャーナからバスで3時間半のイタリア国境近くにひっそりと存在しているのがコバリドの町です。町並みは花で飾られた民家や通りが続き、10分も歩けば周囲は緑豊かな田園風景が広がっています。

さらにその外側にはユリアンアルプスの山々が取り囲み、かつては30万人もの死傷者が出た激戦地であったとは信じられないほど長閑でもの静かな姿を見せています。

町の中心地から始まり背後の山道へと続く歴史の道を辿り、ソチャ川でのアクティビティも楽しめ、レジャーの起点にもなる町です。
ホテル自体は町の中心地に1軒だけですが、民宿のような宿泊施設は数が多いので、ぜひここで滞在して、ゆっくり自然の中で過ごしてください。

歴史と自然美を同時に楽しめる「コバリド歴史の道」

歴史と自然美を同時に楽しめる「コバリド歴史の道」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

コバリドの中心地スヴォボデ広場から始まる「歴史の道」、聖書の場面を表すモニュメントが点々と続く山道を上って行きましょう。

途中から見下ろす町並みと周囲の長閑な眺めは、上るにつれてよくなり、そのうちに巨大な八角形の建物に辿り着きます。これが聖アントニウス教会で、教会を取り巻くアーチのある石壁には全面に犠牲となった兵士の名前が刻まれています。その向かいにはイタリア軍の戦死者の納骨堂があり、3つの十字架もたっています。これらは12次にわたってイタリアとオーストリアにより繰り広げられた攻防戦の最後の戦いである「カポレットの戦い」で犠牲になった兵士に捧げられたものです。

さらに山道を北に向かうとトノツォフ城が見えてきます。青銅器時代から5世紀末まで使われていたお城で、今はほとんど土台しか残っていません。が、お城からの山並みと遠くに見える町並みの眺めはとても素晴らしいので、ぜひここで一休みしてくださいね。

洞窟の奥にひっそり息を潜めているコジャックの滝!

洞窟の奥にひっそり息を潜めているコジャックの滝!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

トノツォフ城から眺めを堪能したら、今度は下りの山道を東へ向かいましょう。すぐに、下の方から水の流れる音が聞こえ始め、ソチャ川が見えてきます。その色合いの美しいこと!緑の山の中を乳白色がかったエメラルドグリーンの一筋の川が流れているのです。

川に架かる小さな木造の吊り橋を越え、奥に延びる山道を進みましょう。そして続く洞窟の奥に入ると、目的のコジャックの滝が姿を現します。

洞窟の奥に今も枯れることなく流れ続けるコジャックの滝!大きな岩の間からエメラルドグリーンの澄み切った滝壺に白く流れ落ちる一筋の滝は高さ15メートル。その神秘的な美しい姿からは、ここで悲惨な戦いが繰り広げられたなんて全く考えられないほど平和そのものです。

滝の手前には戦いが行われた時の塹壕跡も残っており、足を踏み入れると、しばし戦時中にタイムスリップしたような錯覚さえ覚えます。

ナポレオン軍がイタリア遠征で通った橋、ナポレオン橋

ナポレオン軍がイタリア遠征で通った橋、ナポレオン橋

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ソチャ川に沿って南下してくると、キャンプ場となっている広い草原に出ます。途中にはミツバチ農家が色とりどりのミツバチ用の箱を設置している場所があり、お花が絨毯のように咲き誇る場所もあります。

やがて、川の上に架かるコンクリート製の橋に辿り着きます。第一次イタリア遠征の時にオーストリア軍を追ってナポレオン軍がここを通ったことから、ナポレオン橋と呼ばれているのです。
もっとも、今残っているのは再建されたもので、元の橋は第一次世界大戦で破壊されています。

この橋から眺めるソチャ川とユリアンアルプスの山々!とても美しい光景です。

ソチャ川で楽しめるレジャーの数々!

ソチャ川で楽しめるレジャーの数々!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

川沿いにはキャンプ場がいくつか開かれているソチャ川では、ラフティングやカヌー、キャニオニングなどが楽しめるようになっています。

川の中に大きな岩がごろごろ、その岩を避けながら、カヌーやゴムボートをうまく操って、川を下っていくのは迫力があり、夢中になってしまうに違いありません。もちろん、川で泳いだり岩の上から飛び込んだり。。。人それぞれの楽しみ方がありますので、皆さんもお好みのスタイルで挑戦してみてください。

最後に

スロベニアの魅力は、自然の美しさそのものです。過去には常に外部からの圧制者に支配され続け、苦しみ続けた歴史があるものの、特にこのコバリドではユリアンアルプスの美しさを誇りとしながら、その歴史を大切に今に伝えている所です。

周囲を長閑な緑に囲まれ、美しい山と川の組み合わせが魅力のコバリドの風景!皆さんもどうぞこの自然美に浸ってください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/07/30−2011/08/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -