濃〜い成分たっぷり湯泥パック♪奥塩原新湯温泉「湯荘白樺」

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

濃〜い成分たっぷり湯泥パック♪奥塩原新湯温泉「湯荘白樺」

濃〜い成分たっぷり湯泥パック♪奥塩原新湯温泉「湯荘白樺」

更新日:2015/05/29 17:43

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

素晴らしき温泉文化を持つ日本国内の温泉地は、現在約3200ヶ所ほどとなります。その中でも、温泉成分をたっぷり含んだ泥パックのできる温泉は数少ない。今回紹介する奥塩原新湯(あらゆ)温泉の「湯荘白樺」は、源泉から採取した湯泥を好きなだけ全身パックできる温泉のひとつです。こちらの湯泥パックは、身体の気になるところに塗って3分放置して洗い流すだけ。美肌効果も期待できるから女子にもうれしい温泉です。

クリーミーな乳白色の湯が自慢の宿「湯荘白樺」

クリーミーな乳白色の湯が自慢の宿「湯荘白樺」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

奥塩原新湯温泉は、塩原十一湯のひとつとして古くから親しまれてきました。塩原温泉郷の中で一番標高の高い場所にあり、「湯荘白樺」のすぐ裏手には、源泉が湧き出る硫黄山があります。そこから湧き出た天然温泉をそのまま湯船に引き込んでいるので鮮度抜群の湯あみが堪能できる宿です。

源泉は透明ですが、空気に触れると乳白色のにごり湯に変化します。こちらの泉質は、酸性の硫黄泉となります。血の巡りを良くして、身体の老廃物を排出する効果が期待できます。木のぬくもりが優しい内湯の檜風呂は、小さいながらのんびり気持ちよく入浴できます。でも、湯あたりしやすい泉質でもあるので、長湯は禁物ですよ。

【温泉情報】
泉質:硫黄泉 ph:2.6(酸性)
泉度:79.2度
湯船:男女別の内湯各1/混浴の露天風呂1
※混浴露天風呂の脱衣所は男女別、女性専用時間有、タオルを巻いて入浴可。

塩原温泉でココだけ!!成分たっぷり含んだ湯泥

塩原温泉でココだけ!!成分たっぷり含んだ湯泥

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

成分の濃い新鮮な天然温泉だけでなく、この宿の名物が、温泉成分をたっぷり含んだ湯泥です。内湯の洗い場に、バケツ山盛りの湯泥が置いてあります。湯船で身体を充分温めてから、身体の悪いところに塗って3分間放置してから洗い流しましょう。温泉成分が浸透して悪いところの痛み等が和らぐと言われています。

どうして、湯泥があるのか?源泉を管理する特権としてタンクに溜まった泥を採取して、お客様に提供しているそうです。本来の湯泥はもう少し粘着性があるのですが、塗りやすいように温泉を少し混ぜているそうです。

刺激が少ないので顔パックも!!キメが整う美肌パック♪

刺激が少ないので顔パックも!!キメが整う美肌パック♪

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

こちらの湯泥は、刺激が少ないので全身に塗って使用することができます。もちろん顔パックもできます。お肌が弱い方は、腕や足の内側のやわらかい箇所で試してみて、大丈夫そうなら顔パックも試してみることをおすすめします。

湯泥を塗ってからしばらくすると、表面が乾いてくるので、その時が洗い流すタイミングです。洗い流した後の感触は、洗顔した後のようなキメがシャキっと整った感覚です。硫黄泉の古い角質を取り除く効果と血の巡りがよくなる効果、そして酸性の引き締め効果と言えます。

こちらの源泉から汲み出した湯泥は、入浴中は使い放題です。その効能が気に入っったら1瓶千円でフロントで購入することもできます。

天然泥パックでスキンケアと疲労回復

大地の贈り物と言える温泉。その成分をたっぷり含んだ湯泥パックでお肌がツルツルになったり、痛みが和らぐなんて不思議ですよね。全国的にも数少ない、天然泥パックを塩原温泉郷で体験してみませんか。

【湯泥パック利用時の注意】
1、湯泥には、微細粒の砂も含まれています。顔に塗る際は、目の周りを避けて塗るようにしましょう。洗い流す時も、砂が目に入らないように注意してくださいね。
2、湯泥パック後は、よく洗い流しましょう。肌に湯泥が残ったままになると、かゆくなる場合があります。
3、湯泥パックしながら湯船には入浴できません。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ