横浜のお洒落ホテル!桜木町駅6分「ホテル エディット横濱」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

横浜のお洒落ホテル!桜木町駅6分「ホテル エディット横濱」

横浜のお洒落ホテル!桜木町駅6分「ホテル エディット横濱」

更新日:2015/08/14 11:00

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

海から近く、お洒落なカフェや夜景スポットが点在する観光スポット、横浜市桜木町みなとみらい界隈。ロマンチックな夜景を見下ろすデートスポットとしてもカップルのあいだで人気です。
2015年4月1日、桜木町から徒歩6分の場所に「ホテル エディット横濱」がオープンしました。横浜らしいレストラン&バー、ライブラリーなど共用部が大充実。客室も洗練され個性的!お洒落に、みらとみらいを楽しみたい人にぴったりです。

ライフスタイルを自由に編集する最新のホテル

ライフスタイルを自由に編集する最新のホテル

写真:安藤 美紀

地図を見る

「ホテル エディット横濱」は、お洒落で洗練されたライフスタイル型ホテル。
横浜市の中心地 桜木町駅や馬車道駅から徒歩5分、みなとみらいエリアも楽しめる好立地にオープンしました。足を伸ばせば、横浜を代表する夜景スポット 横浜ランドマークタワーや、よこはまコスモワールドなど遊べる場所がたくさん!

ホテルのフロントは、白を基調にしたシンプルな作り。ここには“白紙のキャンパスのように、自由にデザインしてください”というメッセージが込められているそう。「ホテル エディット横濱」は、好奇心をくすぐるお洒落な空間が広がっています。

「ホテル エディット横濱」のコンセプトは、自分らしい旅を編集(エディット)すること。つまり、コンセプトがそのままホテルの名前になりました。

注目なのは、ホテルの構造。1階〜4階までがホテル、5階〜14階は分譲マンションになっていて、実際に暮らしている人がいます。そのため「ホテル エディット横濱」で大切にしているのは、全ての人が心地よく快適に過ごせること。横浜で暮らす人、旅で訪れる人にとって、使いやすいよう設計されているのです。

あったらいいな…がいっぱい!お洒落で便利な1F共有スペース

あったらいいな…がいっぱい!お洒落で便利な1F共有スペース

写真:安藤 美紀

地図を見る

ホテルの顔ともいえるホテルラウンジには、「ホテル エディット横濱」らしいお洒落な仕掛けがいくつか用意されています。

ずらりと並んだお洒落なソファ席には、ガラスの屋根が。これは“オーバースイングドア”と呼ばれ、倉庫のスケールを再現したものだそう。横幅4.6m高さ2.4mの大きな建具ですが、このドアを下ろせば、ラウンジの奥にある会議室を個室にすることができます。

会議室には“食・思想・放浪・芸術・生活”をテーマにした、旅や暮らしのヒントになる本が本棚にずらりと並んでいて、本を楽しむライブラリーとしても自由に使うことができるんですよ。何か良いアイデアを出したい時や、集中したい時に使える便利なスポット。wifi対応・コンセントも使えるので、仕事をしたい人にとって、まさに“こんな環境が欲しかった”という場所になってくれるはず。

この他にも、共有部には2M×2M×2Mの移動可能なモバイルブース、歯ブラシや爪切りなどお洒落な旅行関連のグッズを扱っているトラベルショップ、お酒が飲めるレストラン&バーまで取り入れられています。このように共用部を充実させることで、ビジネスマンや横浜観光をする人を中心に、人気が広がってきています。

横浜らしい“マリンテイスト”を取り入れた個性的な客室

横浜らしい“マリンテイスト”を取り入れた個性的な客室

写真:安藤 美紀

地図を見る

「ホテル エディット横濱」のデザインコンセプトは、横浜らしさを表現すること。倉庫・レンガ・海という横浜らしい3つのキーワードが、様々な場所に取り入れられています。

「ホテル エディット横濱」で一番グレードが高い客室が、こちらのコーナーツインタイプ。大きな窓からは陽射しがたっぷり入り、明るくて居心地がいい空間になっています。

壁の一部には、赤レンガを現代風にアレンジした白色のタイルを貼っていたり、海をイメージした青色の絨毯を床に敷くなど、横浜っぽさをモダンに演出。窓が多い部屋を好む外国人や、お洒落を気にする女性がワクワクする客室です。

さらにこの部屋のみ、バスルームでは音楽を楽しめる仕掛けも。他の部屋にはない特別感が演出されています。客室はすべて無料WiFi対応。PC作業しやすいようコンセントが多いのも嬉しい配慮です。

これだけ綺麗でお洒落な客室ですが、お値段は約1部屋20,000円前後。2人で使えば、1人10,000円前後に!お値段以上の価値を感じられること間違いなしです。

<コーナーツイン>
■広さ 27.3平米
■料金の目安 1部屋20,000円前後(1人10,000円前後)※曜日やシーズンによって変わります。

使いやすいシングルルーム

使いやすいシングルルーム

写真:安藤 美紀

地図を見る

平日はビジネスの利用者が、休日は観光客でにぎわう「ホテル エディット横濱」。出張でや一人旅などで利用する機会が多い、一般的なシングルルームについてもみていきましょう。

シングルルームは、他のビジネスホテルと同様にコンパクトさはありますが、壁や天井を白にしたり、吹き抜けに面する窓際に水回りを配置することで、圧迫感をなくしています。

また、ベッドボードをソファと同じ素材にすることで、ソファ感覚でベッドを使えるという工夫もされています。ベッドボードの上部にコンセントも設置。ベッドボードの厚みがあるので、ここがミニテーブル代わりに。携帯やタブレットをベッドの上に置いたまま充電できて、とっても便利です!

<スタンダードシングル>
■広さ 14.8平米
■料金の目安 1部屋5,000円前後(1人5,000円前後)※曜日やシーズンによって変わります。

ランチからディナーまで。ボトルキープできるレストラン&デリも併設

ランチからディナーまで。ボトルキープできるレストラン&デリも併設

写真:安藤 美紀

地図を見る

1F共用部にあるレストラン&デリ『RAGOUT AND WHISKY HOUSE』は、外の通りに面した場所に作られていて、ホテルの宿泊者だけでなく、誰でも気軽に利用できるようになっています。

普段使いできて、みんなでワイワイ楽しめる“街場のダイニング”をイメージした、というこちらのお店。1,000円前後で楽しめるランチから、夜はボトルキープができるバーとして利用も可能。チャージ料もかかりませんし、お値段も手頃。敷居の高いホテルのレストランとはまた違ったカジュアルさがあります。

ホテルにチェックインした際にもらえるチケットを使えば、こちらのお店のコーヒーが1杯無料で飲むことができます。一般的なホテルの客室に置かれているコーヒーとは違い、本格的なドリップコーヒーが楽しめるのも嬉しいポイントです。

爽やかな香りの演出も!

「ホテル エディット横濱」では、ほのかに香るオリジナルブレンドのアロマミストを空調に入れ、香りのある空間を演出しています。
この香りは、気持ちをリラックスさせるベルガモット、スパイクラベンダーなどが心地良さをもたらし、タイムレモン、スペアミントで爽やかで軽やかな印象を作ってくれるそう。
香りを気にする女性にとっては嬉しいサービスですよね。

ビジネスや旅行のムードを盛り上げてくれる「ホテル エディット横濱」。お洒落な街 横浜を満喫するように、ホテルライフをお洒落で快適なものにしてくれます。

ホテル選びは、旅の善し悪しを決める重要なポイント。
「ホテル エディット横濱」に泊まって、横浜の思い出をより楽しいものにしてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -