まるで緑のビロード!熊本・阿蘇で絶対見るべき絶景5選

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まるで緑のビロード!熊本・阿蘇で絶対見るべき絶景5選

まるで緑のビロード!熊本・阿蘇で絶対見るべき絶景5選

更新日:2015/06/05 10:00

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

阿蘇を旅行するならレンタカーを借りてドライブするのがおすすめ。道もよく整備されていて走りやすいので、初心者さんやペーパードライバーさんも安全運転を心がければ問題なく楽しめます。阿蘇にはミルクロードやパノラマラインといった素晴らしい景色のドライブルートが整備されています。雲海や緑のビロードのような草千里を見ながら、爽快な旅に出かけましょう!

米塚

米塚

提供元:くまもと写真館

http://kumaphoto.jp/地図を見る

阿蘇パノラマラインをドライブしていると、特徴的な形をした山が見えてきます。円錐型で山頂はくぼんだ不思議な形。このくぼみは火山の噴火の名残。米塚は約3千年前に形成された典型的なスコリア丘なのです。火山というと荒々しいイメージですが、この米塚はどちらかというと「かわいらしい」雰囲気。国内でこれほど均整のとれたものは珍しいほど美しい姿を留めています。国内で見られるスコリア丘は伊豆半島の大室山や兵庫県の神鍋山などがありますが、神鍋山が約2万年前の火山活動でできたことと比べると、地球規模で3千年前というのは、わりと最近の出来事と言えるかもしれません。

斜面を覆う柔らかな草は遠くから見るとまるでビロードのようで、車を停めて撮影する人が多数見られます。

草千里ヶ浜(草千里)

草千里ヶ浜(草千里)

写真:みぃ

地図を見る

阿蘇と言えばこの草千里の風景を思い浮かべる方も多いでしょう。草千里は阿蘇パノラマラインのドライブの中でも最も印象深い景色の一つと言えます。ここは阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳の麓に広がる火口跡が草原となったもの。緑が眩しい草原に馬が放牧され、のんびりとした雄大な景色が楽しめます。
季節や天気、時刻によって、全く違った表情を見せてくれる草千里では、いつ訪れても新たな魅力を再発見できるでしょう。
天候によっては深い濃霧につつまれることもありますので、ドライバーは無理せず霧が収まるのを待ちましょう。前が見えないほどの濃霧でなければ、霧の草千里もしっとりとした空気に包まれて神秘的な様相を見せてくれます。

白川水源

白川水源

写真:みぃ

地図を見る

阿蘇には湧水が多く、南阿蘇にあるこの白川水源はその中でも最も有名なものの一つで、名水百選にも選ばれています。大自然のフィルターでろ過された水が毎分60トンという勢いで湧き出る様子は、眺めれば眺めるほど神秘的。砂が勢い良く吹き上げているのが見てとれます。こんこんと湧き出る水底を不思議そうに眺めている外国人観光客の姿もよく見かけます。

水源までの小道は整備されていますが木々が生い茂り、フィトンチッドたっぷり。水源まで辿り着くと、今度はマイナスイオンがたっぷりでとても癒されます。水源横には水神様が祀られていて、身も心も清々しい気持ちに。

周囲には駐車場がいくつかあり無料で停めれますが、水源を見学するには環境保全協力金として100円の協力金が必要です。

大観峰からの雲海

大観峰からの雲海

提供元:くまもと写真館

http://kumaphoto.jp/地図を見る

阿蘇では雲海が有名で、雲海スポットもいくつかあります。今回は、アクセスも良く雄大な雲海が見られると評判の大観峰をご紹介します。
大観峰は阿蘇の外輪山にあり、内牧温泉や阿蘇神社エリアからも近いので観光客が雲海を楽しむには大変便利な場所です。雲海スポットといえば、朝の暗いうちから慣れない山道を運転して…といった心配がつきものですが、ここはアクセスが良いので比較的楽に雲海が楽しめるスポットです。もし訪れるタイミングが雲海の時期や時間とずれていても、ここは阿蘇エリアから黒川温泉方面へ抜ける時に通る道でもありますので、雄大な景色を楽しむには最適なビュースポットです。内牧温泉には、あか牛丼で有名な「いまきん食堂」もありますので、是非立ち寄ってみてください。

ここからの景色は涅槃像(お釈迦様が仰向けに寝ている姿)に例えられる阿蘇五岳の景観が有名。雲海に浮かぶ涅槃像は神々しく、思わず手を合わせてしまいそうなほど。タイミングがあえば是非一度訪れていただきたい場所です。

阿蘇神社

阿蘇神社

写真:みぃ

地図を見る

阿蘇を訪れたなら必ず立ち寄っていただきたいのが阿蘇神社。肥後国一の宮で、パワースポットとしても有名です。阿蘇神社は全国的にも珍しい横参道の神社としても知られています。横参道から鳥居越しに望む阿蘇の山並みは雄大です。

阿蘇神社の門前町にも沢山の湧水があり、「水基(みずき)めぐり」ができます。参道から続く門前町通りには全部で14の水基があり、一つ一つ巡っていくと結構な時間になりますが、近場を4つ〜5つ巡るだけでも良い思い出になります。通りには湧水を使用した水出しコーヒーのお店などもありますので、阿蘇の美味しいお水でコーヒータイムを楽しむのもいいですね。阿蘇神社周辺は、阿蘇の美味しい水やフレッシュなミルクを使用したスイーツが楽しめるイベント「阿蘇deスイーツめぐり」の「一の宮エリア」ですので、色んな種類のスイーツを食べてみたい方は、スイーツめぐりのチケットを利用されるとお得です。購入方法や参加店舗等は下の「MEMO」欄で最新情報をご確認ください。

ビロードを見るなら初夏から夏がおすすめ

ビロードのような緑を見るなら、初夏から夏に訪れると良いでしょう。この季節は風も心地いいので、車のエアコンはオフにして、窓を開けて風を感じながらドライブしてみましょう。夏でも山の上は涼しいですが、紫外線は強いので対策はお忘れなく。
雲海を見るなら、晩秋がおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/06−2014/06/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ