南国・屋久島の魅力が勢ぞろい!「蛇之口滝ハイキングコース」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

南国・屋久島の魅力が勢ぞろい!「蛇之口滝ハイキングコース」

南国・屋久島の魅力が勢ぞろい!「蛇之口滝ハイキングコース」

更新日:2016/04/11 10:36

LUIのプロフィール写真 LUI アマチュア写真家

屋久島の蛇之口滝ハイキングコースは、島の南部にある、圧倒的なスケール感が魅力の蛇之口滝を目指すコースです。
このコースは屋久島の南国らしさや、自然のエネルギーを間近に真正面から感じることができる、ガイドツアーでも企画される人気コースの一つです。
今回は、そんな蛇之口滝ハイキングコースの魅力をご紹介します。

島の歴史と気候を記す、ジャングルの散策路

島の歴史と気候を記す、ジャングルの散策路

写真:LUI

地図を見る

蛇之口滝ハイキングコースは屋久島の南側にある、尾之間地区の尾之間歩道がスタート地点です。

コースは亜熱帯ジャングルの雰囲気漂う森や、照葉樹林を進んでいきます。
道中ではヘゴ、ビロウ、トベラ、ツワブキ、ヌルデ、ヤマビワ、ツツジといった、多様な植物を見るができます。また、道の前半にはそれぞれの木の説明文もあり、森の木の勉強をしながら進むことができます。

そして、道中には堆積岩の風化した粘土状の道から花崗岩の風化したざらざらな土質へ変わる地点があります。これは屋久島が海中の表層の堆積岩を、下にあった花崗岩が突き破ってできたことに、由来するといわれています。

ベンチに座って苔むす緑に囲まれる!

ベンチに座って苔むす緑に囲まれる!

写真:LUI

地図を見る

蛇之口滝ハイキングコースにも、屋久島でぜひとも見たいもののひとつ、苔むす緑にあふれたところがあります。

このコースでは、ほかの苔むす緑が有名な白谷雲水峡などとは少し違った楽しみ方ができます。ここでは苔むす緑の中に、ベンチが設置されていて、休憩がてら、苔むす風景を座って間近にゆっくりと眺めることができます。

ここは、自分が自然に溶け込んだように感じられる素晴らしいスポットで、記念撮影にもオススメです。

南国の樹・「あこう」の大木!

南国の樹・「あこう」の大木!

写真:LUI

地図を見る

屋久島といえば、縄文杉といった杉の巨樹を、思い出す方も多いと思います。
蛇之口滝ハイキングコースでも、杉の大木ではありませんが、とても大きなあこうの木を見ることができます。

あこうの木は暖かい気候に分布する常緑の高木で、網目のように絡まった幹が特徴の一つです。
鳥によって運ばれた種子が木の上に発芽、着生し、気根を伸ばして着生した木を覆い、枯らすこともあるので絞殺しの木とも言われています。

見上げて感じるその迫力!蛇之口滝

見上げて感じるその迫力!蛇之口滝

写真:LUI

地図を見る

スタートからおよそ3時間、山道をいき、沢を渡り、ゴールの蛇之口滝に辿りつきます。

屋久島はその地形と降水量の多さによって滝が多く存在する島です。
その中でも蛇之口滝は、大川の滝、千尋滝と並ぶ屋久島最大級の滝で、なんと幅約50m、長さ約100mの巨大な一枚岩の岩肌を落ちてくる、スケールの大きい滝です。

間近に、そして真正面でその巨大な一枚岩と対峙すると、自然のエネルギーがどっしりと伝わってきます。

夏場であれば、滝つぼで泳ぐこともできるので、自然を感じ、涼も取ることもお勧めです。

最後はさっぱり!尾之間(おのあいだ)温泉に入ろう!

最後はさっぱり!尾之間(おのあいだ)温泉に入ろう!

写真:LUI

地図を見る

屋久島は、実は温泉に恵まれた島でもあります。

そして、蛇の口滝ハイキングコースは、私たちが登山後には温泉に入りたくなる、その気持ちを察するかのような場所なのです。
なんと!コース入口すぐそばに、尾之間温泉という島民もよく使う町の温泉がある、至れり尽くせりなコースなのです。

共同浴場なので、こじんまりとした造りですが、温泉自体は本格的で、岩風呂の浴槽の足元からお湯が湧き出します。
温度は結構熱めで泉質は単純硫黄泉です。

おわりに

蛇之口滝ハイキングコースは途中に沢を渡る箇所があり、急な増水による危険があるので、天候には十分注意してください。
また、木道などで分かりやすく整備されたルートではないので、ガイドをつけるか、または登山テープを忠実に辿るなどして、道に迷わないようにも注意してください。

自分の身の安全と、登山マナーを守り、蛇之口滝ハイキングコースを存分に楽しんでください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ