京阪神近郊で無料で遊べる穴場スポット!兵庫・有馬富士公園へ行こう

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

京阪神近郊で無料で遊べる穴場スポット!兵庫・有馬富士公園へ行こう

京阪神近郊で無料で遊べる穴場スポット!兵庫・有馬富士公園へ行こう

更新日:2015/05/25 12:43

兵庫県三田市にある有馬富士公園。
阪神間のレクリエーション需要に応えるためつくられたこの公園は、山、森、池、そして日本の里山の風景を心ゆくまで堪能できる癒しのスポット。巨大遊具もあり、子どもにも大人気です。
その公園面積は、兵庫県下最大。更に全ての施設が入場無料というから驚きです。手ぶらでやってきて、丸一日家族で遊べる……今回は、そんな有馬富士公園の魅力をたっぷりご紹介いたします。

広すぎて迷ってしまいそう!東京ドーム38個分の敷地に野山の魅力が一杯!

広すぎて迷ってしまいそう!東京ドーム38個分の敷地に野山の魅力が一杯!
地図を見る

有馬富士公園でまず驚くのがその広さです。徒歩による散策を前提とした公園にしては、あまりに広く、その面積は178.2ha(東京ドーム、約38個分)。
ちなみにこれは現在開園している部分の面積で、今後の計画では416.3ha(東京ドーム、約89個分)まで広げるとのことです。
なので、この公園を散策しようと思ったら、地図は必須アイテム!公園入口にあるパークセンターにて無料で手に入れることができます。

疲れた体と心をリフレッシュ!公園内にある散策路は極上の癒しエリア

疲れた体と心をリフレッシュ!公園内にある散策路は極上の癒しエリア
地図を見る

有馬富士公園には、多くの散策路と、「生態園」と呼ばれる植物の見本園があります。どこも歩きやすく整備されていて、ベビーカーを押しながらでも移動できるほど。
林の中をゆっくりと歩けば、心身ともにリラックスすること間違いなしです。
特におすすめなのは、「鳥の道」という林の中の散策路。公園内に住む多くの鳥たちのさえずりを聴きながら、木々の隙間から差し込む柔らかい日差しに包まれる……そんな極上の時間が味わえます。

ほっ、とする里山の風景。茅葺民家と棚田は公園のハイライト

ほっ、とする里山の風景。茅葺民家と棚田は公園のハイライト
地図を見る

有馬富士公園の中央にある福島大池。この北に位置するのが公園のハイライトともいえる、茅葺民家と、棚田です。
住んだことはなくても、どこか懐かしさを覚える茅葺民家。実際に中に入ることができます。民家の前には水車の水音を聞きながら、縁側に座ってのんびりとする、そんな昼下がりを過ごしてみてはいかがでしょうか?

棚田も必見。早苗から稲穂まで、四季折々の姿をみることができるだけでなく、実際に田植え体験などにも参加できます。

子どもたちが夢中!巨大な遊具が目白押しの「あそびの王国」

子どもたちが夢中!巨大な遊具が目白押しの「あそびの王国」
地図を見る

公園の南に位置する「あそびの王国」。ここは、三田市に伝わる民話をもとにつくられた小さなテーマパークです。
鬼の子どもをイメージした巨大な滑り台を中心に、吊り橋やジャングルジム、芝生広場などが広がります。家族連れが多く、テントを持ち込んで、のんびりする方々もいらっしゃいます。大きな滑り台だけでなく、赤ちゃんや幼児でも遊べるような、小さなものも別に用意されており、いつも子どもたちでにぎわっています。

三田の自然を遊びながら学べる!「キッピー山のラボ」

三田の自然を遊びながら学べる!「キッピー山のラボ」
地図を見る

屋外で体を動かすことが中心になりがちな有馬富士公園ですが、三田市有馬富士自然学習センター(「キッピー山のラボ」)では、屋内でじっくりと三田市の自然を学ぶことができます。といっても、難しい資料館のような場所ではなく、子どもから大人まで、楽しく遊びながら自然を学べるような工夫がしてあります。巨大なクワガタの模型があったり、展示室と展示室の間が滑り台やトンネルでつながっていたり、広い水槽をカメや魚が泳いでいたり、と飽きさせることがありません。

穴場は、屋上の展望台。有馬富士周辺が一望できるだけでなく、ベンチや机も用意されていて、風に当たりながら休憩をとることができます。
(本文下MEMOに「三田市有馬富士自然学習センター」へのリンクがあります)

おわりに

いかがでしたでしょうか?
有馬富士公園は、JR宝塚線新三田駅からバスで5分、車の場合は、中国自動車道神戸三田ICから車で15分となっております。駐車場は第1〜第3駐車場、更に臨時駐車場もあり、全て含めると800台近くにもなります(もちろん無料です)。空きがないことはまずないので、車で来場する際も安心です。

イベントも多く開催されており、その種類も、歌手がやってきて屋台がでるほどの大きなものから、野山の散策など家族連れをターゲットにしたものまで、多種多様。公園のホームページで特集されていますので、ぜひチェックしてみてください。

仕事に、家事に、子育てに忙しく、たまの休みはリフレッシュしたいと思っている方、そんなときはぜひ有馬富士公園にいらっしゃってください。極上の癒しと和みの時間が、ここで貴方をお待ちしております。
(本文下MEMOに「有馬富士公園」へのリンクがあります)

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ