ゲーテが“生きた絵本”と絶賛!ドイツ「ミッテンヴァルト」はバイエルン珠玉の町

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ゲーテが“生きた絵本”と絶賛!ドイツ「ミッテンヴァルト」はバイエルン珠玉の町

ゲーテが“生きた絵本”と絶賛!ドイツ「ミッテンヴァルト」はバイエルン珠玉の町

更新日:2015/06/02 13:37

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

ドイツのオーバー・バイエルン地方は、山々の美しい風光明媚な地方。昔から沢山の文豪や芸術家を虜にしてきました。そのバイエルンに、美しい小さな町「ミッテンヴァルト」があります。町の後ろには屏風のようにカーヴェンデル山(2385m)が聳え、壁絵の街並みの美しさを、いっそう際立たせています。またこの町は17世紀から続くヴァイオリン製造の町としても有名です。それでは魅力溢れるこの町をご紹介いたします。

美しい壁絵の町・ミッテンヴァルトは、インスブルックからわずか45分!絶景ルートを走る電車でアクセス!

美しい壁絵の町・ミッテンヴァルトは、インスブルックからわずか45分!絶景ルートを走る電車でアクセス!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ミッテンヴァルト(Mittenwald)はオーストリア・チロル州の州都であるインスブルックから北西20kmに位置しています。インスブルックからは電車でわずか45分、しかも、ずっと谷を見下ろして走る絶景ルートを走ります(インスブルックからは進行方向左側の座席に座ってくださいね!)。まるで鳥になったような気分を味わえる素晴らしい車窓です!

ミッテンヴァルトに近づくと、町の背後に屏風のように聳え立つカーヴェンデル山群が見えてきます。駅舎を出るとバーンホフ通りが旧市街まで続いています。この通りも見事な壁画の店が立ち並び、ショッピングが楽しいエリアです。

少し歩いたら、必ず後ろを振り返ってくださいね。カーヴェンデル山群を背景にした駅と、美しい街並みに歓声をあげたくなるはずです!

町のシンボルは「聖ペーター・聖パウル教会」の塔!

町のシンボルは「聖ペーター・聖パウル教会」の塔!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

バーンホフ通りから、そのままホーフ通りに入ると車が入れない旧市街になります。この写真の左の塔がある建物はミッテンバルトの旧市街に建つ「聖ペーター・聖パウル教会」。町のシンボルでもあるこの教会は1740年ごろに建てられました。聖ペーターと聖パウルが描かれた塔は、オーバーバイエルンの中で最も美しい塔と言われています。

建築形式はバロックスタイル。名匠ヨーゼフ・シュムッツァーによって建てられました。教会の内部も美しいフレスコ画で飾られています。夜はライトアップされて、夜の闇に金色に輝いてますます美しいです!

バーンホフ通りや旧市街には、お土産物屋さんや、バイエルンアルプスのハーブや化粧品のお店、スポーツショップ、カッコー時計や木彫りのお店、可愛い雑貨のお店などがたくさん並んでいます。旧市街中ほどの楽器屋さんには、木で作った可愛いカッコー笛も売っていて、とてもきれいな音色!一軒一軒お店をのぞきながらのショッピング、ぜひお気に入りの逸品を探してみてください。

ゲーテが「生きた絵本」と絶賛した壁絵の街並み!カフェでくつろぎながら眺めよう。

ゲーテが「生きた絵本」と絶賛した壁絵の街並み!カフェでくつろぎながら眺めよう。

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ゲーテはイタリア旅行の途中に、ここミッテンヴァルトに立ち寄り“イタリア紀行”の中でその感動を「生きた絵本」と表しました。
まさに、絵本の中のおとぎの国に迷い込んでしまったかのような街並み。カフェには外にもパラソルとテーブルがあるので、ランチやお茶を楽しみながら壁絵ウオッチングがお勧め!ぜひ双眼鏡を持って行って、壁絵のストーリーを想像してみてください!

この写真のカフェ・オーバーマルクト(Obermarkt)の入り口には、このお店のマスコット・大きな藁でできた熊ちゃんカップルがお出迎えをしてくれます。季節季節で洋服が違うので、それもまたお楽しみです。もちろんこちらのお店も、雨が降らなければ、オープンカフェが出ています。

ミッテンヴァルトは、ヴァイオリン制作でも有名な町。ヴァイオリン博物館や工房も!

ミッテンヴァルトは、ヴァイオリン制作でも有名な町。ヴァイオリン博物館や工房も!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ミッテンヴァルトはまた、世界的に有名なヴァイオリン制作の町。その歴史は古く、1684年にマティアス・クロッツがその技術をこの町にもたらしました。マティアスはこの町で生まれ、ストラディバリウスで有名なイタリア・クレモナでヴァイオリン制作を学びました。帰郷後は故郷ミッテンヴァルトでヴァイオリン制作をはじめ、またヴァイオリン制作の学校も始めました。「聖ペーターと聖パウル教会」前の銅像はマティアスの銅像です。

町の中にピンク色の建物の「ヴァイオリン博物館」がありますので、興味のある方はぜひ行ってみてください。工房の様子や貴重なコレクションが多数展示されています。写真は、町の中にある巨大なヴァイオリンのオブジェ!

天気がいい日には、カーヴェンデル(Karwendel)に登ろう!

天気がいい日には、カーヴェンデル(Karwendel)に登ろう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ミッテンヴァルト駅舎の後ろに聳えるカーヴェンデル山群。その山頂近くまでケーブルカーで行くことができます。ケーブルカー乗り場は、線路を渡って駅舎の後ろの高台にあります。乳白色の綺麗な水のイザール川に架かった橋を渡るとロープウェイが見えてきます。乗り場までは木々が茂った道の階段を登りましょう。

ケーブルカーは一気に頂上付近の展望台まで上がります。写真の大きな筒型の望遠鏡のような物は、展望台。床がガラスのように透き通っているので、足の下にも絶景が広がります!高所恐怖症の方は足がすくんでしまいそうですね。でも、バイエルンの山々や湖を一望する眺めは凄い絶景ですので、ぜひ体験してみてください!

また、展望台の横にレストランもありますので。食事やお茶も楽しめます。頂上までハイキングがしたい方は、すり鉢状の地形の地形をぐるりと回って行くことができます。頂上まで行く方は、滑らない靴を履いて行ってくださいね。

おわりに

バイエルンの美しい壁絵の古都ミッテンヴァルトの魅力、お楽しみいただけましたか?この他にもミッテンヴァルト周辺には、数々の見どころが点在しています。

晴れた日のお勧めは、電車で20分ほどでアクセスできるガルミッシュ・パルテンキルヒェン。ここからドイツ最高峰のツークシュピッツェに登れます。

さらに、ガルミッシュからバスに乗れば、さまざまな見どころへアクセスが可能です。壁絵の美しい木彫りの里・オーバーアマガウ。ドイツ観光で絶大なる人気を誇るノイシュヴァンシュタイン城(白鳥城)。世界遺産のヴィース教会などにも行くことができます。また、ミュンヒェンまでも電車2時間弱です。

また、バイエルンと言えば・・・バイエルンビール!実はミッテンバルトには、1808年創業のとても美味しい地ビールの醸造所とレストランもあるのです。ここでしか飲めないビールやバイエルンの郷土料理のレストランもあります。ビール好きにはぜひ訪れてほしい町!

旅の便利情報をMEMOに入れましたので、よかったらお使いください。それではみなさん、すてきな旅を。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/10/25−2012/10/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -