海辺の箱庭!宮古島「イムギャーマリンガーデン」は泳げる絶景スポット!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海辺の箱庭!宮古島「イムギャーマリンガーデン」は泳げる絶景スポット!

海辺の箱庭!宮古島「イムギャーマリンガーデン」は泳げる絶景スポット!

更新日:2019/03/12 14:50

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

宮古島は数々の有名なビーチがありますが、そんな中で個性派ビーチとして紹介したいのが「イムギャーマリンガーデン」。ここは天然の入り江を生かした海浜公園であり、波の穏やかでお子様連れの海水浴にもピッタリ!また手軽な絶景スポットとしてもオススメです。

隠れた人気スポット「イムギャーマリンガーデン」

隠れた人気スポット「イムギャーマリンガーデン」

写真:bow

地図を見る

宮古島の南部にある「イムギャーマリンガーデン」は天然の入り江になっている地形を生かした海浜公園。静かなビーチを囲むような岩山があり、遊歩道や展望スペースもある人気スポットです。

隠れた人気スポット「イムギャーマリンガーデン」

提供元:宮古島観光協会

http://miyako-guide.net/地図を見る

「イムギャーマリンガーデン」は地元では「インギャー」、「友利インギャー」などともいわれており、現地の看板は「インギャーマリンガーデン」と表記されています。ちなみにインギャーは「囲まれた湧き水」という意味。入り江から地下水が湧き出ているためその名がついたそう。

実際に「イムギャーマリンガーデン」で泳いでいると、水が揺らいで見えることがあるのですが、これは比重の違う真水と海水が混ざり合っているときに見える現象なのです。

常に穏やかなビーチは子連れに最適!

常に穏やかなビーチは子連れに最適!

写真:bow

地図を見る

「イムギャーマリンガーデン」の一番の特徴といえば、入り江の中にある静かなビーチ。外海とは隔絶された入り江は、例えるならば天然のプールのようなものであり、宮古島の他のビーチが波で荒れて泳げないような時でも何事もなく泳げる時があるほど。そのため、子連れの海水浴には最適なビーチとされています。

常に穏やかなビーチは子連れに最適!

写真:bow

地図を見る

また、深い場所では水深15m程あり、魚影も濃くて波も静かなのでシュノーケルを楽しむにも最適ともされています。泳ぐならシュノーケルのセットは忘れずに持っていきましょう!

泳ぐだけじゃない、イムギャーマリンガーデンの魅力

泳ぐだけじゃない、イムギャーマリンガーデンの魅力

写真:bow

地図を見る

「イムギャーマリンガーデン」はお手軽に絶景を楽しめる、泳がなくても楽しめるスポットでもあります。静かな入り江を囲む岩山へは散策できる遊歩道が伸びていますので、高さ約30mほどの岩山の頂上付近を目指して散策してみましょう。

泳ぐだけじゃない、イムギャーマリンガーデンの魅力

写真:bow

地図を見る

頑張って遊歩道の階段を頑張ってのぼっていけば、何故か「宮古牛」のオブジェが静かにたたずむ展望台があります。そこからは見事な360度の絶景が!北を見れば箱庭のような入り江が、南を見れば東シナ海と珊瑚礁の感動の光景が広がっています。

泳ぐだけじゃない、イムギャーマリンガーデンの魅力

写真:bow

地図を見る

展望台からの絶景を堪能しよう

展望台からの絶景を堪能しよう

提供元:沖縄観光コンベンションビューロー

http://www.ocvb.or.jp/地図を見る

宮古島らしい白砂のビーチというわけではありませんが、展望台から見る東シナ海は言葉を失うほどの絶景!宮古島でもここが随一だと推す人も多いポイントなのです。

宮古島南岸の特徴的な地形ともされる、起伏の激しい切り立った断崖絶壁と、沖へ広がる珊瑚礁には時間を忘れて見入ってしまう魅力があります。泳ぐ予定がないという方でも、この光景を見るために立ち寄ってみてはどうでしょうか?

展望台からの絶景を堪能しよう

写真:bow

地図を見る

「イムギャーマリンガーデン」はマリンガーデンという名が付いているため、ついつい有料の施設と勘違いしてしまいがち。しかし実際は公共の施設なので、誰でも無料で利用できますよ。泳げるだけでなく絶景も楽しめる「イムギャーマリンガーデン」、宮古島へ行くなら訪れてみてはいかがでしょうか?

イムギャーマリンガーデンの基本情報

住所:沖縄県宮古島市城辺友利605-2
駐車場:あり
アクセス:宮古空港から車で約15分

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -