琵琶湖に映える夕陽に感動!日本の夕陽百選「長浜市湖北町」の見どころとは

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

琵琶湖に映える夕陽に感動!日本の夕陽百選「長浜市湖北町」の見どころとは

琵琶湖に映える夕陽に感動!日本の夕陽百選「長浜市湖北町」の見どころとは

更新日:2015/05/26 15:50

成沢 崇のプロフィール写真 成沢 崇 名古屋仏像研究会 会長、旅ライター

「日本の夕陽百選」というのがあることをご存知でしょうか。これは、NPO法人「日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会」が、夕陽の美しさを観光地の活性化に生かそうと全国200ヶ所の名所の中から100ヶ所に絞って選定したもの。今回ご紹介する長浜市もそのうちの一つに選ばれました。琵琶湖を茜色に染める長浜市湖北町の夕陽を中心に、周辺のオススメスポットをご紹介します。

長浜市湖北町の夕陽を眺めるなら琵琶湖岸道路へドライブ!

長浜市湖北町の夕陽を眺めるなら琵琶湖岸道路へドライブ!

提供元:(公社)びわこビジターズビューロー

http://www.biwako-visitors.jp/bureau/地図を見る

長浜市湖北町の夕陽が「日本の夕陽百選」に選ばれた理由は、何といっても琵琶湖を茜色に染めるこの景色。長浜市の湖岸沿いは四季とりどりの花が咲き、水鳥も多く住む自然豊かな土地。ドライブコースとしても人気の琵琶湖岸道路を走ればこんな素敵な景色に出会えるんです。

特に琵琶湖に浮かぶ竹生島に沈む夕陽は息をのむ美しさ。夕陽百景だけではなく、「深緑 竹生島の沈影」として琵琶湖八景の一つにも数えられているこの景色は豊かな湖岸環境が守られてきた琵琶湖ならではの絶景です。

長浜市湖北町の「湖北みずどりステーション」からは夕陽に染められた水鳥たちも

長浜市湖北町の「湖北みずどりステーション」からは夕陽に染められた水鳥たちも

提供元:(公社)びわこビジターズビューロー

http://www.biwako-visitors.jp/bureau/地図を見る

長浜市湖北町のある北東側の琵琶湖岸は、対岸との距離が広く湖面に照らされる鮮やかな夕陽を眺めることが出来るのが特徴。

夕陽の鑑賞スポットとしてお勧めなのが、水鳥公園や、道の駅「湖北みずどりステーション」の周辺。これらの施設は駐車場が整備されているのはもちろん、四季を通して訪れるさまざまな野鳥を観察することができるのがポイント。
琵琶湖湖岸道路のドライブ途中でも駐車ができ、湖で戯れる水鳥たちを眺めながら夕陽が沈んでいくのを待っていると、次第に水鳥達も茜色に染まっていく幻想的な風景に。

冬の季節は特におすすめで、コハクチョウや国の天然記念物オオヒシクイなどの渡り鳥が遠く北の大地から琵琶湖へとやってきます。

湖北で一日満喫するなら竹生島観光も外せません。

湖北で一日満喫するなら竹生島観光も外せません。

写真:成沢 崇

地図を見る

琵琶湖に瓢箪を寝かせたような形で浮かぶ周囲2キロの竹生島。この島に沈んでいく夕陽を眺めることが出来るのは長浜市湖北町側の琵琶湖岸だけ。この島は実際に上陸できるので、午前中は船で渡ってみるのもお勧め。竹生島へは長浜港から船が出ており島内の宝厳寺や都久夫須麻神社などを散策して回ることが出来ます。

周囲2キロと聞くと小さく感じますが、この島には国宝もあるんです。それは宝厳寺の唐門と都久夫須麻神社の本殿。唐門は豊臣秀吉の大坂城唯一の遺構と伝わっています。長浜港へと戻る船が来るまで80分程ありますが、じっくり散策すると時間が足りないほど見どころは豊富。夕陽を眺めながら、さっきまで自分はあそこに居たのだと感慨に浸るのも旅の魅力ですね。

夕陽の前の腹ごしらえ!道の駅「湖北みずどりステーション」でメニュー豊富な本格和食も

夕陽の前の腹ごしらえ!道の駅「湖北みずどりステーション」でメニュー豊富な本格和食も

写真:成沢 崇

地図を見る

道の駅「湖北みずどりステーション」では、長浜で採れた野菜や米など特産品も充実しており多くの人で賑わう観光スポットの一つとなっています。

中でも人気は、湖魚を使った料理で、郷土料理であるうなぎのじゅんじゅん(うなぎのすき焼きのこと)やこの時期なら小鮎を使用した季節の天麩羅などメニューも豊富。

この道の駅から湖岸道路を渡れば、夕陽百選に選ばれた長浜市湖北町の夕景が望めますので、ランチや少し早めの夕食に最適です。

夕陽を眺める前に観音の里で仏像拝観も

夕陽を眺める前に観音の里で仏像拝観も

写真:成沢 崇

地図を見る

長浜市は観音の里としても有名で、滋賀県内でも多くの仏像に会うことの出来るホットスポット。

京都や奈良のように常時拝観の出来る寺院は少なく事前予約が必要ですが、それもまた旅の醍醐味のひとつ。湖北町の夕陽を眺めるだけでなく、日中は仏像拝観も予定に入れれば充実した旅になること間違いなし。中でもおすすめなのが隣町の高月町に建つ赤後寺。ここは境内に記載された管理人さんの連絡先に電話をすると鍵を持ってお堂を開けに来てくるので、事前予約なしでも拝観可能です。

赤後寺でお祀りする重要文化財の二躰の仏像は平安時代初期の作とされる千手観音像と聖観音像。肉付きが良く包容力にあふれたこの仏像は、2014年3月21日〜4月13日に東京藝術大学大学美術館で行われた『観音の里の祈りとくらし展−びわ湖・長浜のホトケたち−』にも出展され、多くの人の注目を集めました。

※赤後寺の詳細は、記事下MEMOにリンクした赤後寺のページよりご確認下さい。

夕陽の絶景スポット長浜市湖北町

日本の夕陽百選に選ばれた長浜市湖北町の魅力、いかがでしたでしょうか。
湖面に映える夕陽と優雅に戯れる水鳥たちの共演は滋賀県内でもこの地域でしか見ることの出来ない特別な風景のひとつ。天然の観光資源である「夕陽」は季節ごとに表情を変えてくれます。琵琶湖のゆったりとした時間を満喫しながら長浜市を旅してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ