ニュージーランドの家庭体験!ケリケリのB&B「リントン」に行こう

| ニュージーランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ニュージーランドの家庭体験!ケリケリのB&B「リントン」に行こう

ニュージーランドの家庭体験!ケリケリのB&B「リントン」に行こう

更新日:2015/05/26 17:51

野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり ロングステイ・トラベラー

ニュージーランドには、家族経営の小規模な宿泊施設であり、朝食も提供してくれるB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)がたくさんあります。価格がリーズナブルな上、ニュージーランド家庭の雰囲気も体験できるため、旅行者に人気の宿泊スタイルです。北島の北の方にあるリゾート地ケリケリで、広いお庭がステキなB&B「Linton(リントン)」に泊まって、ニュージーランドの家庭体験をしてみませんか。

リン&トニーの宿「リントン」

リン&トニーの宿「リントン」

写真:野村 みのり

地図を見る

ケリケリは、リゾート地とは言いながらもこじんまりとしていて落ち着く町です。その町中から車で5分ほど行ったところにある「Linton B&B」。通りから随分と奥に入った場所に家があり、広い敷地に囲まれているため、家のまわりはとても静かです。そして静かな空間に建つ立派なその家には、宿経営者のご夫妻がおふたりで住んでいます。陽気な奥様のLynne(リン)が主に宿泊者の世話を担当、優しいご主人のTony(トニー)はのんびりと庭のお手入れなどをしています。おふたりはとても仲良しで、宿の名前も二人の名前からつけられたそうです。

庭も見渡せるエンスイートの部屋

庭も見渡せるエンスイートの部屋

写真:野村 みのり

地図を見る

大きなクイーンベッドが置かれた客室は、ニュージーランドらしい壁紙やカーテン、ベッドカバーなどで装飾されたセンスのいいお部屋です。室内に自分たち専用の洗面台とトイレとシャワーブースが設置されているエンスイートルーム。ウォークインクローゼットもついていますので、長期滞在でも、たくさん荷物を持って訪れても問題なしです。大きな掃き出し窓からは明るい日差しが差し込み、広々とした庭を見渡すことができてとても気持ちのいいお部屋です。

デッキでお茶を飲みながらお庭の観察

デッキでお茶を飲みながらお庭の観察

写真:野村 みのり

地図を見る

部屋を出たところのデッキにはテーブルと椅子が用意されているので、お庭を眺めながらゆったりとティータイムなんてことも。くつろいでいると、お菓子作りの上手なリンが手作りスイーツを持ってきてくれるかも。そのお菓子を狙ってか、庭には様々な鳥たちが遊びにきます。南半球のニュージーランドには、日本では見たこともないような鳥や植物に出会うことも珍しくありません。特に鳥や植物に詳しくなくても、きっと楽しみながら観察することができるでしょう。

お庭を眺めながらクックドブレックファスト

お庭を眺めながらクックドブレックファスト

写真:野村 みのり

地図を見る

朝起きたら顔を洗って歯を磨いて、いざダイニングへ。これまた大きな窓に囲まれた所にダイニングテーブルが置いてあり、お庭を見渡しながら景色と一緒にいただく贅沢朝食です。シリアルやパン、ヨーグルト、フルーツの他、クックドブレックファストですので、目玉焼きやスクランブルエッグなどの卵料理、ベーコンやソーセージなどもいただくことができ、朝から心もお腹もいっぱいになることでしょう。

夜はリビングでおしゃべり

夜はリビングでおしゃべり

写真:野村 みのり

地図を見る

夜は大抵、リンもトニーもリビングでテレビを観たり新聞を読んだりしてくつろいでいます。そこで一緒にテレビを観たり、今日あったことなどをおしゃべりしたりして一日を終えます。特にトニーは、英語がうまく話せなくても辛抱強く理解しようとしてくれ、また勘も鋭いので、英語が苦手でも臆せずにおしゃべりを楽しむことができることでしょう。

おわりに、

B&B「リントン」でのニュージーランド家庭体験。手作りお菓子や朝食、夜のおしゃべり以外にも、お庭を案内してくれたり、池の魚を紹介してくれたり、一緒にレインボーフォールまでお散歩に行ったり、車でクラブに連れて行ってくれたり、希望すれば夕食も作ってくれたり。きっとホテルでは体験することのできないようなニュージーランド滞在を楽しむことができますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/18−2014/12/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ