福井県 曹洞宗「大本山永平寺」にて道元禅師の心に触れる

| 福井県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

福井県 曹洞宗「大本山永平寺」にて道元禅師の心に触れる

福井県 曹洞宗「大本山永平寺」にて道元禅師の心に触れる

更新日:2015/05/28 15:05

直 旅道のプロフィール写真 直 旅道 トラベルコーディネイター、通訳案内士(英語)

「悪い事はすぐやめます」「生き物はかわいがります」「友達となかよくします」「道具は大切にします」「1日1つ善い事をします」これは永平寺の子ども用パンフレットに記載されている道元禅師の教えです。今から800年前の教えですが十分現代にも通用しますね。
曹洞宗の開祖「道元」。日本史の教科書で誰もが触れたはずの名前。この道元が建立した曹洞宗の大本山永平寺にて、あらためて道元禅師の心に触れてみます。

最初にお坊様よりお話があり、興味を引き立てられます

最初にお坊様よりお話があり、興味を引き立てられます

写真:直 旅道

地図を見る

さらさらとながれる小川と、まっすぐに伸びた木々。永平寺の門前までくると心が落ち着き、日々の喧騒をしばし忘れる事ができます。

通用門で入場料を払い、靴を脱いでそのまま進んでいきますと吉祥閣の大広間に通され、しばらくするとお坊様より永平寺に関するお話が始まります。そんなに難しい話ではなく簡単な永平寺の歴史や開祖道元禅師のこと、今でも修行僧が住み込みで鍛錬していることなど分かりやすく説明してくれます。

道元禅師は1200年(正治2年)生まれ、早くに両親を亡くし比叡山に出家し、その後中国(当時は宋)に渡り、2年にわたる仏法習得に励んだ後に帰国します。道元27の時です。

帰国後、座禅こそが最高の修行であると説き、1244年(寛元2年)座禅を中心とする出家道場、永平寺を建立します。

道元禅師の魂は、いまもこの永平寺に眠っています

道元禅師の魂は、いまもこの永平寺に眠っています

写真:直 旅道

地図を見る

順路をたどっていきますと、承陽殿があります。この建物は道元禅師の御真廟、いわばお墓で日本曹洞宗発祥の根源、聖地ともいえる場所です。いまも多くの参拝客がいて、整然と列をなしています。

明治の改築で道元禅師の御尊像と御霊骨を安置し、歴代禅師の位牌なども祀られています。改築を指示した明治天皇より下賜された「承陽」という勅額が内部中央に掲げられています。

明治の人々も大切に守ってきた永平寺。文化的遺産を大事にする日本人の心を感じます。

堂内では、今も200名近くの修行僧が規則正しい生活を続ける

堂内では、今も200名近くの修行僧が規則正しい生活を続ける

写真:直 旅道

地図を見る

参拝順路に沿ってさらに進んでいくと、修行僧とすれちがったり、働いている姿をみかけたりします。永平寺内の撮影は基本OKなのですが修行僧を撮影することは禁じられていますので、ご注意ください。

永平寺のご本尊、釈迦牟尼仏が奉られている仏殿や説法などが行われる法堂などの7つの堂が配置され、これらは「七堂伽藍」と呼ばれ、今でもここで日常の修行が行われています。

ここでは本格的な修行ではなく、修行体験も行っています。自分を見つめなおしたい方、人間関係や仕事に疲れた方、子どもにこういう体験をさせたい方など様々な理由で全国から人々が集まってきています。

山門は福井県の文化財にも指定

山門は福井県の文化財にも指定

写真:直 旅道

地図を見る

山門は、永平寺の中にある最古の建物で、福井県の文化財にも指定されています。1749年(寛延2年)の再建で両側には仏教の守護神である4天王が配置され、屋根を見上げると再建当時の額が掲げられています。

この門は三解脱門とも称され、仏の世界に入るための厳格な門となっています。中途半端な考えではくぐってはいけないという意味の碑も掲げられています。(観光客に言っているわけではありません)

道元禅師の教えをあらためて感じてみる

福井県の小学校の中には、キャンプを永平寺で行うところもあります。子どもの時から道元の教えを聞き、実践する。福井の子どもたちの学習能力が全国でもトップクラスなのは、道元禅師の教えが早くから浸透していることも一因なのではないでしょうか。

永平寺では様々な修行体験や写経道場などのプログラムもあります。あなたも道元禅師の心にふれて、今一度自分自身と語り合ってみてはいかがでしょうか。

難しい事考えずにただリフレッシュのために来るのもお勧めです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ