世界18カ国の朝食が勢ぞろい!表参道「hanami」でぶらり世界の旅気分

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界18カ国の朝食が勢ぞろい!表参道「hanami」でぶらり世界の旅気分

世界18カ国の朝食が勢ぞろい!表参道「hanami」でぶらり世界の旅気分

更新日:2015/06/09 18:29

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

1日の始まりを楽しくする朝食。昨今、東京では朝食メニューを出すお店も増え、秘かなブームになっています。2015年6月4日、外国人が集まる街 表参道に、世界のワンプレート朝食が食べられるカフェ「hanami」が誕生しました。
アメリカ、ポルトガル、ミラノなどワールドワイドな朝食メニュー18種類がずらり!今回はその中から必食メニュー4つをご紹介。「hanami」を通じて、世界の味を体験してみませんか?

1日中、世界にプチトリップ出来る朝食専門カフェが誕生

1日中、世界にプチトリップ出来る朝食専門カフェが誕生

写真:安藤 美紀

地図を見る

2015年6月4日(木)、いろいろな国の人々が集まるインターナショナルな街 表参道にオープンしたカフェ&ダイニング「hanami」。地下鉄 表参道駅A1番出口から徒歩5分、1本裏に入ったお洒落な街の中にあります。

日本に住んでいる外国人が多い街 表参道ゆえ、“ふと故郷を思い出し、ここに集い、ほっと安心できるような場所を”というコンセプトで作られた「hanami」。東京にいながら、海外各国をイメージして大胆にアレンジした“世界のワンプレート朝食”を食べることができるのです!

気になる朝食メニューの顔ぶれは、マンハッタン・ノルウェー・スペイン・ポルトガル・ドイツなど、世界18カ国のメニューを展開。これから少しずつメニューが変わっていくそうなので、今後の展開も目が離せません。

ここは朝食専門店ですが、朝だけでなく1日中食べられるのが特徴。気軽に未体験の味と出会えて、ちょっとした旅行気分を味わえるのが魅力といえるでしょう。

2種類のタコの食感が楽しい!ポルトガルの朝食プレート

2種類のタコの食感が楽しい!ポルトガルの朝食プレート

写真:安藤 美紀

地図を見る

さて、ここからは「hanami」の数あるメニューの中で、絶対食べておきたい必食メニューを4つご紹介します。

まず最初にご紹介するのは、ポルトガルの朝食プレート。
こちらは、ポルトガルの伝統的な食材“タコ”を使っていて、生と煮たもの、2種類のタコの違う食感が楽しめるようになっています。

メインとなるのは、いま流行りのエッグベネディクト。中に生タコが入っていて、ポルトガル風にアレンジされています。ボリュームはありますが、タコの食感やソースの味付けがユニークで、最後まで飽きることなくしっかり食べられますよ!

迷ったらこれ!ベーシックなマンハッタンの朝食プレート

迷ったらこれ!ベーシックなマンハッタンの朝食プレート

写真:安藤 美紀

地図を見る

続いてご紹介するのは、マンハッタンの朝食プレート。
ベーグルを始め、ベーコンがのったスクランブルエッグやサーモン&クリームチーズ、フルーツトマトがまるごと1個ついてきて、かなり食べ応えがあります。

日本で食べるベーグルというと、柔らかめのモチモチしたものを思い浮かべますよね。しかし、ニューヨークのベーグルは、ずっしり重いハードタイプ。「hanami」では、現地で人気のこだわりベーグルを使用しています。ベーグル片手に、憧れのニューヨーカー気分を味わってみてはいかがでしょうか。

「hanami」入門編ともいえる、マンハッタンの朝食プレート。一番ベーシックな朝食が食べたい方や、何を注文するか迷ってしまう方は、マンハッタンをセレクトしてみるといいでしょう。

300gのお肉がドン!アルゼンチンの朝食プレート

300gのお肉がドン!アルゼンチンの朝食プレート

写真:安藤 美紀

地図を見る

こちらは、お肉大好き!という方におすすめのアルゼンチンの朝食プレート。“アルゼンチンの人は牛肉をよく食べる”という発想から考案されたメニューです。

メインとなるのは、300gの牛肉ステーキ。それに加えて、ワッフルフライドポテト、チャバタというアルゼンチンのパンがついてきます。ソースは2種類ありますが、パセリやスパイスの実が入った、酸っぱくてやや辛い“チミチュリソース”が一押し。
パンで挟んでも良し、そのまま食べても良し!お好みの食べ方で楽しんでくださいね。

思いっきり肉々しいこのメニュー。もっと野菜を入れたらいいのに…と思ってしまいますが、“動物の本能に身を任せ、お肉をガツンと食べてもらいたい”という思いから、あえてお肉を多めにしているそう。ボリューム満点のお肉ですが、赤身率が高いので、意外とあっさりした味。霜降りが苦手な方にもぴったりです。

これがティラミスの原型!本場イタリアの究極スイーツ

これがティラミスの原型!本場イタリアの究極スイーツ

写真:安藤 美紀

地図を見る

最後にご紹介するのは「hanami」で絶対食べたいスイーツ。ティラミスの原型を再現したという、クラシックティラミスです。

大きなカクテルグラスに盛りつけられたティラミスは、まずその大きさにびっくり。そして、スプーンですくってみると、想像以上にティラミスがトロ〜リ!

そのままカクテルグラスでグイッと飲めてしまうのでは?というほど、トロトロの新食感になっています。よくあるフワフワ系のティラミスを想像していただけに、良い意味で期待を裏切られるスイーツです。

この極上食感の秘密をお店の方に聞いてみると…

私たちが日本でよく食べているティラミスは、マスカルポーネチーズやスポンジが層になったフワフワ系が主流。しかし、本場イタリアでは日本のものとは違い、エスプレッソとマスカルポーネチーズを混ぜ、ビスコンティというイタリアのクッキーを浸して食べるのが、お馴染みの食べ方のようです。

「hanami」では、本場イタリアのティラミスを再現。濃い目に抽出したエスプレッソとマスカルポーネチーズを混ぜ、超クリーミーに仕上げているのだそう。エスプレッソは、イタリア ナポリ産のハードなタイプの豆を使用していて、苦味とコクが強くパンチがあります。
食後のデザートやティータイムに、こちらのスイーツもトライしてみませんか?

すべての時間帯に使いやすいカフェ&ダイニング「hanami」

「hanami」の営業時間は、朝9時から夜9時まで(ラストオーダー夜8時)。各国のワインやビールも取り揃えられていて、ワールドワイドなドリンクメニューも目が離せません。また、ひと皿のボリュームが多いので、朝食としてだけでなランチやディナーにもぴったりです。

いろいろな国の朝食を食べられるのが楽しい「hanami」。今まで遠い場所だと思っていたあの国も、近くに感じられてワクワクしますよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -