ニュージーランド・ワイプの「ストーンハウス」でラグーン探検!

| ニュージーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ニュージーランド・ワイプの「ストーンハウス」でラグーン探検!

ニュージーランド・ワイプの「ストーンハウス」でラグーン探検!

更新日:2015/05/29 19:10

野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり ロングステイ・トラベラー

ニュージーランド最大の都市オークランドから120キロほど北に位置する町「ワイプ」。その中でも海に程近いところにある宿「ストーンハウス」は、周りを豊かな自然に囲まれています。宿の敷地に面するラグーンではカヌーに乗って大自然の中を探検することも可能!

そんな大自然のアウトドアを満喫できる「ストーンハウス」で暮らすように滞在しながら、ラグーン探検に出かけてみませんか?

オススメは一軒家のような「キュートシー」

オススメは一軒家のような「キュートシー」

写真:野村 みのり

地図を見る

ワイプの町中から車で10分弱南東に行った場所にある「ストーンハウス」は、スイス人のご夫婦が経営なさっている、洗練された欧州の雰囲気も垣間見えるお洒落な宿泊施設です。そのオーナー夫妻が住んでいらっしゃる母屋はカッコイイ石の壁になっていて、「ストーンハウス」の名前の由来にもなっています。宿泊者は、その母屋「コテージ」に滞在できる他、独立した離れの「キャビン」や「キュートシー」に泊まることもできます。

それらの中で私が特にオススメするのは「キュートシー」。1階がキッチンとトイレとシャワールームになっていて、2階がベッドルームになっているのですが、もちろん建物内全部自分たちだけで使うことができ、家の周りにはお庭もあったりして、まるで一軒家に住んでいるようにステイを満喫できるからです。しかも宿泊料金も一番安い!

屋外で楽しむランチ&ディナー

屋外で楽しむランチ&ディナー

写真:野村 みのり

地図を見る

建物の横には、テーブルとベンチが用意されています。もちろんプライベートで独占できる空間。部屋の中にもテーブルと椅子があり食事できるようになっていますが、ランチやディナーを屋外で食べるのも気持ちがいいものです。紫外線の強いニュージーランドですが、長いひさしがついていますので日焼けの心配がなく、安心してゆっくりと食事を楽しむことができますしね。

宿の建物の前に広がる草原

宿の建物の前に広がる草原

写真:野村 みのり

地図を見る

宿の建物の目の前には、こんな広々としたのどかな風景が広がっています。大きなポフツワカの木にお手製のブランコが吊り下げられていたり、オーナーが手入れしている家庭農園があったり、放牧された牛さんたちがいたり。建物の周りの散策も気持ちよく楽しむことができます。

そしてこの高台の向こうにあるのは…

カヌーでラグーン探検!

カヌーでラグーン探検!

写真:野村 みのり

地図を見る

そう、ラグーンです!岸辺にはストーンハウスのオーナーのカヌーやボートが置いてあり、自由に使っていいそうです。では、いざ冒険へ!向かって左に行けば海へ、右に行けばワイプ・コーブへ行くことができます。海のように波はありませんので、カヌー初心者でも安心して遊ぶことができます。ただ潮の満ち引きはありますので、疲れた帰りに逆行しないように計画した方が楽かもしれませんね。

鳥のコロニーがたくさん!

鳥のコロニーがたくさん!

写真:野村 みのり

地図を見る

ラグーンを探検していると、ところどころに鳥のコロニーを見かけることでしょう。木にたくさんの鳥がとまっていたり、浜に集まっていたり。黒鳥の集団に出会うこともあり、それらが目の前で羽ばたいていく様は圧巻です。海の方へ行けばキレイな色の貝殻がたくさんあったり、ワイプ・コーブの方へ行けばマングローブの森を見ることができたり、探検は興味が尽きません。

おわりに、

ワイプの「ストーンハウス」に仮の我が家を構えて、ラグーンへ探検に行くプランはいかがでしたか?海の方へ行ってみようか、ワイプ・コーブの方へ行ってみようか、それとも両方行ってみてしまおうか、冒険に出発する前にいろいろ計画を練ってみてくださいね。ボン・ヴォヤージュ!!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/21−2014/12/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -