沖縄らしい古民家宿に泊まりたい!今帰仁村「ハイビスカス」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄らしい古民家宿に泊まりたい!今帰仁村「ハイビスカス」

沖縄らしい古民家宿に泊まりたい!今帰仁村「ハイビスカス」

更新日:2015/06/08 18:09

橋本 将人のプロフィール写真 橋本 将人 ライター、企画プランナー

沖縄に行ったら、沖縄らしい古民家に泊まりたい、そんな要望の答えられる民宿が「ハイビスカス」だ。沖縄本島北部の今帰仁村にあり人気を得ている。

昭和の雰囲気のような懐かしい雰囲気を醸し出しながら、室内はリフォームがされており、清潔感もあり快適に過ごせるだけでなく、併設された居酒屋食堂も魅力的な民宿である。

この古き良き沖縄の雰囲気を満喫できる今帰仁村の宿「ハイビスカス」をぜひ紹介したい。

「ハイビスカス」は充実した設備で、快適に過ごせる清潔感が魅力。

「ハイビスカス」は充実した設備で、快適に過ごせる清潔感が魅力。

写真:橋本 将人

地図を見る

宿泊スペースは4部屋あり、6帖の洋室が3部屋(2名定員が2部屋、3名定員が1部屋)と定員4名の古民家スペースがある。設備としては、共用のバス・トイレ、海から帰るときに役立つ外シャワーがある。

また宿泊客が集えるコミュニティスペースにはダイニングキッチンやテーブルがあり、冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・トースター、食器類や調味料まで整っており、食材だけ買ってくればそのまま生活ができる環境だ。

さらに、洗濯機や乾燥機も有料ながら完備され、長期滞在にも困らない設備が充実している。また食事処の「北山食堂」は、友人などと楽しめる「カラオケスタヂオ・ハイビ」など、夜を楽しむスペースも用意されている。

水道の蛇口から泡盛飲み放題!昭和居酒屋「北山食堂」がスゴい!

水道の蛇口から泡盛飲み放題!昭和居酒屋「北山食堂」がスゴい!

写真:橋本 将人

地図を見る

ハイビスカスの魅力は、古民家の雰囲気だけでなく併設した昭和時代をコンセプトにした「北山食堂」にある。その北山食堂がこだわる一つが「泡盛」で地元の今帰仁酒造の著名泡盛ブランドである「美しき古里」の飲み放題プランがある。

特筆すべきはその飲み方で、店内に唐突にある水道の蛇口をひねると、美しき古里が水と割られて15度で出てくるところだ。回転すし屋などで、自分でお茶を作るシステムはよくみかけるが、お酒が蛇口から出てきて時間制で飲み放題というシステムは画期的といえよう。
また15度の泡盛で物足りない方のために、ボトルで20度の泡盛も用意されている。

食事は、ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーをはじめとして、沖縄料理が充実している。そのなかでも「今帰仁牛刺し」がおすすめ。今帰仁村の特産で有名なのはアグー豚だが、隠れ名産は実は「牛」とのこと。

今帰仁村では生後6ヶ月〜1年以内の素牛(もとうし)と呼ばれる子牛を育て、育った子牛は全国のブランド牛生産者に出荷されてしまうため、そもそも流通量が少ない。その希少な今帰仁村の牛をぜひご堪能いただきたい。

「ハイビスカス」を起点に映画・ドラマやCMなど撮影地を楽しむ。

「ハイビスカス」を起点に映画・ドラマやCMなど撮影地を楽しむ。

写真:橋本 将人

地図を見る

沖縄のなかでも今帰仁村は、撮影のロケ地としても有名な場所で、ハイビスカスや北山食堂(写真)でも数々の撮影が行われている。施設内に映画の看板や台本などが置いてあり、気軽に見学もできる。また自転車の貸し出しなどもあるので、ロケ地をめぐってみるのも楽しみの一つと言える。

最後に タイムスリップした雰囲気で癒される宿「ハイビスカス」

古民家の民宿ながら、居酒屋やカラオケスペースもあり、バーベキューなども楽しめる「ハイビスカス」は昭和の雰囲気を残した沖縄らしい宿だ。部屋にはテレビはなく、自然に囲まれた環境は、仲間や家族など大切な人とのんびりと過ごしたい人におすすめだ。

地元感ある静かな海までは徒歩数分で、マリンアクティビティも楽しめる、本当の沖縄の楽しみ方が凝縮されているような宿「ハイビスカス」を、ぜひ一度訪問されてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/15−2015/05/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -