海水浴もできる!コスタリカ「マヌエル・アントニオ国立公園」

| コスタリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海水浴もできる!コスタリカ「マヌエル・アントニオ国立公園」

海水浴もできる!コスタリカ「マヌエル・アントニオ国立公園」

更新日:2015/06/02 14:08

中米で最も人気のあるビーチ「マヌエル・アントニオ国立公園」は、コスタリカの首都サン・ホセから、太平洋側にバスで約4時間のところに位置します。
その人気の理由は、南国の木々に飾られた真っ白いビーチで、海水浴やスノーケリングを楽しめると同時に、かわいらしい野生動物たちに間近で会えるという、ユニークな組み合わせがあるからです。
海も動物も大好きという方にはお勧めの公園です。

まずは人懐っこいリスザル

まずは人懐っこいリスザル
地図を見る

国立公園に入るとまず出迎えてくれるのが、かわいらしいリスザルの家族。
10匹から20匹くらいの家族が固まって行動し、一緒に木の実を食べている姿は、ずっと見ていても飽きません。
人に対する恐怖心もないのか、触れるくらいの距離まで、近づいてきてくれるので、たくさん写真も撮れますよ。
子ザルが、親ザルの背中にギュッとしがみつきながら、移動しているのを見ると、キュンとします!

動物好きの方だったら、もうこれだけで、ここに来た甲斐があったと思われるかもしれませんが、まだまだ楽しいことはあります。

チョイ悪なノドジロオマキザル

チョイ悪なノドジロオマキザル
地図を見る

コスタリカは中米の中でも、犯罪が少なく、安心して旅行できます。
しかし、この顔を見たら要注意!
ノドジロオマキザルは訓練されると、身体障害者の補助ができるほど頭がよく、人間の行動をよく観察しています。
ですから、荷物を置いた隙に、カメラや帽子などを、持っていってしまいます。被害に遭わないよう気をつけましょう。
でも、もし何かいたずらをされても、それもいい思い出として、笑い話にしてやってください。

もう一人のいたずらっ子、アライグマ

もう一人のいたずらっ子、アライグマ
地図を見る

このアイシャドーのきまった、かわいいアライグマも観光客の持ってきた、お菓子や果物を狙っています。
でも、ビーチにはアライグマ用監視員がいるので、安心して海水浴をしてください。
猫のように運動神経のいいアライグマが、木に登ったり、カニの穴に両足を突っ込んで獲物を探したりしている光景は、ほほえましいものです。

ここにあげた三種類の動物たちは、この国立公園に入れば確実に見られます。

動物園の檻に閉じ込められた動物ではなく、生き生きした野生動物を間近で見られるのは、ここマヌエル・アントニオ国立公園の魅力の一つです。

森林浴も楽しめるビーチ

森林浴も楽しめるビーチ
地図を見る

公園の入り口から、熱帯雨林の中に整備された遊歩道を30分くらい歩くと、真っ青な海が見えてきます。
野生動物観察をした後なので、自分たちも野生に戻って、美しいビーチで思う存分楽しんじゃいましょう!

またこのビーチの特徴は、木々が海の近くまで茂っているので、砂浜に日陰を作ってくれて、パラソルなしでも日差しを気にせずに過ごすことができる、ということです。
森林浴と海水浴が同時にできる、魅力的な公園だと思われませんか。

終わりに

国立公園に入らなくても、近くにエスパディージャという比較的きれいな海岸(無料)で、海水浴を楽しむことができます。そこでは、お土産屋さんや、日本人の口に合ったレストランも幾つもあり、時間をかけて旅行したい場所です。

マヌエル・アントニオ国立公園の入園料は16ドルです。公園内には売店がないので、お水や軽食を持参しましょう。
公園内には、他にもたくさんの種類の動物がいます。ちょっとガサガサッという音が森から聞こえてきたら、足を止めて周りを見渡して見てください。そこには初めてお目にかかる、かわいらしいものが見えてくるはずです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/07−2015/05/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -