新スタイルの横浜旅行?シーバス移動とホテルのお部屋でスローな時間を満喫

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

新スタイルの横浜旅行?シーバス移動とホテルのお部屋でスローな時間を満喫

新スタイルの横浜旅行?シーバス移動とホテルのお部屋でスローな時間を満喫

更新日:2014/02/05 16:35

根岸 早都子のプロフィール写真 根岸 早都子 フリーライター

港町横浜は数多くの映画やドラマのロケ地としても有名で、そのロマンチックな街並みから、デートスポットとしても絶大な人気を誇っています。
今回はその中でも特に人気の「みなとみらい」「中華街」に横浜ならではのシーバスを使って行ってきました。

宿泊先、「横浜ベイホテル東急」(旧:パンパシフィック横浜)からベイエリアの眺めも必見です!

ターミナルにも横浜テイスト!シーバスに乗って移動も楽々

ターミナルにも横浜テイスト!シーバスに乗って移動も楽々

写真:根岸 早都子

地図を見る

私が初めてシーバスの存在を知ったのは、カナダ・バンクーバー。
シーバスを使ってメインの街へ出ると聞いた時、私の頭の中は「シー=海?バス?海のバス??」まさにこんな感じ。
地元に海がなく、全く馴染みがない私は何のことやらさっぱりわからなかったのですが、シーバス=水上バス=船だったのです。
そんな思い出深いシーバスに横浜でも乗れるとは・・・道路ではなく海上も交通手段になるなんて、港町ならではですよね!

横浜のシーバスは、中華街やみなとみらいなど主要観光スポットへ簡単にアクセスでき、とっても便利なのです。

今回の旅では、みなとみらい桟橋海上旅客ターミナルからの乗船でした。こちらのターミナル、可愛らしい景観が素敵ですが、港の先端・海に浮かんでいることから別名「ぷかり桟橋」とも呼ばれているそうです。

海上から、みなとみらいをゆっくり&うっとり!

みなとみらい地区は高層ビルやホテルが点在し、観覧車も有名。おしゃれで近未来的な風景が楽しめるスポットですが、海上から眺めるのは初めてでした。

海や港に停泊している船など、横浜ならではのアイテムが、みなとみらいのスタイリッシュな街並みを引き立ててくれます。シーバスの中だけでなく、デッキからでも眺めることができるので、人を気にすることなくゆっくり、そしてうっとりするようなロマンチックな風景を楽しむことができるのです。

海上から、みなとみらいをゆっくり&うっとり!

写真:根岸 早都子

地図を見る

中華街に到着!豪華絢爛な善隣門をパチリ

シーバスでゆっくり海上散歩を楽しみながら目的地であった「中華街」に到着。
人ごみにもまれることもなく、たどり着きました!

中華街入口で私たちを出迎えてくれたのが「善隣門」。こちらは横浜中華街のシンボルとしても有名で、テレビや雑誌などで目にすることも多いですよね。

ダイナミックな色使いに繊細な装飾。建物と建物の間で煌びやかな存在感を放っていますが、よくこんな狭い(細い?)通りにこの門を建てることができたなと驚くばかり。この門を造った方もこの場所に建てた方にも、その技術にあっぱれと言った感じです。

実は、中華街にはこの門の他にも9つの門があって、中には深い意味を持つものもあるようです。中華街を歩きながら、すべての門を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

今回の旅では時間がなく中華街をゆっくり楽しむことができなかったので、次回はリベンジ狙っています。特にグルメを(笑)

中華街に到着!豪華絢爛な善隣門をパチリ

写真:根岸 早都子

地図を見る

ホテルの部屋から観光!?ベイエリアを独り占め

みなさんはホテル選ぶ時、何に重点を置きますか?

みなとみらい地区には素敵なホテルが数多くあるので、ホテル選びも悩みどころ。選択肢も多くウキウキする嬉しい悩みなのですが、ホテル選びは「自分が何を一番ホテルに求めているか」が重要です。

私はとにかくホテルからの眺め。横浜旅行では最初から決めていました。
これに重点を置き選んだホテルが「横浜ベイホテル東急」(旧:パンパシフィック横浜)。
それぞれのお部屋にもよって見える景色ももちろん変わってくるでしょうが、もっとも楽しみたかったのが、みなとみらいを代表する一つ、「観覧車と夜景」でした。

疲れて部屋に帰ってきて、「もう歩けない・・・でもまだまだ横浜を楽しみたい!」そんな時も部屋からそしてラナイ(=テラス)から自分の好きな時に好きなだけ夜景や海が楽しめる、そんな贅沢なことはありません!

ホテルの部屋から観光!?ベイエリアを独り占め

写真:根岸 早都子

地図を見る

ホテルから朝のベイブリッジを望む

ホテルのお部屋から楽しめるのは夜景だけではありません!
忘れてはならないのが朝の風景。こだわって眺めがいいお部屋を選んだからには横浜の様々な表情を楽しまないともったいない。

窓からは別の角度で海とベイブリッジを見ることができました。お天気にも恵まれ、青い海とベイブリッジ、これだけでもう観光です。

横浜の景色をゆっくりと楽しみたい方、人ごみが苦手な方、時間を有効に使える「シーバスでの海上散歩」と「お部屋で過ごすホテル内観光」してみませんか?

ホテルから朝のベイブリッジを望む

写真:根岸 早都子

地図を見る
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ