琉球ライフを満喫!「星のや竹富島」伝統文化が息づくリゾート

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

琉球ライフを満喫!「星のや竹富島」伝統文化が息づくリゾート

琉球ライフを満喫!「星のや竹富島」伝統文化が息づくリゾート

更新日:2015/12/17 17:29

北原 りえこのプロフィール写真 北原 りえこ ラジオパーソナリティ

石垣島から高速フェリーで10分、沖縄の離島の中でも独特の雰囲気を持ち、シーサーが鎮座する赤瓦の屋根が特徴的な民家と白砂の道が広がる竹富島。誰もが思い浮かべる沖縄のイメージは、この島の景色と重なります。その島に、世界から高い評価を得ている星野リゾートが手がけた究極の宿「星のや竹富島」があります。今回は、日本にいながらできる最高のバカンスをご紹介します。

まるで島内の集落そのもの!独立型一軒家

まるで島内の集落そのもの!独立型一軒家

写真:北原 りえこ

地図を見る

「星のや竹富島」は、建築家の東利恵氏が、島民の生活や信仰への尊敬の念を込めて設計し、リゾート内には竹富の原風景ともいえる景色が広がっています。
ひとつひとつ職人の手で積まれたという珊瑚の石垣で囲まれた48棟にも及ぶ平屋の客室は、それぞれ違う顔を持ったシーサーに見守られ、入口には魔除けとして知られるヒンプンという石積みの壁が立てられています。集落全体の路地も、言い伝えの魔物が真っ直ぐしか進めないことから、くねくねと蛇行した作りになっているそう。完璧なまでに島の集落を再現した外観は見事で、独特の温かみが伝わってきます。それは、島内の集落を見学した後に訪れると雰囲気がほとんど変わらないことに驚くほどです。

心地よい潮風に吹かれ、ゆったりと島時間を楽しむ

心地よい潮風に吹かれ、ゆったりと島時間を楽しむ

提供元:星のや竹富島

http://www.hoshinoyataketomijima.com/

「風の家」と呼ばれる庭付きの客室は、その名の通り心地よい南風が吹きぬける開放的な空間が広がっています。部屋はフローリングと琉球畳の2つのタイプがあり、どちらもゆったりくつろげるソファやバスタブなどを完備。ところが普通は当たり前とも思えるテレビや時計はなく、時を忘れ、日常を忘れ、究極のリラックスをして欲しいというリゾートのこだわりを感じます。

おすすめは、どこでも好きな場所にゴロンと寝転がって過ごすことのできる琉球畳のお部屋です。あまりの居心地のよさに部屋から一歩も出たくない!という方は、「インルームダイニング」というお部屋食プランもあります。軽食、と記載があるもののボリュームも味も大満足の内容です。

24時間泳げるプール

24時間泳げるプール

提供元:星のや竹富島

http://www.hoshinoyataketomijima.com/

全長46m、湧き出る泉をイメージした珍しいデザインのプールは、リゾート気分を大いに盛り上げてくれる場所のひとつ。水面に浮かんでみれば、空がすぐそばに手に届くような錯覚を覚えます。夜には、満天の星空の中を漂っているような素晴らしい体験ができます。
なぜこのような形なのかというと、デザイン性はもちろんのこと、集落の雰囲気を損なわないようにする為、客室などから見えないように設計されているのだそうです。

プールサイドには、日よけのついた大きながチェアが並び、安らぎに満ちた空間で読書に没頭したり、まどろんだりするのも素敵な時間ですね。

ゆんたくラウンジで星のや流おもてなしを体感

ゆんたくラウンジで星のや流おもてなしを体感

写真:北原 りえこ

地図を見る

ダイニングスペースのそばには「ゆんたくラウンジ」があります。ゆんたくとは、方言でおしゃべりという意味。
大きなソファやデイベッドが置かれ、窓の外には美しいプールを望む居心地のよい空間で、本やCD、新聞の貸し出し他、シークヮーサーやさんぴん茶など沖縄ならではの飲み物やお菓子が用意されたフリードリンクコーナーや、インターネットブースがあります。奥には、地元の方々手作りの工芸品が並ぶセレクトショップも併設されています。
日に一度、三線(さんしん)を使用した沖縄民謡などのライブも開催され、雰囲気抜群です。

夜のバータイム(有料)もおすすめ。珍しい泡盛や、泡盛を使ったカクテルなどを試しながら、おしゃべりに花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

リゾート内を散策してみよう

リゾート内を散策してみよう

写真:北原 りえこ

地図を見る

朝夕、そして夜の涼しい時間帯は、散歩にうってつけです。もちろん、島内に繰り出すのもいいですが、リゾート内も大変広く、日中はカートで送り迎えしてもらっていたまぶしい白砂の道をのんびり彷徨ってみるのもまた一興です。道のあちこちにある魔除けの石敢當(いしがんとう)を発見したり、ハーブガーデンやガジュマルの木を見学してみたり、またリゾートの一画には、集落全体を見渡せる見晴台があります。リゾートからすぐのアイヤル浜を始め、竹富島を一望することができます。それぞれの部屋に明かりが灯る光景も素晴らしく、また朝日鑑賞にも最高のロケーションです。日帰り観光客が多い竹富島において、宿泊者だけが体験できる特別な時間を堪能しましょう。

おわりに

「星のや竹富島」は竹富島におけるもうひとつの集落のような場所です。地元の方と開業までに何度も何度も対話を重ね、建築、イベント、工芸品、料理などあらゆる部分に竹富ならではの伝統・文化が盛り込まれ、地域一丸となって共に創り上げた「共生の宿」としての素晴らしさがそこにあります。
この夏は是非、ここでしか味わえない琉球ライフを満喫しに訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -