お土産の新定番!べルギー伝統菓子「キュベルドン」

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お土産の新定番!べルギー伝統菓子「キュベルドン」

お土産の新定番!べルギー伝統菓子「キュベルドン」

更新日:2015/07/13 19:09

Miyuki Sakaiのプロフィール写真 Miyuki Sakai ビューティ・スタイル・アドバイザー

ベルギーのお菓子と言えば「チョコレート」や「ワッフル」はすでに有名ですが、地元ベルギー人は知っていても観光客にはほとんど馴染みのない伝統菓子、その名も「キュべルドン(CUBERDONS)」と言うのをご存知でしょうか?
このお菓子、セレブを魅了する程でありながら、ごく最近まで門外不出!
ベルギー国内でしか味わうことが出来ませんでした。
今回は、このキュベルドンの魅力を皆様にご紹介したいと思います。

一度見たら忘れられないその姿。

一度見たら忘れられないその姿。

写真:Miyuki Sakai

このカタチに皆さん注目!錐形状で紫色というキュベルドンのユニークな姿は、一度見たら決して忘れることはないでしょう。
これは、現地語で「ヒトの鼻」もしくは「司祭の帽子」とも呼ばれていています。
大きさは 幅(約2,5センチ) 重量(約10〜18グラム)程度と決まっており、一口で食べるにはちょっと大きいかな?と思うサイズ。
量り売りされていることが多いお菓子です。

偶然できたお菓子。

偶然できたお菓子。

提供元:www.milo-profi.be

http://www.visitflanders.jp/

このお菓子は偶然できました。
1873年に、ゲントの薬屋さんで売られていた喉用のシロップが、あまりにも美味しくなかった為に、フランボワーズのシロップを入れ、その残りをコーンフラワーの容器に入れて放置ししまったところ、偶然ボンボン状で固まった状態で発見され、その後美味しかったのでボンボンとして販売されています。
今では色んな味も開発され、地元ベルギー人やセレブを魅了するほどのお菓子です。

中身はとろ〜り。

中身はとろ〜り。

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

キュベルドンは砂糖菓子です。外側はさっくりと やや硬めの感触なのに対し、中身はとろ〜りゲル状の食感もまた新しくて面白い。
円錐の上部をかじると、甘〜い濃厚なフルーツのシロップが口いっぱいに広がって「何だこのお菓子!」と感じるに違いありません。

アラビアガムを原料に取り入れたこの秘密の技法は、あまり長期間の保存が出来ず、ごく最近までベルギー国外には輸出されていなかったのです。輸出されるようになった現在でも輸出先はごくわずかヨーロッパのみ。やはり本場ベルギーを訪れて味わってみてください!

どこで買える?

どこで買える?

写真:Miyuki Sakai

地図を見る

さて、このキュベルドン。 運良く訪れた先でマーケットが開催されていれば、屋台のキャンディ屋さんで買うのが通な買い方ですが、「どうしても確実に手に入れたい!」という方には、ヨーロッパ最古のアーケードで有名なギャルリーサンチュベール内のこちら「ラ ベルジク グルマンド(La Belgique Gourmande)」か、ブリュッセル中央駅内のキャンディショップ「クリック-クラック(cric-crac)」で買うこともできます。
パッケージとお店の可愛さではLa Belgique Gourmande、味で選ぶならcric-cracがおススメです。

なお、La Belgique Gourmandeと、cric-cracのそれぞれのキュベルドン情報は、下記のMEMOをご覧下さいませ。

お土産の新定番として

「美食の国ベルギー」。今やチョコレートやワッフルは日本でも食べられますが、このキュベルドンはなかなか現地でないと味わうことが出来ません!
ベルギー人にとっては誰もがイメージできる懐かしいお菓子ですが、私達には新鮮で、新しい食感のこのお菓子は、お土産の新定番として喜ばれること間違いありません。
キュベルドン。皆さんも是非ベルギーで、一度味わってみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -