キーワードは“美人”!新潟「月岡温泉」はカップル・女子旅にオススメ

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

キーワードは“美人”!新潟「月岡温泉」はカップル・女子旅にオススメ

キーワードは“美人”!新潟「月岡温泉」はカップル・女子旅にオススメ

更新日:2015/06/09 10:48

「うまさぎっしり新潟」のキャッチフレーズで、美味しい食べ物に恵まれているという魅力をアピールしている新潟県。南北に長い同県の北方に位置する新発田市に「月岡温泉」という温泉街があります。実はそこは「美人の湯」「美肌の湯」として全国的に知られている温泉で、カップルや女子旅にお勧めしたい温泉なのです。今回は日帰りでも宿泊でも「もっと美人になって」帰る事のできる、月岡温泉の魅力についてご紹介致します。

女子旅にオススメの月岡温泉!最大のウリは「美人」がキーワードの温泉成分と効能

女子旅にオススメの月岡温泉!最大のウリは「美人」がキーワードの温泉成分と効能
地図を見る

月岡温泉街に到着すると目にするのが「もっと美人になれる温泉」というキャッチフレーズです。その根拠となる特性として、月岡温泉には「温熱作用」「清浄作用」「優れた保湿感」の3つが大きく取り上げられています。

美しいエメラルドグリーンが特長の月岡温泉。その色の素となる豊富な硫黄成分は血流を促進し、細胞をフレッシュな状態に導きます。同じく硫黄と共に泉質として含まれるアルカリも肌から汚れを取り除き清潔な状態にします。その状態から塩化物成分が肌をコーティングすることで入浴後には「肌のしっとり感」が得られ、乾燥肌を防ぐ効果を期待することができます。

この3つのことから、月岡温泉は「美人の湯」「美肌の湯」として全国的に知られることとなったのです。いつの時代も美しくありたいと願う女性にとって、このような嬉しい特性はまさに女子旅にぴったりの温泉といえるでしょう。

月岡温泉街の中心にはカップルで利用もできる足湯も!

月岡温泉街の中心にはカップルで利用もできる足湯も!
地図を見る

街には、無料で気軽に利用できる足湯「湯足美(ゆたび)」があり、月岡温泉を代表する憩いの場となっています。
足湯には全身浴と同様に身体全体を暖める効果がある為、生理中など様々な理由で全身浴ができない場合でも、身体に余分な負担をかけること無く利用ができます。また、温泉は一緒に入ることができなくても、足湯ならカップルで肩を並べて会話を交わしながら入ることももちろん可能です。

さらにこの「湯足美」の特長は、ステージが併設されているところです。
毎週日曜日の午後になると、芸妓さんの手踊りなどで足湯を利用する人々を楽しませてくれます。

全身浴は快い眠りを導くことで知られていますが、それと同様に全身を芯からポカポカと暖める足湯にも、同じ効果が期待できるのです。

月岡温泉は女子旅だけでなくカップルにもおすすめ!「幸せな気分になる」結果が出たモニター調査

月岡温泉が独自に行った調査で、30代から60代の女性20名に月岡温泉と普通の水道水の沸かし風呂にそれぞれ10分間入浴してもらった後に、それぞれにどのような効果を感じたかのアンケートを取ったところ、つるつる感・しっとり感・すべすべ感に関しては水道水のお風呂の2倍以上の体感があったという顕著な結果が出ました。それに加えて、「たくさんの幸福感を感じた」という調査結果も。カップルで訪れたくなってしまいますね。

また温泉街には、月岡温泉発祥の地となった地点に「手湯の杜(てゆのもり)」という美肌を願うパワースポットもあり、その中には「湯結美の泉(ゆむすびのいずみ)」というご縁祈願の像も。

カップルで訪れれば彼女はもっと美人になり、二人はもっと幸福感を高め、もっと仲良くなって帰れるかもしれません。

月岡温泉は女子旅だけでなくカップルにもおすすめ!「幸せな気分になる」結果が出たモニター調査
地図を見る

やっぱりカップル・女子旅にお勧めの月岡温泉!

まるで美容液に全身浸かったような効果の期待できる月岡温泉の泉質は、女性同士の旅行先として最もお勧めです。
温泉街からすぐ近くの「月岡カリオンパーク」には「びいどろ」という工房もあり、自身で製作した手造りガラスをお土産にできる嬉しいアクティビティも体験できます。例えばカップルで夫婦茶碗を造るのも、月岡温泉での形に残る思い出になるのではないでしょうか。

次の旅の目的地として、カップルや女子旅に“もっと美人になれる”月岡温泉、是非いかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ