幕末ファン必訪!坂本龍馬が宿泊した京都伏見「寺田屋」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

幕末ファン必訪!坂本龍馬が宿泊した京都伏見「寺田屋」

幕末ファン必訪!坂本龍馬が宿泊した京都伏見「寺田屋」

更新日:2015/06/05 17:56

京都府伏見に坂本龍馬ファン必見の地があります。それが「寺田屋」です。
幕末、坂本龍馬が宿泊地にしていた寺田屋は現在では龍馬関連の多くの物が展示してあります。また、現在でも宿泊できるということで、ファンなら訪れたいスポットです。

坂本龍馬と幕末に思いを馳せながら寺田屋に行ってみましょう。

坂本龍馬ゆかりの寺田屋

坂本龍馬ゆかりの寺田屋
地図を見る

寺田屋は、坂本龍馬が京都に向かうときや、京都から出るときに定宿にしていた旅籠です。
龍馬が宿泊しているときに幕府の伏見奉行所が龍馬を捕縛しようと襲撃し、入浴中だったお龍が裸で龍馬に危険を知らせたというのがこの寺田屋です。

歴史的にも重要な場所なのですが、現在でもこの寺田屋には宿泊することができます。ぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか?龍馬の気持ちが体験できる貴重なスポットとなっています。

ちなみに現在の寺田屋は事件当時のものではなく、鳥羽伏見の戦いのときに消失したものを明治になって再建されたものです。

寺田屋を見学しよう

寺田屋を見学しよう
地図を見る

寺田屋の中は坂本龍馬をはじめ、幕末の写真などが多く飾られています。お龍が入浴していたお風呂や、龍馬に危険を知らせるために駆け上がった階段などもあります。
寺田屋は坂本龍馬襲撃だけでなく、薩摩藩士同士が斬りあった現場でもあり、刀傷などものこっています。

寺田屋内は撮影自由ですので、どんどん好きなところを撮影しましょう。
またガイドの方がいろいろと語ってくださるので一層理解が深まります。

庭に立つ龍馬像を見学しよう

庭に立つ龍馬像を見学しよう
地図を見る

寺田屋の中を見学した後は庭も見学しましょう。
寺田屋に関する碑がいくつかある中に、坂本龍馬の像が立っています。龍馬と一緒に記念撮影するのがオススメです。

この龍馬像は有名な写真の姿で、寺田屋の中にも小さな像があります。お土産物として同じ形の小さなものも売られています。

前にある龍馬通りを歩こう

前にある龍馬通りを歩こう
地図を見る

寺田屋を堪能した後は目の前にある道を歩いてみましょう。その名も「龍馬通り」と言います。
ゆかりの地ということで坂本龍馬に因んで、通りの名前がつけられました。

龍馬通りにはいくつかの店が並び、「龍馬通り商店街」となっています。一軒ずつ見てまわってください。龍馬に因んだものが見つかります。

最後に

寺田屋は、坂本龍馬をはじめ、幕末に活躍した歴史上の人物にとってのゆかりの地でもあります。龍馬ファン、幕末ファンにはぜひ訪れていただきスポットです。
幕末、多くの事件を見てきた寺田屋で楽しいひとときを過ごしてみたらいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -