廊下にズラリと並ぶ工芸品と庭が自慢!金沢「彩の庭ホテル」で和と緑に癒される休日

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

廊下にズラリと並ぶ工芸品と庭が自慢!金沢「彩の庭ホテル」で和と緑に癒される休日

廊下にズラリと並ぶ工芸品と庭が自慢!金沢「彩の庭ホテル」で和と緑に癒される休日

更新日:2015/06/12 11:45

野山 苺摘のプロフィール写真 野山 苺摘 グルメライター、覆面調査員、謎作家

金沢駅から車で5分ほどの場所にある「金沢 彩の庭ホテル」は、金沢の別邸がコンセプトの緑に囲まれた癒しの空間。敷地内には四季を感じることのできる4つの庭があり、湯屋からも庭の景色を眺めることができます。廊下はなんと工芸回廊になっており、自室に辿り着くまでの間に素敵な作品を鑑賞することができるのも魅力です。季節の植物や加賀の芸術の中に溶け込んで、穏やかな休日を過ごしてみてはいかがでしょう。

四季を彩る4つの庭

四季を彩る4つの庭

写真:野山 苺摘

地図を見る

金沢駅から無料送迎車で5分。駅前の華やかな街並みから閑静なエリアに入ったあたりに、四季の彩を感じることのできる空間が見えてきます。緑に囲まれた中にあるのが「金沢 彩の庭ホテル」。

このホテルのコンセプトは、「上質な金沢の空間と時間」を感じていただく「金沢の別邸」。金沢という街全体が醸し出す凛とした気品と、五感を潤す日本の四季の両方を満喫することのできる場所を目指しています。

ホテルの敷地内には「森の庭」「川の庭」「中の庭」「山の庭」の4つの庭があり、館内のどこにいても緑を眺めることができるようになっています。写真は金沢の町屋に見られる坪庭をイメージして作られた「中の庭」で、ロの字に広がる客室前の廊下のどの場所からも見下ろすことができるのです。

自室までの道のりは「工芸回廊」

自室までの道のりは「工芸回廊」

写真:野山 苺摘

地図を見る

このホテルはロビーから自室に辿り着くまでの間にもお楽しみがあります。実は客室前の廊下が「工芸回廊」になっているのです!金沢卯辰山工芸工房とのコラボレーションにより、若手作家が作りあげた工芸品の展示と販売を行っています。

作品は各客室の前に1つずつあり、部屋には各作品の名称や価格のリストも用意されています。工芸品に興味がある方や、お土産として購入したい方は、リストを持参して再度ゆっくりと廊下を回るのも面白いはず!
ロビーやラウンジなどには、美しい加賀友禅の着物や大樋焼作家・大樋年雄氏の手によるクレーワークが訪れた人の目を楽しませてくれます。

湯屋からは山の庭の眺め

湯屋からは山の庭の眺め

写真:野山 苺摘

地図を見る

1階には旅の疲れを癒す男女別浴場「湯屋」があります。白山山系から犀川を経て汲み上げた百年伏流水といわれる地下水を湯屋に引き込んでおり、やわらかな湯が肌に潤いと癒しを与えてくれます。くもりガラスのむこうには「山の庭」の風景。窓の外の景色を楽しみながら温まることができるのです。

隣室にはトレーニングルームがあり、運動のあとすぐに湯屋で汗を流すことも可能。湯屋の前には湯上りラウンジも用意されており、飛騨家具の椅子に座りながら目の前に広がる山の庭を眺めてゆっくりと寛げます。

加賀野菜と地元食材尽くしの朝食

加賀野菜と地元食材尽くしの朝食

写真:野山 苺摘

地図を見る

朝食専用レストランとなる「朝餉処」では、和洋合わせて80種類の豊富なメニューが味わえます。加賀野菜や地元食材をふんだんにとり入れたヘルシーな料理が勢ぞろい。シェフによる料理実演もあり、3種から好みの1つを選んでその場でオムレツを作ってもらうことができます。具はとても厚みのある百万石しいたけがオススメです。有名な金沢カレーのコーナーもあります!

さらにデザートのコーナーには車麩を使用したラスクや、金沢の郷土料理であるべろべろをアレンジしたスイーツまで用意されています。地産地消を限りなく追及した金沢ならではの料理を食べて、元気よく旅の続きを楽しみましょう!

無料で愉しめるラウンジ

無料で愉しめるラウンジ

写真:野山 苺摘

地図を見る

1階のロビー近くにはラウンジがあり、7時から24時までの間は誰でも無料で自由に過ごすことができます。コーヒー・お茶・ジュースなどのドリンクバーもあり、テイクアウト用のカップに入れれば自分の客室まで持ち帰ることもできるのはとても嬉しいサービス。

もちろんラウンジからも庭の風景を眺めることが可能。工芸品も飾られているので、美しいものに囲まれながら時間を忘れてリラックスすることができます。

まとめとして

各階のエレベーター前には「ライブラリー」があり、金沢観光にお勧めの雑誌や金沢ゆかりの書籍、新聞等をいつでも読むことができるようになっています。金沢に関する本を読みながら、翌日の予定を考えるのも有意義な時間です。

ロビー横の「インフォメーションコーナー」には無料で使えるパソコンやプリンターがあり、地域の観光情報も揃っています。事前に旅の計画を立てずふらりと金沢へ訪れ、このホテルの中で予定を決めていくのも楽しいかもしれません。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/03−2015/06/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ