定番から穴場まで、スペイン・グラナダの絶景を望む展望台を一挙大公開!

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

定番から穴場まで、スペイン・グラナダの絶景を望む展望台を一挙大公開!

定番から穴場まで、スペイン・グラナダの絶景を望む展望台を一挙大公開!

更新日:2018/09/07 16:12

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

『グラナダを見たことのない人は何も見ていないのと同じだ』というスペイン語の諺にあるように、スペイン史において重要な歴史を残すアンダルシアの貴重な都市、グラナダ。

アルハンブラ宮殿やアラブ文化が色濃く残るアルバイシン地区に加えて、うっとりするような大パノラマの絶景、そこへたどり着くまでにも新しい発見に溢れた散歩道があるのです。

定番から穴場まで滞在中に全部制覇したい絶景、感動エリアをご紹介!

人を呼ぶ大人気の定番スポット「サン ニコラス展望台」

人を呼ぶ大人気の定番スポット「サン ニコラス展望台」

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

この街で展望台と言って最初に名前が挙がるのはここ。アラブ文化が残るアルバイシン地区にあり、観光客にもよく知られている「サン ニコラス展望台」。新市街からバスで行くことができますが体力があれば歩いてみましょう!迷路のように道が入り組んでいるアルバイシン地区は、数え切れないほどの歩き方があるのです。

おすすめは、アルバイシンと新市街を分けている通り「エルビラ通り」から「カルデレリア ヌエバ通り」を登っていく方法。ここに足を踏み入れるとそこはスペインではなくアラブの世界。両脇にアラブ雑貨を売るお店とアラブ料理のレストランが立ち並んでいます。

展望台では目の前にアルハンブラ宮殿がどーんと待ち構えています。人も集まり賑やかな夕暮れ時のレンガ色に染まるアルハンブラに限らず、観光客が少なく静かな昼間も見応えがあります。

<サン ニコラス展望台の基本情報>
住所:Plaza Mirador de San Nicolas, 2, 18010 Granada

サンセットからライトアップまでついつい長居してしまうアルバイシンの最高峰

サンセットからライトアップまでついつい長居してしまうアルバイシンの最高峰

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

グラナダにある絶景の中の絶景が、アルバイシンの最高峰「サン ミゲル アルト」。

急な坂道や終点の見えない階段を見ると引き返したくもなりますが、洞窟住居や、白い建物が所狭しと立ち並ぶアルバイシンの様子を振り返りながらのぼっていくと不思議と足が軽くなります。

道があっているか不安になっても視界に入ってくる、山の上のサンミゲルアルト教会が目印。展望台からはアルハンブラ宮殿、アルバイシンの街並み、そして背後にはシエラネバダ山脈の大パノラマ。

ここまで来たら、教会の背後へまわってみましょう。オリーブの木々や山々が広がる180度違う風景に出会えます。

サンセットからライトアップまでついつい長居してしまうアルバイシンの最高峰

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

見逃せない時間帯は断然夕暮れ時から。ライトアップされたアルハンブラまで目に焼き付けておきたいところです。

帰りは暗い道もありますのでライトの持参を忘れずに。そしてグループかガイドさんと一緒に行ってくださいね!

サンセットからライトアップまでついつい長居してしまうアルバイシンの最高峰

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

行き方は、アルバイシン地区の「サン ルイス通り」から「クルス デ ラ ラウダ通り」を入っていくと山道につながる入り口があります。

もしくは、クルス デ ラ ラウダ通りの十字架のモニュメントにある階段からも行くことができ、写真のような絶景が待っています。こちらの道の方が舗装されているので歩きやすいかもしれません。

<サン ミゲル展望台 (Mirador de San Miguel)の基本情報>
住所:Camino del Sacromonte, s/n, 18010 Granada

知る人ぞ知る展望台、アルハンブラと自然のコントラストが壮観!

知る人ぞ知る展望台、アルハンブラと自然のコントラストが壮観!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

手をのばすと届きそうな場所にアルハンブラ宮殿がある、隠れ家的スポットがサクロモンテの「ベレダ デ エンメディオ展望台」。

どうぞゆっくりご覧くださいと言わんばかりにアルハンブラに面してベンチが置いてあり、座ってのんびり過ごせます。

小さなバルもあっておつまみや飲み物と一緒にもれなくアルハンブラの光景が付いてくる贅沢セットです!

知る人ぞ知る展望台、アルハンブラと自然のコントラストが壮観!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

展望台の少し先には山々が連なり、800年という歴史を持つアルハンブラとそれを見守ってきた自然のコントラストは驚く美しさ。夕暮れ時の色が変わる時間帯はうっとりと見入ってしまいます。

ここへ行くまでにダロ河に沿って歩いてみましょう。河にかかる小さな橋や河沿いの建物は古い歴史が感じられます。

知る人ぞ知る展望台、アルハンブラと自然のコントラストが壮観!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

展望台のある「ベレダ デ エン メディオ通り」周辺はのどかな場所。歩いていると可愛らしい噴水があり、宝物をみつけたときのような嬉しい気分になります。

<ベレダ デ エンメディオ展望台 (Mirador de la Vereda de Enmedio)の基本情報>
住所:Calle Verea de Enmedio, 55, 18010 Granada

アルハンブラ宮殿からの景色もお見逃しなく!

アルハンブラ宮殿からの景色もお見逃しなく!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

世界遺産のアルハンブラ宮殿からのアルバイシン地区の眺めも忘れてはいけません!アルハンブラを見学するには、入場チケットが必要なところと自由に出入りできるところがあり、入場自由なエリアへは毎日通っても大丈夫。

ここからもアルバイシンが見えますが、チケットが必要なアルカサバからは写真のように最高峰の「サンミゲルアルト」、アルバイシンを囲むように残っている城壁、「サン ニコラス展望台」も含めてアルバイシン全体を一望できます。

アルハンブラ宮殿からの景色もお見逃しなく!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

アルハンブラ宮殿までの道は、街とは一変して自然が残る美しい場所。ほとんどの人は、ゴメレス坂(cuesta de gomerez)にあるグラナダ門を通ってきます。

裏の道、とも言えるチコ坂(cuesta de chico)は、写真のように城壁の脇に道がありダロ河にかかる橋とつながっています。

どちらもそれぞれの魅力があり、行きと帰りで道を変えてみるのがオススメ。

グラナダを見ずには始まらない、グラナダの魅力

グラナダの魅力はもちろん絶景だけではなく、アルハンブラ宮殿、アラブの国に迷い込んでしまったかのようなアルバイシン地区、バル巡り、情熱ほとばしるフラメンコなど、朝から夜遅くまで人々を飽きさせません。

アルバイシン地区やグラナダの食文化を紹介している記事は下記、関連MEMOのリンクからご覧ください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/18−2013/10/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -