家族連れにもお勧め「ロンドン自然史博物館」は、遊びながら学べる無料の施設

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

家族連れにもお勧め「ロンドン自然史博物館」は、遊びながら学べる無料の施設

家族連れにもお勧め「ロンドン自然史博物館」は、遊びながら学べる無料の施設

更新日:2015/07/03 16:56

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

ロンドン自然史博物館(NATURAL HISTORY MUSEUM)は、自然史系博物館としてはイギリスで最大、しかも世界でもトップクラスです。恐竜の化石が多く展示されており、動く複製の恐竜は圧巻!!見学しながら学べる工夫で、家族連れにもお勧めの楽しい博物館です。

カフェに展示されているジャイアントパンダの剥製「CHI CHI」は、WWFのロゴマークのモデル。興味のある方は見逃さないで!

玄関ホールに入ると出迎えてくれる「巨大恐竜の化石」

玄関ホールに入ると出迎えてくれる「巨大恐竜の化石」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

館内への入り口は2か所あります。正面玄関から入場すると巨大恐竜の「ディプロドクス」(Dippy)がお出迎え。こちらは1905年にアメリカの鉄鋼王「アンドリュー・カーネギー」より寄贈されたものです。大きな吹き抜けホールに展示されている巨体は、迫力十分。ここでは、募金をする金額によってディプロドクスに変化が現れます。第一段階でライトアップされ、第二段階で色が付き、第三段階で咆哮が聞けます。入場無料なので、寄付金代わりに試してみるのもお勧めです。

この博物館の特色は、収蔵品の多さ(7000万点以上)と、遊びながら学べる充実した施設であるという事。家族で見学しても、皆が満足すること請け合いです。

一番人気は動く恐竜「ティラノサウルス」

一番人気は動く恐竜「ティラノサウルス」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

館内は「ブルーゾーン」恐竜の化石や、哺乳類の進化の歴史の展示・「オレンジゾーン」4月から10月までは庭(WILDLIFE GARDEN)を含む植物関係を展示・「レッドゾーン」火山の仕組みなどが学べる展示・「グリーンゾーン」大昔に海中で生活していた恐竜の化石や、鳥の進化、虫の展示があります。

1番人気なのが「ブルーゾーン」(Blue Zone)の「恐竜コーナー」。映画「ジュラシックパーク」を彷彿させる展示の仕方で、空中通路から楽しく見学できる工夫がされています。

写真は人気の動く「ティラノサウルス」。とってもリアルですよ!!

ワクワクしちゃう「レッドゾーン入り口」

ワクワクしちゃう「レッドゾーン入り口」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

エキシビション・ロード(EXHIBITION RD)沿いの入り口から入場すると、正面にあるレッドゾーン専用エスカレーター。火口がイメージされており、入っていくのがわくわくしちゃいます。

火山の仕組みを展示物を見ながら学ぶことができます。地震のエリアでは、日本で起きた「阪神淡路大震災や東北大震災」関連の研究例が幅広く紹介されており、阪神淡路大震災の地震を実体験できるコーナーまで設置されています。

この他、きれいに展示されている美しい化石や世界中から集められた宝石などは、女心をくすぐる展示物。世界最大のダイヤモンドは必見です。実際に鉱物に触れたり、クイズがあったりと、見学者が楽しめる工夫がなされているのでつい長居をしてしまいます。

変わった展示が面白い、「昆虫コーナー」

変わった展示が面白い、「昆虫コーナー」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

グリーン・ゾーンの「昆虫コーナー」には台所が設置されており、実際にどんな虫が住んでいるかが再現されています。害虫に属する虫たちの生態が紹介されているので、虫嫌いの方は台所周辺には近寄らないことをお勧めします。

珍しい昆虫なども沢山展示されているので、マニアの方にはたまらないコーナーです。

まとめとして

見所満載で、速足で見学しても数時間は見積もっておきたい、見どころ多い博物館。いかがだったでしょうか?

最寄駅は、地下鉄のサウス・ケンジントン(SOUTH KENSINGTON)駅です。駅からはエキシビション・ロードの入口のすぐ近くまで地下道が延びているので、利用することも可能。駅からの距離は徒歩約5分です。

両隣りには、「科学博物館」(SCIENCE MUSEUM)と「ヴィクトリア アンド アルバート博物館」(VICTORIA & ALBERT MUSEUM)が隣接しているので、博物館好きの方には1日たっぷり楽しめるエリアです。

いずれも入場無料なので、混雑は必至。開館時間に合わせてなるべく早めに入場することをお勧めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ