世界最高の最新技術に触れられる!アメリカ「MIT美術館」に行こう

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界最高の最新技術に触れられる!アメリカ「MIT美術館」に行こう

世界最高の最新技術に触れられる!アメリカ「MIT美術館」に行こう

更新日:2017/09/28 16:28

マサチューセッツ工科大学、通称MITはケンブリッジ市チャールズ川沿いに位置する全米指折りの名門大学です。そのレベルはとても高く、卒業生のノーベル賞受賞者の数は、世界一の大学と言われるハーバード大学よりも実は多いのです。

そんなMITには、キャンパス内に美術館があり一般の人も入ることができます。世界最先端の研究をしているといわれるMITの美術館には、その研究の歴史と最先端の技術が展示されています。

駅から美術館まで向かう途中に見える不思議な建物

駅から美術館まで向かう途中に見える不思議な建物
地図を見る

美術館まではTと呼ばれる地下鉄レッドライン、セントラル・スクエア駅(Central Square駅)から徒歩約10分、ケンダル/MIT駅(Kendall/MIT駅)から徒歩約15分でつきます。ケンダル/MIT駅から美術館に向かって歩く途中には、こんな奇抜なデザインの建物が!

これはスタタ・センター(Stata Center)と呼ばれる建物で、カナダ・トロント出身の建築家でフランク・オーウェン・ゲーリーがデザインしました。他にもカリフォルニア航空宇宙博物館などを手掛けた建築界の巨匠です。

普段も学生が勉強に使っており、「現代言語学の父」とも呼ばれるチョムスキーのオフィスもここにあります。

お財布に嬉しい!月の最終日曜日は無料開放あり

お財布に嬉しい!月の最終日曜日は無料開放あり
地図を見る

美術館は、10時から17時まで祝日を除き毎日開館しています。通常は入館料がかかりますが、9月から6月までは月の最終日曜日は無料で入館できます。(2015年6月現在)

大人も子供も夢中になって楽しめること間違いないので、ぜひ訪問してみてはいかがでしょう。

ロボット工学の歴史がわかる展示も必見

ロボット工学の歴史がわかる展示も必見
地図を見る

2階には、MITが今までに開発した様々なロボットが展示されています。形も人の顔をしたものや魚型、ロボットアームなどさまざまで、全然飽きません。

このユーモアあふれる表情をしたロボットは、キスメットという名前。驚きや怒りなどの感情を自由に動く目、唇、耳で表現できるようにつくられました。人と双方向でやり取りをすることを試みた世界で初めてのロボットです。

このように、MITが今まで行ってきた先鋭的な研究が、実物のロボットと共に説明してあるので誰にでもわかりやすい展示となっています。

視点を変えるとアートに早変わり、な写真達

視点を変えるとアートに早変わり、な写真達
地図を見る

期間展示は時期によって変わり、ロボットやコンピューター技術以外にも様々な展示が工夫をこらして行われます。

例えば、芸術作品に見えるこれらの写真は、研究に欠かせない画像解析の技術をつかって撮影されています。研究対象である物質も、見方と展示方法が違えばアートに早変わり!

このように、研究成果以外の部分や、普段は私たちが知らないような研究の裏側にある技術まで学べちゃいます。

最新の技術を使った子供向けの科学教室も開催されていて楽しそう!

最新の技術を使った子供向けの科学教室も開催されていて楽しそう!
地図を見る

第2・第4土曜日と毎週日曜日には、「アイデア・ハブ」と呼ばれる子供向けのワークショップが開催されています。

入館料を払えばだれでも無料で参加できます。参加する回によって、3D印刷やプログラミング等、内容が変わるので何度行っても楽しめます。子供よりもむしろ親のほうが真剣に取り組んでしまうかも!?

最後に

世界最先端の技術が学べるだけでなく、展示方法も体験型の展示が多いので大人から子供まで誰でも気軽に楽しめてしまう美術館です。科学や技術に興味がなくても大丈夫!

MITのキャンパス沿いにはチャールズ川が流れ、お散歩コースに最適。ボストンから隣の市まで少し足を延ばして、訪問してみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ