壮大な神殿群は必見!南イタリア・シチリア島「アグリジェント」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

壮大な神殿群は必見!南イタリア・シチリア島「アグリジェント」

壮大な神殿群は必見!南イタリア・シチリア島「アグリジェント」

更新日:2015/06/17 17:29

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

ギリシア神殿と言えば、ギリシア・アテネのパルテノン神殿が有名ですが、ここイタリアのシチリア島にも引けを取らないくらい観光地となっている所があるのです。それが今回ご紹介するアグリジェント!

神殿の谷と呼ばれる地域にギリシア神殿群が集積し、古代には30万人もの人々が住んでいた町。「人間の都市のうちで最も美しいもの」「アグリジェントを見ずしてシチリアを語るべからず」とまで言われる町へ行ってみましょう。

立派な外観を持つ教会群や装飾のある建物が見応えの旧市街

立派な外観を持つ教会群や装飾のある建物が見応えの旧市街

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アグリジェント(Agrigento)は、南イタリアのシチリア島の南西海岸近くに位置する町。地中海を隔ててアフリカのチュニジアに向かい合っています。見所は鉄道駅周辺の旧市街と遺跡群のある神殿の谷の二つに分かれています。

紀元前581年、ギリシア人によって築かれ、紀元前5世紀には非常に繁栄し、一時は30万人もの人口があったと言われています。現在はギリシアの大遺跡を抱える町として、旧市街が遺跡から2キロメートルほど離れた鉄道駅周辺に広がっています。

メインストリートはアテネア通り。左右に細い階段や路地が延び、商店やレストランが建ち並ぶ下町風の町並みです。石造りの建物のバルコニーには細密な細工の彫刻や美しいタイルの装飾が施され、見て歩くだけでも楽しくなってきます。また、歴史を感じさせる立派な教会がいくつもあり、修道院付きのサント・スピリト教会は特に見応えあり。坂道を上り切った見晴らしの良い所には堂々たる大聖堂が構えています。

考古学地区の神殿の谷へ

考古学地区の神殿の谷へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ギリシア神殿の集積した考古学地区の神殿の谷へは、鉄道駅前から出る1,2,3番の路線バスで5分ほどで到着します。歩いて行けない距離ではありませんが、遺跡内はかなり歩きますので、バス利用をお薦めします。

神殿の谷に到着したらまずはチケット売り場へ!チケット売り場は東側の遺跡群と西側の遺跡群の入り口のちょうど真ん中あたりにあります。チケットを購入したら先ずは東側から。

こちらには、8本の円柱が並ぶエルコレ(ヘラクレス)神殿、ほぼ完全な姿で残っているコンコルディア神殿、標高120メートルの丘の頂点に立つジュネーノ・ラチニア(ヘラ)神殿が並びます。といってもそれぞれの神殿の間は500メートルから1キロメートルほどありますので結構歩くことになります。また、遠くは地中海まで見渡せるので、遺跡前で休憩がてら眺めを楽しんでくださいね。

広大な神殿の谷を心行くまで

広大な神殿の谷を心行くまで

写真:Hiroko Oji

地図を見る

神殿の谷の東側を一回りしたら、元のチケット売り場に戻ってきて、今度は西側の入り口へ向かいましょう。こちらから入ってすぐの所にはジョーヴェ・オリンピコ(ジュピター)神殿が広がります。紀元前5世紀に建造されたもののその後破壊され地震にゆすぶられて瓦礫の山となったギリシア建築最大級の遺跡です。また、神殿を支える柱の一部だった7.75メートルの人像柱も横たえられています。もっともこれはレプリカで、本物は後述する国立考古学博物館に展示されています。

さらに西側の奥にはディオスクロイ(カストル・ポルックス)神殿の角のみ残されているのが目に入ってきます。この辺りは最古の地域で、大小さまざまな神殿の基部や祭壇跡などが残されていて、広〜いお花畑に囲まれています。長閑な風景の中、古代のロマンに浸れる貴重な時間となることでしょう。

国立考古学博物館前から見渡せる神殿の谷

国立考古学博物館前から見渡せる神殿の谷

写真:Hiroko Oji

地図を見る

神殿の谷から旧市街方面へ戻る途中にあるのが国立考古学博物館。シチリア有数の規模で、古代の繁栄を伺うには十分の展示品がずらりと並んでいます。とりわけ、ジョーヴェ・オリンピコ神殿を飾っていた高さ7.75メートルの人像柱テラモーネは目を引きます。また、紀元前470年の大理石像「アグリジェントの青年像」や神殿を飾っていた豊富な彫刻やアッティカ陶器のコレクションなど、見応えたっぷりの博物館です。

敷地内にはファラリーデの祈祷堂や小さな円形劇場があり、ここから神殿の谷を見渡す風景はとても素晴らしく、緑の中に神殿が点在する眺めにしばし見惚れてしまいます。隣にはサン・ニコラ教会が建っています。眺めを楽しんだら、バスに乗って旧市街へ戻りましょう。おっと、その前に、国道を挟んだ向かいにある紀元前4世紀に溯る町の遺構を見ることもお忘れなく!

サンレオーネの海辺の町から眺めるアグリジェント

サンレオーネの海辺の町から眺めるアグリジェント

写真:Hiroko Oji

地図を見る

神殿の谷を通り越してサンレオーネ(San Leone)の町へは2番のバスが便利です。終点の海が見える通りで下車したら、マリア像の見守る広場を越えて、クルーザーがたくさん停泊しているマリーナの方へ行ってみましょう。澄み切った綺麗な海をバックに、遠くは丘の上に広がるアグリジェントの町並み、そして緑の中に広がる神殿の谷が見渡せます。

マリーナから東方面へ歩いて行くと砂浜に、さらには磯浜へと続きます。海岸通り沿いにはホテルやレストランが建ち並び、夏になると海水浴客で賑うリゾート地。美味しいシーフードのレストランで一休みして、ゆったりした時間をお過ごしくださいね。

いかがでしたか?

アグリジェントは、鉄道やバスで日帰り観光が可能です。鉄道で到着したら駅前広場から遺跡まで路線バスが発着。バスで到着するのは、鉄道駅よりも北5分ほど坂道を上ったところにあるバスターミナルですが、ここからも遺跡までの路線バスが発着します。しかし、じっくりこの地を味わい、朝夕の観光客のいない風景をみるのも、またしっとりしていていいものです。ぜひ宿泊して、この壮大な遺跡の町を堪能されることをお薦めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/09−2014/04/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -