一度でヤミツキ!月一開館の大井川鐵道田野口駅「まちかど博物館」が温かい!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

一度でヤミツキ!月一開館の大井川鐵道田野口駅「まちかど博物館」が温かい!

一度でヤミツキ!月一開館の大井川鐵道田野口駅「まちかど博物館」が温かい!

更新日:2016/04/13 10:27

全国唯一SLを日常的に運行させ、SL動態保存のパイオニアとして多くのファンに親しまれている大井川鐵道。きかんしゃトーマスの運行でも話題ですが、大井川本線の田野口駅に月1回のみ「まちかど博物館」が開館されるのはご存知でしょうか?のどかな風景と心のこもった温かいおもてなしの数々に、訪れる人々の顔には自然と笑顔がこぼれます。地元の方々との触れ合いがたっぷりつまった癒しの「まちかど博物館」をご案内します。

昭和6年に開業したレトロな木造駅舎「田野口駅」

昭和6年に開業したレトロな木造駅舎「田野口駅」
地図を見る

大井川鐵道の大井川本線上にある田野口駅は、昭和6年に開業し築80年以上もの時を刻んだ古い木造の駅舎。昭和のレトロな雰囲気を醸しだす田野口駅は普段は無人駅として営まれ、ゆるやかな空気に包まれた雰囲気の中に静かに佇んでいます。

そのような静かな雰囲気がとても似合う田野口駅ですが、月に1回イベントが開催され、多くの人々のにぎやかな笑い声が駅舎内に響き渡ります。そのイベントこそが「大井川流域まちかど博物館」です。

開館は基本的に月1回のみ

開館は基本的に月1回のみ
地図を見る

まちかど博物館は、大井川流域の島田市から川根本町までに点在し、地元の方々と交流しながら大井川流域の歴史や文化などに触れ合うことができる地域密着型の博物館。館長をはじめ携わる方々の地域愛とアイディアがいっぱい詰まった魅力的なオンリーワンの博物館は、現在40館も開館されています。

大井川鐵道の田野口駅もまちかど博物館として認定され、基本的には毎月1回、第4日曜日に開館。現在総勢11名の「田野口駅花と緑の会」の皆さんが、来場される方々に無料で地元の美味しい川根茶をおもてなししてくださいます。普段は無人駅で施錠されている駅舎内を開館日に合わせてひらき、昭和の情緒たっぷりの駅舎内の様子を見学しながら、地元の方々と語らうことができる素敵な機会です。また、地域住民同士の語らいの場としても大切な1日になるんですって。

※5月は地元名物の川根茶の収穫で忙しく休館だったりと、日程は変則になる場合もあります。開催日については、「大井川鐵道」や「大井川で逢いましょう」のFacebookで事前告知あり。ページ下部のMEMO欄参照。

あたたかいおもてなしの数々に感動

あたたかいおもてなしの数々に感動
地図を見る

駅舎内に入ると「いらっしゃい」「さぁ座ってゆっくりして」と私たちを温かく迎え入れてくれる田野口駅花と緑の会の方々。更には、川根茶と一緒によかったらと皆さんの愛情がたっぷり詰まった手作りの美味しいおかずを小皿に分けて振舞い、来場者を丁寧におもてなし。来場者が一緒になってテーブルに座ってくつろげば、「どちらからいらしたんですか?」「美味しいですね」と不思議なくらい自然に周りの人と会話が生まれる空間に。

地元の方とコミュニケーションできるのも旅の醍醐味。田野口駅花と緑の会の皆さんはとても温かく気さくな方達ばかりなので、ぜひゆっくりされていろいろなお話を聞いてみてはいかがでしょうか?

昭和の雰囲気がたっぷり漂う駅舎内

昭和の雰囲気がたっぷり漂う駅舎内
地図を見る

昭和45年から無人駅となり、乗車券窓口等は板でふさがれ倉庫として使用されていましたが、平成18年に修復作業が完成し乗車券窓口等も復元。昭和30年代をイメージした駅舎は、映画やドラマの撮影地として使われ、更にはテレビや新聞の取材等も数多く行われています。昭和の雰囲気そのままにしたストーブやその上に置かれたやかん、机など、その当時の情景が目に浮かぶようで、自然と懐かしい気持ちになっていく空間がそこにはあるのです。

静岡県都市景観賞最優秀賞を受賞した田野口駅

静岡県都市景観賞最優秀賞を受賞した田野口駅
地図を見る

2007年には『地域住民と守る郷愁の風景「大井川鐵道田野口駅」』で静岡県都市景観賞最優秀賞(県知事賞)を受賞した田野口駅。駅舎がきれいで駅の周りには美しい花々が常に咲き誇っていますが、田野口駅花と緑の会の方をはじめとする地域住民の方々が清掃活動や花々と木々の手入れを行い、美しい景観を常に守っているのです。

数年、数十年と田野口駅に写真を撮影し通い続ける方々にも田野口駅の魅力を聞いてみました。地域住民の方々により愛情たっぷりと手入れされた駅で、春には桜、夏にはひまわり、秋にはコスモス、ススキ、紅葉・・・と大井川本線屈指の四季折々の風景も魅力的なんですよと。更には、その素敵な風景と一緒にSLや普通電車を撮影するのにも本当に最適な場所だと太鼓判!

また、まちかど博物館開館日にSLへ乗車される方は、田野口駅を通過する際には必ず駅の方を見ていて下さいね。田野口駅花と緑の会の方々がSLの皆さんに優しい笑顔で手を振っています。

ぜひみんなの思いがいっぱいつまった田野口駅へ!

地域住民の方々の日頃の駅舎の清掃や花々の手入れに加え、田野口駅を愛する方々達も定期的に有志で手入れをしているそうで、いろいろな皆さんの愛情がたっぷり注がれています。昭和の情緒漂う情景と地元の方々との交流によって懐かしさと癒しの気持ちを与えてくれるまちかど博物館。皆さん、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

一度訪れるとヤミツキになり、無性に次の開館日が待ち遠しくなる気持ちでいっぱいになることでしょう。田野口駅花と緑の会の方々も喜んで皆さんの来館をお待ちしています。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ