LA郊外にある「マクドナルド」の元祖というべきオリジナル店へ

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

LA郊外にある「マクドナルド」の元祖というべきオリジナル店へ

LA郊外にある「マクドナルド」の元祖というべきオリジナル店へ

更新日:2017/09/28 16:26

舟津 カナのプロフィール写真 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター

世界でもっとも有名なファーストフード店「マクドナルド」。その第1号店は「McDonald’s #1 Store Museum 」 としてアメリカイリノイ州にあります。しかし、それより前、チェーン展開する前の原点とも呼ぶべきお店が博物館としてLA郊外に!今回は“知る人ぞ知る”懐かしいグッズも揃う、「Historic Site of the Original McDonald’s」を紹介します。

絶好の撮影スポット!大きな看板が目印

絶好の撮影スポット!大きな看板が目印

写真:舟津 カナ

地図を見る

博物館の正面には「Historic Site of the Original McDonald’s」と描かれたシンボルカラーの赤と黄色の大きな看板が迎えてくれます。
看板の上には昔懐かしいマクドナルドのキャラクター「ハンバーグラー」、その横には現在は使用されていないレアなキャラクター「ビックマックポリス」の遊具があり、絶好の写真スポットに。
ちなみに「15¢」と描かれているのは、マクドナルド兄弟がここで出した最初のハンバーガーの値段です。
博物館は無料で、入り口には「15¢のハンバーガーはもう販売していませんが、無料でたくさんの思い出をサービスします」と描かれています。

珍しいグッズなどマクドナルドの歴史が所狭しとギッシリ

珍しいグッズなどマクドナルドの歴史が所狭しとギッシリ

写真:舟津 カナ

地図を見る

ここはマクドナルド兄弟が1940年に「マクドナルド・バーベキュー・レストラン」としてオープン。その8年後、内容を変え新たにオープンさせたのが、スピード重視の革新的ハンバーガーショップ「マクドナルド・レストラン」です。

店内は広くはありませんが、初代のロゴや店で使用されていたエプロンから、歴代のキャラクターグッズがぎっしり。レトロ感あるこのグッズは、現在でもオークションで高値で取引されているものも多いとか。

マクドナルドグッズのほかにも、その当時の歴史や写真もたくさんあります。

店内にはレアなオリジナルのお土産も!

店内にはレアなオリジナルのお土産も!

写真:舟津 カナ

地図を見る

展示されているグッズは購入できませんが、入り口には博物館のオリジナルグッズが販売されています。
残念ながらハンバーガーやポテトなどの食べ物はありませんが、初代マクドナルドのキャラクター「スピーディー」のTシャツや帽子などが販売されています。
ウインクしたシェフのキャラクター「スピーディー」は、現在もアメリカでは現役。歴史を持つ古いマクドナルドには使われています。

LA郊外まで行く時間がない人は、ダウンタウンLAのSantee Stにあるマクドナルドに行ってみましょう。ここでは今でも「スピーディー」のキャラクターが使用されています。

博物館の周りも見逃すな!

博物館の周りも見逃すな!

写真:舟津 カナ

地図を見る

店内も楽しいですが、建物の周りにはかつて活躍したマクドナルドのキャラクター遊具が並んでいます。
現在でも乗ることが出来き、子供はもちろん、大人も童心に帰って遊べます。
懐かしいキャラクターについついシャッターを押してしまいますよ。

ルート66も通る歴史ある場所

ルート66も通る歴史ある場所

写真:舟津 カナ

地図を見る

この博物館は、ロサンゼルスより車で1時間30分ほどにあるSan Bernardino市にあります。この場所は数々の映画や本に登場するイリノイ州シカゴとカリフォルニア州サンタモニカを結ぶルート66が通る場所でもあります。

ロサンゼルスからラスベガスへ車で向かう途中にあるため、休憩地点として立ち寄るのもよいでしょう。

おわりに、

いかがでしたでしょうか?
世界に約3万店舗の規模を誇るマクドナルド。その原点ともなるレストランは本当に小さな場所です。しかし、夢があふれる素敵な場所でもあります。
マクドナルドファンはもちろん、ビジネス的にも学べる場所なのではないでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ