女性ひとり旅を応援!和モダン部屋がお得「雲仙九州ホテル」

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女性ひとり旅を応援!和モダン部屋がお得「雲仙九州ホテル」

女性ひとり旅を応援!和モダン部屋がお得「雲仙九州ホテル」

更新日:2015/06/23 14:40

矢藤 りりかのプロフィール写真 矢藤 りりか ブロガー

「ひとり旅」ってカッコイイ響きがする、「ひとり旅」ってやってみたい。でも出来ない悩みはもしかして「食事と宿」ですか?

昼食は簡単に済ませばいいけど夕飯は...
女性なら気をつけたい夜道の問題や割高になるホテル代が気になりますね。

しかし時代は流れ「ひとり旅」を応援するホテルも!特に雲仙は小さい観光地の中にパワースポットあり、有名な雲仙温泉もあり女性の「ひとり旅」に不安なく歩ける土地です。

雲仙地獄に佇む立地抜群の老舗ホテルは女性ひとり旅に最適!

雲仙地獄に佇む立地抜群の老舗ホテルは女性ひとり旅に最適!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

雲仙の中でも注目したいのは「一人旅プラン」がある、1917年(大正6年)に開業した老舗の九州ホテルです。長崎市内や島原半島、諫早などからバスも多く出いていてアクセス抜群。迷うことなく「ひとり旅」でも到着できます。

そして雲仙地獄に佇む立地抜群の老舗ホテルは多くの人の目に留まり、目の前に広がる雲仙地獄から噴き出す温泉の湯けむりに覆われるホテルは風流で胸を打つほど優美であり、また温泉のもつ自然力を感じることができるでしょう。

リーズナブルで素敵な広い部屋が実現した和モダンの部屋!

リーズナブルで素敵な広い部屋が実現した和モダンの部屋!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

「ひとり旅」は寂しい。
そんなイメージを全くもって否定してくれる和モダンのプレミアダブルのベッドルームを提供してくれる九州ホテルの心意気に女性は感嘆するでしょう。
畳の部屋はありませんが、外国人用ホテルとして始まったホテルは随所に和のイメージが溢れていて寛ぎやすいのです。

ふかふかな布団に枕が2つ、広めのベッド(140cm×200cm)で本を読めるようにと背もたれのクッションもあり、「ひとり旅」の静かな夜には嬉しい配慮ですね。
クラシカルで重厚な机の引き出しの中には、雲仙に自生する植物やウンゼンの名前が付いた植物をモチーフにした浴衣があり、すぐに温泉に直行したくなります。
もちろんアニメティの歯ブラシやヘアケア製品も揃っているから忘れ物をしても大丈夫。

気になる一人旅プラン、こんなに素敵なのに2食付で平日は1万円前後からとリーズナブルな価格!!これこそ穴場のホテルです。

ひとり飯が楽しくなる!「喋々喃々」ダイニングでの和食コース

ひとり飯が楽しくなる!「喋々喃々」ダイニングでの和食コース

写真:矢藤 りりか

地図を見る

朝食のみの宿泊コースもありますが、雲仙にはレストランも少ないので、夕・朝付きの2食付宿泊コースがお勧めです。夕食は和食コースと和洋折衷コースがあります。夕飯では和食コースは「喋々喃々」で、和洋折衷コースは「百年ダイニング」で頂きますが、朝食はどちらのコースも「百年ダイニング」なので両方体験できる和食コースを選んでみては?

和食コースのメニューは、・前菜 ・向付 ・冷鉢 ・煮物 ・主菜 ・ご飯 ・止椀 ・香物 ・デザート。

アッ!と驚く季節を感じる美しい前菜から始まる、地元島原半島の野菜や有明海や近海のお魚をふんだんに使用した伝統の和食コースは、女性の心を鷲づかみしてくれる美しさ溢れる盛り付け。使われている和食器は深みのある色合い、繊細な和食器の美学が料理を、旅を盛り上げてくれます。
「ここのホテルに決めて良かった!」と心底感じるでしょう。悩みであったひとり旅の夕食の時間こそ、ここでは「ひとり旅」が楽しくなる時間です。飲める貴方なら旅の思い出に、地酒や焼酎もどうぞ!

日本初の国立公園に指定された温泉保養地、雲仙温泉

日本初の国立公園に指定された温泉保養地、雲仙温泉

写真:矢藤 りりか

地図を見る

雲仙・九州ホテルには、男性専用は「大地の湯」、女性専用は「四季の湯」、朝夕と男女交代に浸かれる「ひのきの湯」、露天付大浴場を贅沢に貸切り風呂できる「峰の湯(要予約)」と4つの温泉があります。

「大地の湯」と「四季の湯」にも露天風呂も付いているので、頭がのぼせたら露天風呂でゆっくり休みながら浸かりましょう。
「ひのきの湯」の底には手でつかめる泥があるのです!
女性は、この泥湯の泥を身体になすりつけ美肌になるおまじないも欠かせないですね。またかなり濃い硫黄泉のため、ツルツルの肌になること間違いありません。

憧れの「百年ダイニング」で朝食を!

憧れの「百年ダイニング」で朝食を!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

雲仙地獄を目の前にする「百年ダイニング」は重厚さ、美しさ、優美さ等と形容されますが、貴方がこの店内に入ったら、言葉を発することを忘れてしまうかもしれません。

「クラシカルな雰囲気と雲仙地獄の湯けむりが立ち昇る迫力ある景色が特徴のダイニング」

とのホテルの説明ですが、その言葉は真実。しばし言葉を忘れて見惚れるでしょう。
朝食は7:00スタートですので一番に行き、窓際の席で食事をとりましょう。晴れでも雨でも雲仙地獄を見ながらの朝食は、開業当時の100年近く前の景色と同じです。

「女性ひとり旅」デビューは観光も宿泊も満足する雲仙から!

時代は流れ、インターネットで旅情報を多々得られるようになりました。そして「女性ひとり旅」のキーワードもちらほらヒットします。
「女性ひとり旅」、どんな旅を望んでいるでしょうか。
仕事に疲れた体を休めたい、静かな場所を歩いてみたい、有名な観光地を訪ね歩きたい、様々な望みがあるでしょう。しかし、まずは「女性ひとり旅」というものに対して不安をなくしてスタートを切りたいですね。

雲仙は日本初の国立公園に指定された温泉保養地で、日本中から名湯を求めて旅行者が集まってきます。
観光といえば「雲仙地獄散策」「仁田峠」と見るところが限られる小さな観光地ですが、言い換えればどんな方でも湯にゆっくり浸かる湯治に近い旅ができるところなのです。
迷うことなく観光でき、ゆっくりと湯に浸かり、贅沢な気持ちをもちつつ滞在したい、「ひとり旅」デビューにぴったりの地。
今年は「ひとり旅」雲仙・九州ホテルで挑戦してみませんか!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/10−2015/06/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ