カリフォルニア・ディズニー至近、「アナハイム・パッキングハウス」はお洒落すぎるフードコート

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カリフォルニア・ディズニー至近、「アナハイム・パッキングハウス」はお洒落すぎるフードコート

カリフォルニア・ディズニー至近、「アナハイム・パッキングハウス」はお洒落すぎるフードコート

更新日:2017/09/28 16:25

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

カリフォルニア・ディズニーのあるアナハイム市は、近年地域の再開発に力を入れており、その要の一つ「アナハイム・パッキングハウス(Anaheim Packing House)」が2014年にオープン。個性的な飲食店に加え、内装の優れたデザイン性や楽しいイベント目白押しで、観光客も存分に楽しめること間違いありません。
まだ日本人観光客が皆無、ディズニーから車で5分の「パッキングハウス」を大解剖します!

1919年築の歴史的建造物が、オシャレなフードコートに!

1919年築の歴史的建造物が、オシャレなフードコートに!

写真:藤谷 愛

地図を見る

アナハイム市があるカリフォルニア州オレンジ・カウンティー(郡)は、その名の通り柑橘類の栽培で有名な地域でした。「パッキングハウス」は1919年に建造された、当時の農場から市場への出荷拠点となった場所。収穫されたオレンジやレモン等が一気にこの場所に集められ、洗浄、品質チェック、ラベル貼付、そして最終的に「パッキング」され、建物の隣に敷かれた貨物鉄道にのり、全国に流通していきました。

現存する建物を改築し、フードコートに変身させたのが2014年。20軒以上集まった飲食店の中には、「カリフォルニア初」や「ココでしか食べられない」といった個性的なお店が含まれます。
コーヒーやジュース類のお店は午前9:30オープンで、食べ物類は午前10:30ですが、のんびりお昼過ぎに行くと大混雑の人気ぶりです。

トラクターも内装の一部?驚愕のインテリア・デザイン!

トラクターも内装の一部?驚愕のインテリア・デザイン!

写真:藤谷 愛

地図を見る

内部は2階建ての作りで、中心部は吹き抜けになっています。吹き抜け部分にはとてもフェイクとは思えない植物の飾りや、ふかふかのソファーやローテーブルなどもあり「これ、フードコート!?」とついつい言いたくなるほど心地のいい空間です。なんと3〜4人掛けのブランコもあり、子供そっちのけで大人がブラブラしていることもしばしば。その中心地を囲うように飲食店が並びます。
2階には、「オレンジ・カウンティー」をイメージさせるお土産屋さんや飲食店があり、写真にあるように、バーの隣にはトラクターが鎮座!これに乗っかって記念撮影もできますよ。

食事をするだけではなく、店舗やインテリアの趣向をじっくり見て回っても十分楽しめます。

まだ南カリフォルニアでしか食べられない「ザ・クロフト」

まだ南カリフォルニアでしか食べられない「ザ・クロフト」

写真:藤谷 愛

地図を見る

「農場からテーブルへ」をコンセプトに、地域の農家と手を組んで、日本でいう「地産地消」を実践している「ザ・クロフト(The Kroft)」。未だ南カリフォルニアに5店舗ながらも、大人気のお店です。

香ばしく焼き上げた豚肉を「これでもか!」とフランスパンに詰め込んだサンドイッチは、カリフォルニアンのお腹と舌を魅了しています。特筆すべきは、あまり南カリフォルニアでは見ない、カナダ東部のB級グルメ「プーティーン」を提供していること。
フライパンにどっさり乗った二度揚げのフライドポテトに、グレイビーソースやチーズをこれまたどっぷりとかけた、カロリーを想像するに恐ろしい食べ物ですが、味は絶品!
その他、ミニキャベツとベーコンをカリカリに焼きあげた前菜やサイドメニュー類も充実しています。

カスタマイズ方式のジェラートバーにハマる!ニューヨーク生まれの「ポップ・バー」

カスタマイズ方式のジェラートバーにハマる!ニューヨーク生まれの「ポップ・バー」

写真:藤谷 愛

地図を見る

ニューヨーク生まれのスティック・ジェラートショップ、「ポップ・バー(POP BAR)」は世界中にもまだ20店舗未満という新進気鋭のジェラート店。カリフォルニアでは唯一、パッキングハウスにあるだけです。
ジェラートをアイスバーにして、トッピングが自由自在に楽しめるのがこのお店の特徴。今アメリカのファストフードでも大流行の「カスタマイズ方式」なのです。

まずベースとなる写真のアイスバーを選びます。それにダークやミルクなどのホットチョコレートを選んでかけます(正確には、お店の人がかけてくれます)。かけ方もお客さんの自由で、全部かけ、半分かけ、縞々模様かけ、などあり、その上からピスタチオ、キャラメルコーン、ヘーゼルナッツ、ココナッツフレークなどを自由に選んでかけます。滞在中、何度通ってもいつも違う味が楽しめそうですね。

実はこのお店、2015年6月に渋谷・表参道に日本初進出。本場の食べ方とそのまま同じか、お近くにお住まいの方や東京観光される方は是非お試しあれ!

ココでしか買えないお土産も充実!

ココでしか買えないお土産も充実!

写真:藤谷 愛

地図を見る

2階のお土産売り場には、ここでしか買えない商品が並びます。
パッキングハウスの可愛いイラストが描かれたオリジナルのエコバッグやTシャツ、はたまたオレンジの特大クッションまで!シトラスの香りのするキャンドルや、農場をイメージする可愛い豚の貯金箱などもあり、プレゼントする相手に合わせてじっくり選ぶことができます。

イベントもホームページから必ずチェック!

パッキングハウスは単なるフードコートというだけではなく、その広いエリアを駆使していろいろなイベントを行っています。例えば、新鮮な農作物や加工品が集まる「ファーマーズ・マーケット」は毎週日曜日の開催。ヨガのクラスやミュージックイベントも多数開催されています。記事の下にある「MEMO」にホームページリンクがありますので、滞在日に合わせてイベントチェックしてみてください。

カリフォルニア・ディズニーリゾートからちょっと外に出て、ローカルの人たちと美味しい食事とイベントを楽しんでみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ