東京・門前仲町「フルータス」で究極のフルーツパフェ!さくらんぼや桃の甘味に感動!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京・門前仲町「フルータス」で究極のフルーツパフェ!さくらんぼや桃の甘味に感動!

東京・門前仲町「フルータス」で究極のフルーツパフェ!さくらんぼや桃の甘味に感動!

更新日:2015/06/24 17:39

野山 苺摘のプロフィール写真 野山 苺摘 グルメライター、覆面調査員、推理イベント作家

富岡八幡宮のある東京下町の門前仲町。休憩処としてあんみつ屋や甘味処がいくつかあるのですが、実はこの街で最も注目されているスイーツはパフェ。「フルーツカフェ フルータス」は地元の人々だけでなく、遠方から旅で訪れる人にも大人気!季節ごとに今しか食べることのできない完熟フルーツを使用したパフェが登場。タワーのように積み上げられたパフェは圧巻!下町観光へ訪れるときにはフルーツパフェで喉を潤してみませんか。

こだわりの厳選果実のパフェ

こだわりの厳選果実のパフェ

写真:野山 苺摘

地図を見る

東京メトロ門前仲町駅から徒歩3分。富岡八幡宮のほど近くに「フルーツカフェ フルータス」というパフェとフルーツの専門店があります。席数はカウンターとテーブルを合わせてもたった9席とかなりこじんまりしていますが、土日祝日の昼間は行列必須の人気店です。

特に6月から7月にかけては毎年さくらんぼのパフェが大好評。佐藤錦のパフェや大粒で高級品種の紅秀峰のパフェ等、ぷりっとハリがあり甘味の強いさくらんぼの味に感動する女性で大賑わい!もう少し早い時期ならアメリカンチェリーのパフェに出会えることも。

おいしさのヒミツはフルーツだけではありません。ホイップクリームの濃厚さや、果実の旨みを閉じこめたアイスも魅力です。タワーのように高く層になった見た目も芸術的です。

夏は夢白桃と黄金桃がオススメ!

夏は夢白桃と黄金桃がオススメ!

写真:野山 苺摘

地図を見る

フルータスでは季節ごとに旬のフルーツを使用した限定パフェを提供しているので、訪れるたびにメニューが変わっていることが多いです。夏真っ盛りの時期には桃のパフェが!しかもさくらんぼのパフェ同様、品種ごとのパフェが存在し、桃のパフェだけで数種類メニューがあるのです。運が良ければ3種以上揃っていることもあり、友人や家族と数人で来店すればみんなでシェアしてそれぞれの味を食べ比べすることも可能!

特にオススメは「夢白桃のパフェ」と「黄金桃のパフェ」です。希少な桃を惜しみなく使っているので価格はかなりリッチ。フルータスが厳選した桃のジューシーさはやみつきになる人が多く、3000円近い値段のパフェでも遠方から気合を入れて味わいにくるファンもいます。

冬場に人気のあまおうワッフル

冬場に人気のあまおうワッフル

写真:野山 苺摘

地図を見る

12月から1月にかけて大変人気があるのはあまおうを使用したメニュー。フルータスではとても大粒のあまおうを豪快に積み上げた「あまおうパフェ」の他に、外はサクサク中はふんわりしたワッフル生地と共にいちごを堪能する「あまおうワッフル」も毎年好評です。ワッフルの大きさと比較して、あまおうがどれだけ大きいのか想像してみて下さい。実際に目の前でみると写真以上の迫力です!

焼きたてのワッフルには2種のソースが添えられています。1つは定番のメープル、そしてもう1つはカスタードソースです。さらに皿の中にはいちごのソースも!最初は何もつけずに、そのあとはいちごソース、ラストはメイプルとカスタードも加えて食べるなど、自分の好みの組み合わせで何通りもの楽しみ方ができます。もちろんあまおうの実はソース等をつけなくても糖度が高く嬉しい甘さです。

最後に

フルータスで人気のあるメニューはパフェやワッフルだけではありません。実は「アボカドサンド」も長年愛されているメニューの1つ。パンの厚みよりも具の量のほうが多いことにびっくりするサンドイッチで、たっぷり入った粒マスタードが味の決め手です。

フルーツサンドなど持ち帰りができる商品もあるので、富岡八幡宮や清澄庭園の観光の際に是非立ち寄ってみてはいかがでしょう?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -