地元民に人気の穴場!ベトナム・チャウドック「サム山」を登ろう!

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地元民に人気の穴場!ベトナム・チャウドック「サム山」を登ろう!

地元民に人気の穴場!ベトナム・チャウドック「サム山」を登ろう!

更新日:2015/06/24 16:16

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナム南部メコンデルタ地方には、「チャウドック」という町があります。カンボジアとの国境近くまで来るので、外国人観光客の姿はほとんどありません。そんなベトナムの秘境ともいえる素朴な町中に聳える標高約230mの「サム(Sam)山」には、ベトナム全国から仏教徒が押し寄せる由緒正しい寺院や、旅行客も楽しめるナイトマーケットがあります。今回は、チャウドック旅行で欠かせないサム山をご紹介します。

ショッピングエリアはサム山の玄関口

ショッピングエリアはサム山の玄関口

写真:古川 悠紀

地図を見る

サム山の玄関口となる裾の場所には、一泊500円〜1000円前後の安宿や、食堂、日用雑貨が売っている個人商店が並んでいます。ショッピングセンターをはじめ、パパマママショップのようなミニスーパーはチャウドックには一切ありません。

サム山の中で開けているのはこのエリア一帯のみで、ここまでなら市街地からセーロイダップと呼ばれる人力車で安く行くことができます。しかし、ここより上に登る際は、バイクタクシーを利用する必要があります。

また、安宿は寺院に参拝するために遠方から来るベトナム人向けなので、かなり汚い部屋でバックパッカーでも遠慮しがちです。外国人向けのホテルはサム山には「ビクトリア・ヌイ・サン・ロッジ」しかありません。

麓にある「バー・チュアスー廟」はサム山最大の観光スポット

麓にある「バー・チュアスー廟」はサム山最大の観光スポット

写真:古川 悠紀

地図を見る

「バー・チュアスー廟(Mieu Ba chua Xu)」はサム山の麓にある由緒正しき寺院。寺に続く参道の両脇には供え物や服飾雑貨を売るお店が多数並んでいて、ちょっとした縁日気分を味わえます。この寺院は熱心な仏教徒が絶えず参拝に訪れ、ツアーバスも多く往来します。

旧暦の4月23日から27日は法要祭が行われ、一層盛り上がりをみせます。ベトナム人にとって供え物で最もよしとされているのが子豚の丸焼き。頭を切り取って、下の部分を僧侶に贈ります。

サム山のナイトマーケットは広範囲にわたる

サム山のナイトマーケットは広範囲にわたる

写真:古川 悠紀

地図を見る

バー・チュアスー廟の参道とその周辺一帯は、夜になると夜店が多数出没して、ナイトマーケットとなります。服飾雑貨や仏像の置物など、お土産に買いたくなるものもありますし、見て回るだけでも楽しむことができます。

バー・チュアスー廟は夜になるとライトアップされ、一層参拝客が多くなりますので、昼に訪れた方も再度見学してみてください。また、廟から歩いてすぐ見える西安寺周辺も夜は屋台が多数でます。

ナイトマーケットで屋台グルメを堪能

ナイトマーケットで屋台グルメを堪能

写真:古川 悠紀

地図を見る

サム山のナイトマーケットはホーチミン市内のどこよりも規模が大きいのが魅力。屋台で食べる料理は雰囲気も相まってよりおいしく感じられるはず。

ここで食べておきたいおすすめの屋台料理は2つ。
ブン・リウ・クワ(Bun rieu cua)……米粉麺のブンを使った麺料理。トマトをベースにした酸味のあるスープに、具はカニのすり身。これで一杯70円程度なので、非常にリーズナブルです。

チキン……骨付きのチキンを炭火でじっくりと焼いたジューシーな鶏肉。西安寺界隈にこの料理を扱う屋台や商店が並んでいます。値段は400円程度。

そしてサム山の山頂へ!

そしてサム山の山頂へ!

写真:古川 悠紀

地図を見る

麓からサム山の山頂まではバイクタクシーで約10分程度。山頂は現地人向けの休憩スポットとなっていて、ハンモックで休憩できるカフェが並んでいます。若干観光客を意識した置物系雑貨類を扱う商店もあります。

ここから望む景色はかなり美観。日によっては霧がかかっていますが、それも幻想的です。現地人のカップルや、小さなお子さん連れのファミリーもピクニック気分でここに訪れるようで、シートを敷いてお弁当をとっている家族もいました。

おわりに

サム山の一番の楽しみは、日が暮れてからの時間。ナイトマーケットの散歩や屋台グルメの梯子、仏教寺院を見学したりと、すべて徒歩圏内で活動できます。バー・チュアスー廟周辺は夜遅くまでセーロイダップ(人力車)やバイクタクシーが待機していますので、市街地に宿をとっている方も安心して楽しむことができます。チャウドック旅行の際は、是非サム山へお越しください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ