パステルカラーの街並みに一目惚れ!南仏、イエールの旧市街

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

パステルカラーの街並みに一目惚れ!南仏、イエールの旧市街

パステルカラーの街並みに一目惚れ!南仏、イエールの旧市街

更新日:2015/06/29 10:50

遠藤 唯菜のプロフィール写真 遠藤 唯菜 トラベルライター

1年の約300日が晴天と言う、青い海や美しい島、緑豊かな自然など、魅力が詰まっているイエール。
そこで暮らす陽気で温かい人々、どこか懐かしく、可愛らしいパステル調の街並みが広がる旧市街をご紹介します。

イエールは、南仏の大都市ニースとマルセイユの間にある、小さな街なので、観光客で混雑する心配もなく、自分だけのお気に入りのスポットを見つけられる、必見の穴場スポットです!

コート・ダジュール発祥の地、2400年に渡るイエールの歴史

コート・ダジュール発祥の地、2400年に渡るイエールの歴史

提供元:暮らすように旅する・南仏ホームステイ

http://mistral83.jimdo.com/地図を見る

イエールは、紀元前4世紀には、古代ギリシャの地中海貿易の窓口として栄え、9世紀〜13世紀には、貴族たちによって街が形成され、中世を思わせるその街並みは、今でも美しく保たれています。

美しい地中海の青さと、一年を通して温暖な気候が人気を集め、英国のヴィクトリア女王を始めとする、ヨーロッパ各地の王侯貴族らが、避寒地としてイエールを訪れるようになりました。

1887年には、副知事のSTEPHEN LIEGEARD氏が、「イエールでは冬でも太陽が見られる」ということを聞きつけ、イエールを訪れた際、美しい海を見て「コートダジュール」(コート:坂や海岸という意味、ダジュール:空や海の青という意味)と名付けました。
南仏の美しい海岸を総称する「コート・ダジュール」発祥の地。ヨーロッパ各地の王侯貴族を虜にした、イエールの美しさを存分にお楽しみ下さい!

地中海の風を感じて!本場のオリーブとワインに酔いしれる!

地中海の風を感じて!本場のオリーブとワインに酔いしれる!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

イエールの旧市街は、「PORTE MASSILLON」と言うアーチが入口となります。そこを抜けると、石畳の道が目の前に現れ、中世の絵になりそうな、小さくて可愛らしいお店が軒を連ねます。店の前では、住民が情報交換をしたり賑わいを見せます。肉屋、魚屋、パン屋、ワイン屋、カフェや、また本場のオリーブまで様々で、手軽な値段で量り売りになっています。

地中海の爽やかな風を浴びて、本場のオリーブをつまみながらワインを嗜むのも、とても贅沢で至福の時間ですね!

イエールの観光局は、旧市街の近くにありパークホテルという歴史的建造物の中にあります。周辺地図もとてもわかりやすく、予定も立てやすいので、ルートも把握できてお勧めです!

ポストカードのような景色が広がる、パステルカラーの街並み

ポストカードのような景色が広がる、パステルカラーの街並み

提供元:暮らすように旅する・南仏ホームステイ

http://mistral83.jimdo.com/地図を見る

市場を抜けて、さらに石畳の細い小道を進んでいくと、様々なパステルカラーの家々が見えてきます。
太陽に照らされたパステルカラーの壁に、赤、紫、オレンジと鮮やかに咲くブーゲンビリアの花がとっても可愛いです!

どこを切ってもポストカードになりそうな風景に、目を奪われること間違いなしです!イエール旧市街ならではの、記念撮影にぴったりな場所もたくさんありますし、自分だけのお気に入りのスポットを見つけるのも楽しいですね!

まるで「魔女の宅急便」!?坂を登った先に見えるのは…

まるで「魔女の宅急便」!?坂を登った先に見えるのは…

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

パステルカラーの家々を楽しみながら、さらに道なりに坂を登ると、サン・ポール教会の広場にでます。12世紀の城壁の門があり、ルネサンス様式の屋敷もあるので、中世にタイムスリップしたような感覚さえ覚えます。

教会前の広場に立つと、赤レンガの家々が連なる街並みと、青く輝く地中海が目に飛び込んできます!まるで、「魔女の宅急便」のキキが飛んでいそうな景色でワクワクしますね!

ここまでは上り坂で、軽いハイキングになりますが、辿り着いた瞬間に、輝く絶景に大きな感動を味わうこと間違い無しです!
更に登ると、地中海性の植物が美しく植栽された植物園(Le parc Saint Bernard)もあり、ここでしか見れない種類の植物も豊富にあるので必見です!

おわりに

イエールの旧市街は、歴史深いだけではなく、今も市民の活気溢れる生活が垣間見れたり、美味しい食材を手軽に堪能できたり、目を奪われる絶景や可愛い家々などに出会えたりと、見どころがたくさんあります!

地中海の爽やかな風を感じながら、自分だけのお気に入りのイエールを見つけて楽しめること間違い無しです!

また、イエール観光局のツアーやガイド案内も現地在住の日本人スタッフが作成してくれており、HPも日本語で見れるので旅の強い味方です!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/30−2014/06/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -