「フレイザーレジデンス南海大阪」で住まうようなホテルライフ

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「フレイザーレジデンス南海大阪」で住まうようなホテルライフ

「フレイザーレジデンス南海大阪」で住まうようなホテルライフ

更新日:2015/07/03 11:57

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

いつも賑やかな街・大阪「難波」。グルメ、エンターテイメントなど多くの人を惹きつける魅力溢れる街です。そんな賑やかな難波の中心に、落ち着いた雰囲気のデラックスホテル「フレイザーレジデンス南海大阪」があります。

その立地もさることながら、住まうようなレジデンスホテルの機能性や、施設やサービスのクォリティが魅力。より我が家にいるようなリラックス感を求める人におすすめのホテルです。早速紹介しましょう。

「住」と「ホテルステイ」の密接な関係

「住」と「ホテルステイ」の密接な関係

提供元:フレイザーレジデンス南海大阪提供

ゲストはホテルへ「非日常感」を求めますが、落ち着いた快適性や利便性といった「住」の要素も大きく加味されます。更に「癒しの空間」であることも重要です。

最近、ホテルのタオルや枕にシーツといったホテルグッズの売れ行きが良いといいます。「ホテル仕様」が好きな人も多いのではないでしょうか。それだけホテルは快適な空間であることの裏付けですが、「住」と「ホテルステイ」の密接な関係は、ホテルステイの永遠のテーマのような気がします。

高級マンションのような落ち着いた雰囲気!

高級マンションのような落ち着いた雰囲気!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

大阪難波の中心にある「フレイザーレジデンス南海大阪」は、、「ホテルと住」の両面を持ち合わせた「レジデンスホテル」という究極のスタイル。都市生活者や日本に滞在する外国人にちょっとしたブームとなっています。

外資系チェーンのレジデンスホテルだけに、スタイリッシュなロビーや、高級マンションのような落ち着いた雰囲気のパブリックスペースはさすがです。同一施設内にホテル客室とレジテンス(住居)の客室があることもうなずけます。

質の高いパブリックスペースが嬉しい

質の高いパブリックスペースが嬉しい

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルのパブリックスペースといえば、レストランやバンケット施設といったシティホテルをイメージしますが、宿泊者以外でも不特定多数の人々が行き来します。レジデンスホテルはホテルとしてのコミュニティ機能というよりも、居住者とのパブリックスペース共用が特徴。

クォリティの高いジムやサウナ、スタイリッシュなゲストラウンジを備えているのが魅力です。もちろんラウンジ内は、無線インターネットの接続環境も整っていますので、読書や談話スペースとしてはもちろん、ビジネスにも有効活用できそうです。

住を意識した設えが

住を意識した設えが

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

清潔感溢れる客室は、落ち着いた高級マンションの一室のような雰囲気を醸し出しています。客室の一番の特徴は「住」ということで、充実したキッチンを完備していること。調理器具や食器も揃っているので、自宅にいるような気分で料理が楽しめます。

食い倒れの街大阪。周囲には魅力的な飲食店も多いのですが、この客室に滞在すると、食材を仕入れ料理したくなってきます。また、高機能な洗濯機も設置されているので、気兼ねなく自宅の寛ぎが実現できるともいえるでしょう。

客室で料理や洗濯も!

客室で料理や洗濯も!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

このようなレジデンスホテルを利用すれば、たまった洗濯物を洗ったり、外食ばかりの中で食材を買い込み料理を楽しんだり、長い旅の途上で「リフレッシュするホテル」になることでしょう。

デラックスホテルならではの洗練されたスタッフサービスと、コンドミニアム的な寛ぎを兼ね備えたホテルならではの「我が家にいるような」寛ぎが実感できます。

おわりに

非日常感たっぷりの旅。ホテルも非日常感を大切にする施設は多く、特に都市部のデラックスホテルは刺激的なホテルが多いのもまた事実。一方、刺激的な旅の途上では、せめてホテルではゆっくり落ち着きたいというゲストに、「住」のあるホテルステイはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/19−2015/03/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -