ファン必訪!エジンバラ『ハリー・ポッター』が生まれたカフェ

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ファン必訪!エジンバラ『ハリー・ポッター』が生まれたカフェ

ファン必訪!エジンバラ『ハリー・ポッター』が生まれたカフェ

更新日:2015/06/26 16:51

みゆ ごんたのプロフィール写真 みゆ ごんた

イギリス北部、スコットランドの中心エジンバラには、世界中で一大ブームを巻き起こし、現在でも世界中にファンを持つ『ハリー・ポッター』シリーズの著者J・K・ローリングが、1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』を執筆する際に通っていたカフェ「ザ・エレファント・ハウス(The Elephant House)」があります。今回は、ファンなら1度は行ってみたいハリー・ポッターゆかりの場所をご紹介しましょう!

ちょっと意外!?アジアンテイストな内装

ちょっと意外!?アジアンテイストな内装

写真:みゆ ごんた

地図を見る

エレファント・カフェはエジンバラの街中、エジンバラ城から歩いて10分ほどの場所にあります。比較的大きめの通りに面しており、真っ赤な外観が特徴です。
カフェの名前からもわかるように、お店に入るとたくさんの象のオブジェが目に入ります。ハリー・ポッターの雰囲気からは少し意外!?なアジア風の内装が、どこか落ち着く雰囲気のあるカフェになっています。

食事のメニューとしては、ピザやハンバーガー、ラザニア、サラダなどに加えて日替わりスープやケーキもあるのでランチや小腹が空いた休憩にはぴったりの場所です。コーヒー系のメニューでは、エスプレッソやアメリカーノをはじめ、カフェオレやフラットホワイト(オーストラリアやニュージーランドでポピュラーなコーヒー)もあります。紅茶は、イギリスでは定番フレーバーのイングリッシュ・ブレックファーストからハーブティーの種類も充実しているので、毎日通ってどれも試したくなってしまいます。

おすすめの席はカフェの奥!

おすすめの席はカフェの奥!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

入口の注文カウンターの周辺は少し混んでいることが多いです。落ち着いてお茶を楽しみたい方は店員さんにお店の奥を案内してもらいましょう。オレンジを基調とした店内は、大きな窓から自然光が入り、アンティーク風の家具や観葉植物がたくさん置いてあるのでリラックスできる空間になっています。

また、カフェの窓からは世界遺産エジンバラ城を見ることもできます。落ち着いた雰囲気の店内でエジンバラの景色とティータイムを楽しみながら、J・K・ローリングがハリー・ポッターシリーズを執筆していた頃に思いを馳せる…なんてファンとしては至福のひと時ではないでしょうか。

J・K・ローリングは窓側の席を利用していたと言われていますので、もし窓側の席に座れたらラッキーですね!

※写真のドリンクはカフェラテです。

J・K・ローリングの写真も見られる!!

J・K・ローリングの写真も見られる!!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

カウンター近くに壁にはJ・K・ローリングがお店を訪れた際の写真やハリー・ポッターに関する新聞記事の切り抜きが飾ってあります。カフェの中でも特に「彼女が本当にここ来ていたんだ!」ということが実感できる部分だと思います。

J・K・ローリングは、今となってはハリー・ポッターシリーズによる成功者として世界に知られていますが、その人生は常に順風満帆というものではありませんでした。ハリー・ポッターシリーズの誕生は、彼女がロンドンに向かう電車に乗っている際に主人公3人のイメージが浮かび、この時にシリーズ全体の構成がほとんどできていたそうです。そこから執筆を始めたJ・K・ローリングでしたが、シリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』は、母を難病で亡くし、結婚出産を経て離婚を経験、精神的にも不安定な中で生活保護を受けながらの執筆でした。特にエレファント・ハウスのあるエジンバラで生活した頃は、彼女にとってつらい時期だったそうですが、そんな苦労を乗り越えてのハリー・ポッターの大成功だったんですね。

イギリス国内には映画『ハリー・ポッター』のロケ地がたくさんありますが、たまにはハリー・ポッターの著者J・K・ローリングにまつわる場所を訪れてみると、より深くハリー・ポッターを楽しめるのではないでしょうか?

ファンには嬉しい!お土産も買える!

ファンには嬉しい!お土産も買える!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

カウンターの近くにはお土産コーナーもあり、ポストカード、Tシャツ、缶バッジなどを買うことができます。ポストカードにはエレファント・ハウスの外観や象が手書き風のデザインで描かれています。また牛乳びんのような入れ物に入ったキャンドルはとってもかわいいので、インテリア好きな方へのお土産にもぴったりです。エレファント・ハウスを訪れた記念におしゃれなグッズが手に入るのは、ファンには嬉しいですよね!

おわりに

エレファント・ハウスは、エジンバラ城(Edinburgh Castle)から徒歩10分ほど、スコットランド国立博物館(National Museum of Scotland)から徒歩3分ほどという非常にアクセスしやすい場所にあります。エジンバラ観光のプランに組み込みやすいのも嬉しいポイントです!

注文してからテーブルにつくスタイルなので、時間によってはレジから入り口近くまで行列ができていることもあります。あまり時間のない場合は、お昼時など混雑する時間帯を避けて行ったほうが時間を節約できるかもしれません。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ