サントリー九州熊本工場と一緒に「タップバーレストラン 阿蘇」

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サントリー九州熊本工場と一緒に「タップバーレストラン 阿蘇」

サントリー九州熊本工場と一緒に「タップバーレストラン 阿蘇」

更新日:2018/03/28 19:57

天草野 黒猫のプロフィール写真 天草野 黒猫 元バックパッカー

サントリー九州熊本工場見学の後、ビールで食欲が増している方に絶好のレストランが2015年5月オープンしました!併設の地産地消にこだわった「ザ・プレミアム・モルツ タップバー/レストラン 阿蘇」です。

名前のとおりU字型のタップバーに33個のタップがずらり。レストランの中にはここでしか生産していない「火の国ビール」もあり、その仕込設備が店内で間近にみられるのも魅力。工場見学の二次会にいかがですか!

あかがね色の「火の国ビール」はここだけ!

あかがね色の「火の国ビール」はここだけ!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

店内にはいると3つのエリアにわかれています。

その中でも興味深いのが、実際にビールを作っている醸造設備をみながら食事ができる「ブルワリーエリア」(*ブルワリーは英語でビールを醸造する場所の意味です)。

このぴかぴかの仕込設備の中で、このレストランでしか生産していない「火の国ビール」がつくられています。実際に作られているので、時々職人さんがやってきて、ビールの管理をするため仕込設備をあけて湯気が立ち上っているのもおもしろい!

この「火の国ビール」の特徴は、アルトタイプ(上面発酵)。色は火の国をイメージしてあかがね色。少し小さめのグラスに注がれてくる、火山の火を思わせる色にはうっとりです。口に含むと麦芽の香ばしさのある個性的な味。ぜひ飲んでみてくださいね。

めったにみられない光景を間近にみつつ、そこでできた「火の国ビール」をいただくと格別の思い出になりますよ。

U字型のカウンターに、33個のタップがずらり

U字型のカウンターに、33個のタップがずらり

写真:天草野 黒猫

地図を見る

レストラン中央では、U型のタップバーが迎えてくれます。テーブルについて、食事をしながら緑を背景にビールを注ぐ姿をみているだけで、落ち着きます。なんとも美しい風景。

このエリアでのお薦めは、バーカウンター専用スペシャルコース

「The Premium Malt’s Tasting」
(ザ・プレミアム・モルツ、香るプレミアム、マスターズドリームの飲み比べセット)

自宅ではめったにできない飲み比べ。サントリーの代表ブランド「ザ・プレミアム・モルツ」の特長、“華やかな香り”“深いコク”“クリーミーな泡”をじっくり味わいましょう。それぞれのグラスで飲み比べると違いがはっきりわかります。

レストランでしっかり味わって、自分の好みをさがしておくのもいいですね。カウンターバーに腰かけて、ビールの美しい色と広い庭の緑をこころゆくまで堪能できます。

料理は熊本の地産地消がコンセプト!

料理は熊本の地産地消がコンセプト!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

ビールにはやっぱりおいしいお料理ですよね!
豊富なサンドウィッチ、特別コースの「熊本県産牛のグリルコース」。(2名から要予約)90分飲み放題のパーティメニューも用意されています。

熊本県は赤牛が有名ですが、香心ポークや野菜もおいしい場所です。熊本南西の島、天草からきびなごなど海の幸のフリットも用意されています。

写真の「高菜オムレツサンド」は、熊本のソウルフードでもある高菜を使ったオムレツ。写真奥の「上益城ハンバーグサンド」はレストラン近くの藤木牧場と村上牧場のビーフを使用したハンバーグです。ご近所の牧場からのお肉が使われているのも、まさしく地産地消。

サンドウィッチはイギリスパンを炭火ローストしてあるというこだわりもうれしく、ボリュームいっぱい。熊本を味わいながら、ビールをゴクリと流し込むのは最高です。

おつまみメニューも充実!

おつまみメニューも充実!

写真:天草野 黒猫

地図を見る

試飲でお腹いっぱいの方にちょっとおすすめなのが、おつまみメニューの南阿蘇のソーセージやピクルス、お魚のフリット。そして、ちょっとかわったところでビアカフェラテやフランスの焼き菓子カヌレ。

香るプレミアムの香を楽しみながらいただくカヌレ。ヨーロッパのカフェ気分が味わえます。カヌレはボルドーの修道院で作られていた焼き菓子。香りとビールの苦み、カヌレの甘味の3重奏を楽しめます。ランチビールはお休みの最高のぜいたく。優雅にすごすのもステキです。

珈琲豆を使って作られた「ビアカフェラテ」も他では味わえない1つです。湯気があがって、外観は全くカフェラテなのに…アルコールなんです。ビールです。これまたおもしろい。

そして、写真の奥には3つ目のエリア、ビアホールエリアです。大きな窓から一面の芝生広場が広がる開放的なエリア。炭火焼で調理する様子がみられるのも楽しい。気の合う仲間とわいわいしながら食事を楽しむのにぴったりのエリアです。

緑にかこまれてゆったりと

緑にかこまれてゆったりと

写真:天草野 黒猫

地図を見る

3つのエリアに囲まれた店内をご紹介しましたが、外観もとてもステキなんです。

緑の芝生や木にかこまれたレストランはまるで自宅に帰ってきた様なくつろぎも感じさせます。緑の芝生はゴルフ場の様で奥には太陽光発電パネルがあるのもサントリーの理念を感じさせる風景。

レストランまでの婉曲した飛び石も風情があります。レストランですごしたあとはゆっくりレストランの清々しい景色を堪能しながら散歩はいかがですか?阿蘇の自然を感じられます。

旅の楽しみはやっぱりおいしいもの!

サントリー九州熊本工場に併設する、新しいレストラン「ザ・プレミアム・モルツ タップバー/レストラン 阿蘇」いかがでしたか?

ビールは心をはずませ、おいしい食べ物は心を躍らせます。それぞれの仲間や家族で、それぞれの時間にあった楽しみ方を3つのエリアでぜひ楽しんでみて下さい!

地産地消にこだわっているレストランが熊本の思い出を五感で楽しませてくれますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -